| Admin |
浦和VSドルトムント
2017年07月16日 (日) | 編集 |
基本、興行試合そのものだね。

それもドルトムントの精度が低いまま来ている感じ。
まぁ興行だから仕方がない。
とはいえ、選手にとってはアピールの場であることに違いはないのでそれなりには頑張るわけで 加えてそもそも練習でもチームメイト相手に削る文化があるところからいているからある程度は激しいプレーはする。

逆に浦和の立ち位置は微妙な試合だ。
相手はシーズン前の調整中であり自分たちはシーズン真っ盛りで しかも浦和は調子が悪い中での試合。
選手の思いとは別に監督は試合の意味を分かっているように感じたね。
勝つに越したことはないが交代枠を全部使って選手の疲労を考えているように感じた。

試合内容については序盤から押し込まれたが、おいらは浦和が引きすぎていることに問題を感じたがなれるに従いスペースを修正していたが それでも浦和らしさは出ていたかといえばイマイチな気はする。
本来はもっと前から守備をし高い位置をキープするのが浦和スタイル。
まぁ相手の足元や距離感がいいので簡単ではないわけだからある程度は仕方がないが・・・。
基本的には浦和はディフェンスまでも(キーパーも含めて)高い位置を取り前からプレスをするチームなわけだから 引きすぎだとは思うんだわ。

ちなみに個人的には選手一人ひとりを語っても意味はないように思う。
槙野のところで苦戦したがこれは戦術的な問題によるものと個人の問題と両方が存在している気はする。
槙野事態は個人でもそれほど弱いわけでもないが、相手のスピードが乗った場合に止めきれない問題は組織での守備意識の問題もあり完全にやられてしまった感はある。
組織の問題はモルがボールを受ける位置が決して高くないのに槙野が相対する点である。
この位置ならボランチじゃね?っていう場面はあったわけでディフェンスからしたらやばい場合は相手の体を止めるわけだがモルの技術がそれを許さなかった。
ビデオを見ても槙野は手を使ってでも止めようとしているがスピードの差に加えモルの技術でそれができなかった。
モルが横に動く分には体を止めることはできるかもしれんが縦に行かれた際にはボディーバランスが良く必死に手を使っていたが止めれないかった。
相手を褒めるべきだろう。

それにしても相手にとっても何人かは印象に残った試合だったろうと思う。
サイドは何度も崩したわけでフィニッシュさえ決まれば浦和が楽勝していたかもしれないのだ。
まぁ興行だから勝ってもサポの満足以外は何もない試合ですから。

ちなみに浦和のブーイングへの批判がたくさん出ている。

気にする必要は全くないと思う。

日本の文化にブーイングはないという声もあるが、それはある意味では日本にサッカー文化がまだ根付いていない証拠でもあると思う。
サッカー強国ではクラブチームへの思いが強くでこにいってもホームのチームを応援する文化がある。
スペインなど代表そっちのけでクラブチームを応援するとまで言われているわけ。
逆にサッカー後進国はクラブより代表人気があるわけだ。

記事にも出ていたがオーストラリアで2試合あったらしいが、そのうちのほとんどがアウェーチームを応援したらしい。
ブーイング批判はこれに通じるものがあるように思う。
日本は公平を理由にブーイングはタブーみたいに言われるがホームチームを応援することのどこが悪いのか理解できない。
どんな試合であろうと応援するチームのためにと応援するのは悪いことであるはずがない。
問題があるとすればバスを取り囲むようなことである。
応援するサポの満足のために選手やスタッフを批判することはどうなのとは思う。
サポには選手の真剣さが足らないとかに見えるかもしれんが、選手が手抜きをするなんてのは思い過ごしでしかない。

冷静に分析すればリーグで苦戦する理由はACLなんだよ。
ガンバも鹿島もACLを勝っている間は苦戦していたが敗退したとたんにリーグで勝ちまくっている。
唯一、川崎だけが両立しているわけだが 一次リーグでは川崎だけが勝てなかったことに関係しているかもしれん。
川崎は引き分けまくって最後に勝ってやっと2次に進んでいる。
ある意味勝つことにこだわらず選手の体調管理ができたからこそなのかもしれない。

おいらは代表は負けてはならないという主張をしてきた。
浦和サポにとっては浦和こそが代表なんだよね。

したがって選手に勇気を洗える応援は決して悪いものではないのだ。
ブーイングは選手の思いへの応援なのである。
相手のファールへの抗議であり時間稼ぎへの抗議の意味である。
選手の抗議はカードをもらう可能性があるがブーイングはカードをもらわないのだ。

とはいえ、香川のいるドルトムントを見たい人は浦和サポでなくても大勢いるわけだ。
中には日ごろ浦和と敵対するチームを応援する人がドルを応援するケースだってあり得るのだ。

まぁもろもろ考えてもやっぱり興行の一環で選手にはテストも兼ねる程度に見ることが大事な気はする。

誰かも書いていたがこの試合で得るものはそう多くはない。
特に浦和にとっては・・・。
海外に売り込みたい選手は別だがね。

スポンサーサイト