| Admin |
おいらが異端なんだろうか?
2017年06月29日 (木) | 編集 |
まぁサッカー関係の話なんですけどね。

今更だがコンフェデのオーストラリアを見て日本のピンチをいう人が多いわけよ。
きょうも杉山茂樹氏がそういう記事を書いてるのを載せている記事を見たんだな。

ちなみにだが、杉山氏 シリア戦後も本田とハリルをほめる記事が多かったなどと書いていたようで、そこでもおいらとは違った見方をしているようだわ。
本田も一昔前ならシュートを決めて日本の中心という部分を示していたが今ではチャンスをことごとく外している印象がおいらには強い。
例えば山口が決勝点をとったゲームもあれ普通に本田がチャンスを決めてたらっていうやつだったと思っているし、シリア戦、イラク戦も決めるチャンスはあったと思っている。
おいらは本田を攻めるつもりはないんだが、かつては決めていたということだけは言いたいのだ。

ちなみに危機感を感じている人は確かに多いようだが、これって前回大会の時もオーストラリア戦前には常に出ていた話でしかないよ。
ちなみに山本昌邦氏だけは8月の日本でやるときはコンフェデのようには動けないと言ってるけどな。

ついでに言えば、オーストラリアは日本がいないときは結構それなりに強さを見せているように思う。
アジアカップがまさにそれ!
日本がPKで負けたことで無敵状態になっていたわけでFWなども大いに活躍していたんだよな。
そして結果的にアジアで初めてのタイトルをものにした。

今回のコンフェデだってドイツに善戦したとはいえある意味2,5軍とか3軍といわれるチームで どちらかといえばヨーロッパ型のオーストラリア的にはやりやすい相手だろうしチリはといえば南米でも守備が強くカウンター主体のチームでありフィジカルを出す部分が目立つチームでもあると思えばやりにくいこともなかった気がしているんだよね。
ついでに言えばフィジカルを押し出し審判次第ではもっとカードが出ていてもおかしくはなかったと思うわけで、ある意味審判も味方をしていたように思う。

ロシアの気候も良かったようで今冬を迎えるオーストラリア的にはまさにハマった気はするんだよな。

まぁ何が言いたいかといえば日本と試合をするときは全く参考にならんということだわ。

オージーもアウェーのイラクは引き分けだしむしろタイに引き分けたことを考えれば日本よりやばかったのは間違いはない。
勝ちたかったホームでの日本戦も運よく引き分けだしな。
8月の末なんて熱帯夜だぞ。
オーストラリアは冬だしな。
早めに来て対策するかもしれんが、それはそれで悩ましいだろうね。
ホテルから出るだけで暑くて大変だからな。

まぁ油断するつもりはないが勝てなくもないし巻けてもいない相手を必要以上に警戒する必要もない。
一番は暑さに負けないことだし気持ちで負けないことだわ。

がんばれ~!
スポンサーサイト