| Admin |
車いすの男性が飛行機の搭乗で・・見方が変わるね。
2017年06月29日 (木) | 編集 |
昨日から一斉にテレビで放映されているわけだが、車いすの男性がバニラエアで搭乗の際に自分で張って登らされたという内容のものがある。

一見、人権問題ではあるがネットに出てきた内容を見ると一概に車いすの男性をかばう気が一気に失せるのも事実だろう。

どう書かれているかといえば、格安航空は事前予約で車いす等に対応しているらしいが、彼はそれをあえてせずにいるようなのだ。
全日空に乗る際にそうしているからと言っているようだが、自身のブログを読んだという人が書いた内容では乗れなくても仕方がないという考えで生き対応に対し法律だとかいう言葉で脅すかのようなことを書いているらしいのだ。

つまりわざわざ設備のない場所を選び言っているかのようなのだ。
そのうえ過程で相手が対応しようともしたようだが頑として自分で登るとやったらしい。


ちなみにおいらは大分に住んでいるわけで大分では毎年車いすマラソンも開かれるほどには理解があるところだと思っているんだよね。
車いすマラソンに出る選手などはレースにかかわる人への感謝を口にし、支えてくれる人に感謝をしているように思っている。
おいらはそういう声が余計に今後につながっていると思うんだよな。
やってよかったと思うから関係者は次も次元頑張るのだろう。

一方で、確かに何も連絡しなくてもいければ最高かもしれないが、ブログを見た人の言葉によれば過去にもバニラエアとはもめたこともあるらしいし、何より車いすの人がすごい数で海外に行っていることも驚いたのだが あえて通臆しないなどとする行為ってどうなの?と思うだけだわ。
悪い言葉かもしれないが、粗探しをしているようでしかない。
騒ぎになれば講演などの依頼も増えるだろうし粗が見つかれば講演で話すネタにもなると思うだけだわ。

それは障碍者が楽に生活する上での手助けにもなるのかもしれないが、身障者であることを逆手に取ったビジネスにしか見えない行動はいかがなものかと思う。

人権家といわれる人が良く口にする言葉で話し合いってのがあるが、事前に言えば対応するって言ってる人に対し自分からケンカを売っているだけじゃないの?
待遇改善を願うならお互いが嫌な思いをしない方法をこの人は選んでいないよね?

そしてこういう内容を嬉々として流すメディアに対してもどうかと思うわ・・・・。
スポンサーサイト