| Admin |
本当に滑稽だわ。
2017年06月20日 (火) | 編集 |
森友学園問題の籠池元理事長のことである。

昨日、家宅捜索を受けたわけだが、自身の立件は覚悟しているとしつつ『立件なら総理宅も家宅捜査』と言ったらしい。

滑稽と言わずになんという。


この人、ものすごい勘違い男だとおいらは思うわ。

今に至った原因を松井大阪府知事や安倍総理に思っているようだが、実際は違う。

そもそも安倍総理など国会議員などは籠池氏が自分から利用しようとしただけだろ。
国土交通省なんてのも利用するつもりでもなきゃそもそも会話を録音などしない。

家宅捜査を受けた原因を作ったのも自分たちで3通作った建設費を届け出たからでいわゆる自業自得なのに自分は悪くないと思っているところが普通じゃない。

そもそも森友問題の大本は教育勅語などをしていることで左寄りの市議会議員(~国会議員の元秘書という)に右翼側と目をつけられたことに始まっている。
言い換えれば、籠池氏はもともとの敵側に寝返って戦っているわけだ。

言葉は悪いが利用していたはずの総理サイドに見捨てられたと思ったことで寝返ってしまったのだ。
ところがもともとこの勝負勝ち目はないのである。
なぜなら籠池氏が悪意を持って近寄っているわけだからぼろぼろとボロが出る。

強制幕引きなどと野党やメディアは言うけど、そもそも彼らの言い分からしておかしいのである。
あそこだけ安く売ったというのが疑惑の大本だが、実際は隣接する国有地はさらに安いのだから・・・。
そこへの追及がないのは安倍総理との関係がないだけのこと。

つまり総理と関係があったことが運の尽きなわけでそれこそ籠池氏が自ら画策したことに他ならないのだ。
彼の場合はそのうえで偽装などしたわけだから尚悪い。

同時に本質は隣接地について追及しない野党ももともと問題ないものをこじつけているだけだと自白しているようなものだ。

さて籠池氏はというともともと難癖をつけたのは野党側の市議であったのが いまでは安倍総理や大阪府知事を悪者にしているわけで今やそっち側の人になっているのは滑稽でしかないだろう。

忖度などという言葉をはやらせた野党とメディアだが、民進党の辻元議員や民進党に対する忖度がメディアにあったことは問題にしないなど如何わしさを取り上げないのである。
辻元議員はここに小学校を作ることで周辺の地価をあげ利益を得たともいわれているがその件について調べるところもなく安倍おろしにメディアは加担しているわけである。
それこそおいらが先日書いたようにニュースがいわゆる共謀罪といいテロ等準備罪という言葉はつかわなかったなどに表れている。

まぁ国家権力に負けたとでも籠池氏は思っているだろうが、それに反発する自分かっこいいとでも思っているのだろうか?

そもそもは自分が利用しようと思ったことが問題なんだといつかわかる日が来るといいなと思うわ。

あれもサッカー、これもサッカーだと
2017年06月19日 (月) | 編集 |
時々見る 某蹴刊のブログのことですけど・・・。

今回は浦和の西川のミスを取り上げておりまする。

浦和が西川のミスを起こす原因が広い守備範囲を強いる監督による問題であると言っているんだな。

こういう意見はある意味大事なんだと思う、たぶん・・・。

人それぞれだからな、どういう見方をしたって構わないわけだし。
ただ、おいらからすればこういう批評って結果論的な見方に思えて仕方がないんだわ。
ここに限らず、シアノ良かったところ悪かったところを探していけばこういう意見は出ても全くおかしくないんだ。

だけど、いま浦和が強さを見せている一つの理由は攻撃時に多くの人数を割いている点はあると思っていて、それを支えているのが西川の存在だとおいらは思っている。
両サイドが極端に攻撃的なポジションをとることで攻撃に厚みが増すのは事実だけど、もろ刃の剣でカウンターに対しては大きなリスクを負うわけだ。
その対応として西川が広い守備範囲を強いられるのもまた仕方がないというか逆に言えば西川がいるからこそこういう極端な事ができているのだともいえる。

ついでにおいらあの持論でいけば浦和が厳しい状況にあるのはACLで勝ち進んでいることも原因だと思う。
ACLで過密日程になるしケガ等のリスクも増す。(韓国や中国とあたるのだから余計にだろ)
体がきつくなれば頭も働かなくなるわけでミスが出るのも仕方がない。
まぁ仕方がないでは済まないんだが、だから負けるんだろうな。

実際、川崎フロンターレを例外にすればACLに出たチームでは皆苦戦し負けた順に調子を取り戻していると見えなくもない。

早々に負けたガンバが今は順位を上げ、鹿島は監督の交代もあったが負けてからこっち2連勝だ。
浦和は相変わらず波に乗れていない。

ある意味、ACLとリンクしているように見える。

まぁこれはあくまでおいらの意見でしかないんだが・・・。


話を戻すと西川の広い守備範囲を辞めればある意味浦和の分厚い攻撃もなくなるかもしれず単純に変えるべきということはできないんじゃないかな。
また、西川は今回は代表に選ばれなかったが基本的には評価されてきた選手でもある。
起こしたミスは反省する必要はあるが引きずる必要はないと思う。

そのうえでチームの戦い方は人それぞれ好き嫌いもあるし もの申せばいいのだ。
ただ監督は勝てる方法を模索し実行するために指導する。
フロントも気に入らなければ監督を変えればいいし、堂々ともの申せばいいのだ。

ちなみにおいらは前にも書いたが、基本 勝てば選手のおかげ、負けたら監督の責任という考えなので手のひらを反すこともないというw。
ハリルは変えるべきという主張だが、ミシャは面白いから変えろとは思わない。
それに気に入らない選手選考もないし器用にも大きな問題を感じないからね。

まぁいいんだけどね
2017年06月19日 (月) | 編集 |
いやもうね、今日も遅くに起きたわけです。

なんせコンフェデ始まったし全米オープンやってるから寝るのが朝なわけです。

目が覚めたら昼でした。

で、テレビをつけたら昼のワイドショーですわ。

ちらっとしか見てませんが、やれ森友だぁ加計学園だぁとやってたのが今日はスマップですわ。

大丈夫かこの国w。

コンフェデですが、ロシアとニュージーランドの試合は途中まで見て飽きたんですが さすがに昨日のポルトガルVSメキシコや、チリVSカメルーンは面白かった。
なんかロシアも弱くなってきてるんですね。

全米オープンは途中で寝てしまった・・・。
松山が頑張ってたんでおいらも寝ないように頑張ったんですが、松山上位なんで出てくるのが遅いんですよ。。。。

結果、途中で寝てしまって起きたら2位だった。
すげぇ!と思いましたが追撃部分は見てない。
寝落ちしてましたから。

ふははは、加計問題!?そこまで言って委員会見ろw。
2017年06月18日 (日) | 編集 |
ワイドショーなどで加計学園の問題取り上げているが、そこまで言って委員会で完全に説明しているw。

笑える。

あくまで持論・・
2017年06月18日 (日) | 編集 |
昨日Jリーグが行われ 鹿島は大岩監督になって2連勝したことになる。

NHKのJリーグタイムでも三竿選手の起用など大岩監督の決断を褒めていた。

まぁそういうわけだが、おいらはこれに異を唱えているわけだ。

いや、別に大岩監督がどうこうではない。


単純に石井監督更迭が間違いだったと言っているだけだ。

鹿島の戦いの印象をおいらなりに分析までいかないが考えたときにJのチームはACLとの共存ができていないというようにしか見えないだけなんだわ。

過去にも鹿島が強かった時でさえACLが始まるリーグ前半は調子が悪かった例などいくらでもあったはずだ。

また、現時点でもACLに出場したチームは首位にはいない

川崎が頑張っているが鹿島も浦和も苦戦しているといえる。
ガンバも上がってきているがガンバはACLで早々に敗退した結果だろう。

鹿島にはターンオーバーできるほどの戦力はいるがターンオーバーで簡単に勝てるわけでもない。
選手を入れ替えながら戦うのとJに専念して戦うのではやはり違うのだ。

昨年圧倒的に強かった印象の浦和が星を落とすことも多いのもACLを戦った結果だろうとおいらは思っている。
負けた試合では柏木が出ていなかったりするわけでACLの激しい戦いの中でケガもあるしやっぱりリスクなんだよ。

ターンオーバーには選手を休ませる目的があるため 起用には慎重になってしまうのだろう。
結果的に、タイミングが遅れたり思うような選手起用ができないことが勝利に至らない理由だったと思う。

個人的にはある意味鹿島というチームはシーズンの後半に圧倒的に強くあるイメージがあり それはACLでの敗退に伴う戦力の充実とリンクしていると思っている。

テレビの解説者などはそういう点について全く触れないが、絶対に無関係ではないと思うな。
彼らは協会の顔色を気にしなければいけない立場にあるから口にしないと思うぞ。

ヨーロッパのチームもCLなどを戦っているチームは両立しているようで結局のところ自国のリーグで苦戦するのも併用の影響はあるとおいらは思っている。
CLがなければもっとリーグを楽に戦えるチームはある!と、おいらは思っている。

鹿島はACLの敗退が決まった段階で石井監督を更迭したわけで おいらから見ればここから戦力が充実するのに勿体ないというのが印象だった。

おいら的にはACLとの両立はJのすべてのチームの問題で現在それをクリアしたチームはないと思っているから 今後もACLに出るチームはJとの両立で苦労し続けることになると思うわ。