| Admin |
またあいつが・・・
2017年06月13日 (火) | 編集 |
日刊スポーツのウェブ版のK氏ですわ。

公務員は、やめないといいたいことも言えないのか?と記事にしている。

全くこの思考回路はよくわからん。

この趣旨にのっとった形でいえば本来なら辞めてからも言うべきことではないはずだ。
職務柄知りえた秘匿義務のある事柄については仕事を辞めても行っちゃだめなことは言っちゃダメなんだよ。

だからと言っていたいことが言えないというのも偏っていて警察官が私的なところでこの件を語ったって全く問題がないだろ?
言いたいことが言えないってのとは違うはずである。

言っちゃいけないのはここでは文科省の人間が守秘義務を負う問題を語ることができないだけのことでしかない。

しかも、現時点ではこういった内容は内閣に打撃を与えるためのものであってすべてが真実かどうかもわからない段階でしかない。
よく言われれるような官僚の既得権益を守るための反乱的なものだった場合、言っていることが真実でないことも含まれる可能性はあるのである。

おいらがメディアに対して懐疑的になるのは、ある面では否定している人間をある面、ある意味においてはなぜか全面的に支持してしまう点にあるといえる。

特に、政権に対して盲目的な批判については不思議と疑問も持たずに批判的になる傾向が強いと思っている。

メディアは常々官僚の天下り等について批判をしているわけで文科省ともなれば学校関係だったりそれこそ獣医学部関係の仕事にもその影響力はありまさに再就職先という将来についての既得権益があるかもしれない。
彼らが批判する官僚と支持する官僚にはどこに違いがありどう違うのかもおいらには理解ができない。

単に政権に牙むけばいい官僚と思っているんじゃないかと思えてしまうのが今のメディアの姿に他ならない。

おいらは一般人ってそんなメディアに躍らせられる存在ではすでに無くなっていると思うけどな。
そのことに党のメディアにいる人間は気が付かないでいるように思う。

日刊スポーツの一部門なのだろうから まさに自分たちこそ正しいと標榜している人たちの一部なんだろうから仕方がないのかもしれないが、今の時代ネットの普及で新聞やテレビの県警者しか知らないことなんてのはほとんどなくなっているがそのことに彼らは気が付いていない。
また、メディアにはどちらかといえば左寄りとかまさに左の人間といったような人が多くいるようだが、彼らの主張にたいし反論する声も今の時代ならいくらでも発信できるため、彼らのウソもすぐにわかる。

いまのメディアではろくな取材もせずとも乗せられる記事も置く存在するし、取材をしても自分たちの都合のいいところだけを抜き書きすることも分かっている。

彼らは自分たちの主張は記事にして世間に大声で発信するが都合が悪ければだんまりを決め込むこともしているのだ。
森友学園問題で辻元氏について本堂を自粛したのがいい例で安部総理への忖度は悪いことと扱っているが民進党に対して自分たちがする忖度(民進党の圧力ですか?)については全く説明しないことからも程度の低さを示している。

メディでも一部には本音が見え、民主党時代のほうが締め付けがきつかったとテレビで本音が出た場面さえあったんじゃないですか?
そうした事実とまじめに向き合えない人がいくら意見を慕って聞いてもらえると思っているのか?と問いただしたくなりますね。

まぁそれでも、かまわず自分たちの主張だけは大声で叫ぶ続けるのが彼らなのです。
スポンサーサイト