| Admin |
あれもサッカー、これもサッカーだと
2017年06月19日 (月) | 編集 |
時々見る 某蹴刊のブログのことですけど・・・。

今回は浦和の西川のミスを取り上げておりまする。

浦和が西川のミスを起こす原因が広い守備範囲を強いる監督による問題であると言っているんだな。

こういう意見はある意味大事なんだと思う、たぶん・・・。

人それぞれだからな、どういう見方をしたって構わないわけだし。
ただ、おいらからすればこういう批評って結果論的な見方に思えて仕方がないんだわ。
ここに限らず、シアノ良かったところ悪かったところを探していけばこういう意見は出ても全くおかしくないんだ。

だけど、いま浦和が強さを見せている一つの理由は攻撃時に多くの人数を割いている点はあると思っていて、それを支えているのが西川の存在だとおいらは思っている。
両サイドが極端に攻撃的なポジションをとることで攻撃に厚みが増すのは事実だけど、もろ刃の剣でカウンターに対しては大きなリスクを負うわけだ。
その対応として西川が広い守備範囲を強いられるのもまた仕方がないというか逆に言えば西川がいるからこそこういう極端な事ができているのだともいえる。

ついでにおいらあの持論でいけば浦和が厳しい状況にあるのはACLで勝ち進んでいることも原因だと思う。
ACLで過密日程になるしケガ等のリスクも増す。(韓国や中国とあたるのだから余計にだろ)
体がきつくなれば頭も働かなくなるわけでミスが出るのも仕方がない。
まぁ仕方がないでは済まないんだが、だから負けるんだろうな。

実際、川崎フロンターレを例外にすればACLに出たチームでは皆苦戦し負けた順に調子を取り戻していると見えなくもない。

早々に負けたガンバが今は順位を上げ、鹿島は監督の交代もあったが負けてからこっち2連勝だ。
浦和は相変わらず波に乗れていない。

ある意味、ACLとリンクしているように見える。

まぁこれはあくまでおいらの意見でしかないんだが・・・。


話を戻すと西川の広い守備範囲を辞めればある意味浦和の分厚い攻撃もなくなるかもしれず単純に変えるべきということはできないんじゃないかな。
また、西川は今回は代表に選ばれなかったが基本的には評価されてきた選手でもある。
起こしたミスは反省する必要はあるが引きずる必要はないと思う。

そのうえでチームの戦い方は人それぞれ好き嫌いもあるし もの申せばいいのだ。
ただ監督は勝てる方法を模索し実行するために指導する。
フロントも気に入らなければ監督を変えればいいし、堂々ともの申せばいいのだ。

ちなみにおいらは前にも書いたが、基本 勝てば選手のおかげ、負けたら監督の責任という考えなので手のひらを反すこともないというw。
ハリルは変えるべきという主張だが、ミシャは面白いから変えろとは思わない。
それに気に入らない選手選考もないし器用にも大きな問題を感じないからね。
スポンサーサイト