| Admin |
次の日本代表監督・・
2017年06月12日 (月) | 編集 |
気が早いおいらはすでにロシアワールドカップは終わりに使づいているw。

常々書いているようにおいらはハリルホリッジを支持してない。

選手が悪いのではなくハリル以外の外国人監督の人選でサッカー協会がミスをしていると思っているだけのことである。

したがって当然だが、ハリルだけでなくザッケローニもダメなんだな。

理由はわかりやすく言うと日本を知らずにいきなり来た監督で日本という監督を好きになってくれてはいるが日本のサッカーへの理解という点でおいらは足りていないと感じているのが大きな理由である。

ザックもハリルも彼らなりに日本人に合ったサッカーを模索はしてくれたんだろうが、おいらは気に入らなかったということだな。
ザックは3バックに拘ったしハリルは結局カウンターサッカーに拘った。
そのうえ、アジアでの戦いにおいておそらくは経験のなかったものを知っただろうと思う。

同じアジアでの戦いだというのに季節が逆の国もあれば灼熱の国もアリーの熱いうえに湿度の高い国もある。
ヨーロッパでは経験できないことだっただろうし、審判の問題もおそらくは感じたはずだ。

おいらはかつての代表監督の中ではオシムなどは非常に日本を理解した監督だと思う。
中盤にスーパースターを抱えていながら汗をかく選手の重要性を言い続け代表だけを応援するような人には無名とも思える人選をした人である。
オシムイズムをよく理解していたジェフの選手が多かったがそうした選手はジェフを対談したのちも移籍したチームでも活躍していたと思う。

おいらが思うに日本のサッカーを知る外国人監督がよりふさわしいと思うのである。

Jで戦うことで国内で戦う選手の力量をはっきり知ることもでき常々日本人を指導することで気質も理解できると思うのだ。

いきなり来た外国人監督では選んだ選手を普段と違うポジションでルカ薄型は多く目にしてきている。

その一例だが、岡崎はサイドで使い(これは岡田もやったが)柏にいた田中も一段低い位置でプレーしたし、原口がボランチをしたこともあったわけだ。
おいらは不慣れなポジションをしてまで使う価値があるとは思えなかったのだ。
適正ポジションで戦えばもっとうまい選手はいると思っているわけだ。

そのうえ、アギーレは割と多くの選手を試したがそれ以外は候補合宿までは呼ぶが代表には呼ばなかったり読んでも試合で使わないのは当たり前であった。

Jで選手を見ていれば海外組をこれほど重宝するとも思えず、調子のいい選手は使ってくれると思うのである。

おいらの持論でいけば海外組と国内組の差なんてないに等しいというものがある。

実際海外に出ながら戻ってきた選手を見てみれば多くの場合はそれほどの差を感じないんじゃないかと思う。
また、海外で適切な起用がなされないケースも少なくなく結局国内でやったほうが輝ける選手もいるのが実情だと思う。

もう一つあくまで個人的な思いであるが、おいらには日本人で代表監督をやる人がいるようには思えないのだ。

代表監督はメディアもファンも圧力が凄いわけで日本人でワールドカップを戦った監督は2度やった岡田氏だけだが岡田氏はもうやらないと言っていたはずだ。

本人だけならいいが家族にとってもつらいことがありうると思うからね。

もういい年になった人なら子供も大人だからやる可能性はあると思うが、そういう人で適任者はいないんじゃないかと思う。

そういうことだから、おいらはオリベイラやネルシーニョがあいいと思っていたわけだ。


ところが最近というか一気にスペイン人監督がJ2に3人も来たのが面白い。

日本人がいったところで最も厳しい場所ともいえるのがおそらくはスペインだったわけだが、乾がそれなりの結果を出し、柴崎もいま2部とはいえ評価されている。
実際 先のレアル戦では日本人でも戦えることは証明できたと思っている。

乾や柴崎はテクニックがあるスペインでもそのテクニックは通用している。
若い世代でも囲い込まれる選手が出てきたわけで注目されてきているといえる。

すでにJで指揮を執っている人からは言われたことはこなせる力は十分あるが応用力が弱く自分で考えることが足りないという指摘も出ている。
おいらが興味深く思っていることには外国人監督によって劇的に変わったチームがいくつか日本にあるという点だ。

ベンゲルに始まりオシムもそうだしネルシーニョもそうだが、スペイン人監督で変われるんじゃないかとおいらは思っている。
ベェルディなどが変われば本当に面白いんだが・・・。

ワールドカップはもうすぐそこで次の代表監督が必要になってくるのである。

個人的にはぜひともJを指揮したことのある外国人を選んでほしいものだ。
スポンサーサイト