| Admin |
都議選の結果にみる
2017年07月03日 (月) | 編集 |
あくまで個人の意見です。

オリンピック関連に始まり豊洲問題などで小池知事がいろいろとやってきたことに対し、自民党都議連とともにテレビなどでは反小池キャンペーンみたいなものだあったとおいらは思っている。

オリンピック関連では既存の会場を使う案などが否定されたことを大きく取り上げられたし豊洲移転を決められないと問題視もされたわけだ。

おいらは大分在住だから基本、関係がないけれど おいらの目には自民党都議連にはオリンピックや豊洲移転に関わった過去の経緯について責任感が全く欠如しているとしか思えなかったんだよな。

知事は確かに方向付けはするわけだが、議員さんは少なくても予算関係で大きくかかわっているはずなんだよね。
予算が付くということは承認したってことなわけ。
前知事や副知事、市場長などへ証人喚問?までして追求したわけだが、おいらの目には都議会議員さんは責任がないとでも思っているのか?という思いが常にあった。

そもそも都議会のドンといわれる内田氏に対する批判は自民党都議連への批判と一緒だとおいらは思っているんだが、当の本人たちには自覚がなかった結果が今に至るとおいらは思っている。

加えて言うなら、共産党こそ2議席ほど伸ばしたがその分民進党は議席を減らしていることを考えれば決して野党や安倍おろしを訴える人にとって楽観視できる内容ではないとも思う。

この結果はあくまで地域政党への投票でしかないというのが理解できていない人が多いように見えるんだな。

都民ファーストの会はあくまで東京都に対する限定的なものでしかない。
実際、事前アンケートなどでは自民党への支持はそれなりにあった模様だ。

しかし、結果を見れば自民党の大敗なわけだが それは公明党の支持もあってのものでこれは国政とは別物でしかない。

もうひとつ、野党の思惑とも自民党の思惑とも違うことがある意味明らかになったようにおいらは感じている。

それは、受け皿さえあれば自民党の一党支配という立場が完全なものではないということだな。
現状では国政選挙において自民党の代わりになるような政党がないことを多くの国民が理解をしているが決してそのことが自民党支持ではないということだわ。
それは言い換えれば今ある野党ではだめだということでもある。

二大政党制が日本にできるとすれば自民党が分裂したときだという意見があるが、個人的にはもし都民ファーストが国政に出て大阪維新と共闘するならもしかすると二大政党制への期待に変わるかもしれないとは思うな。

反自民=左寄りではなく自民には期待ができないが保守でありつつ自民とは違う政策を打ち出せれば国民はそういう政党を支持する可能性は低くはないと思うのだ。

自民党はあくまで経済優先であり大企業を中心にした政権でしかないとおいらは思っている。
基本的に国民を最優先するというものでもないとおいらは思っている。

もしもう少し国民を中心にした政党ができうるならば支持を得ることは可能だろう。
だが、それには基本的に保守が大前提でなければいけない。
国土を大事にしない政党に指示は集まらないとおいらは思うのだ。

東アジア(まぁ率直に言えば特定アジアだが)に配慮することを前提にした政治など国民の多くが望んでいないのだ。

いまの野党はそういうところがまるでダメなわけで、これで支持を得ようとしているから無理が出るというか無理しかないのである。
ちなみに彼らは常に数を背景にできないから話し合いを口にする。
そしていう国民の支持ってのが圧倒的少数派の国民の声のことを取り上げるのだ。

これでは不満が出るのは当たり前だろう。
まぁ彼らだって基本的にはわかっているのだろうが彼らはそういう少数派の代表だから仕方がないのだろうね。
多数派の声の中から政党を立ち上げなければ二大政党制などは成り立たないのだ。

ちなみに、いま都議選で自民が負けたといって安倍政権を批判する声が出ているようだが、この結果はあくまで受け皿になりうる都民ファーストの会があっての話だと理解しておくべきだ。

国政選挙においていまの見方をするなら野党は大敗すると思うよw。
スポンサーサイト