| Admin |
相変わらずの左寄り
2017年06月12日 (月) | 編集 |
加計学園の件で再調査をすることになり意気盛んな人たちがいる。

おいらは何を息巻いているのか全く理解ができないw。

ちなみにいつものように日刊スポーツウェブ版のK氏なる人物、いかにも正論とばかりに書きまくっている。
司法が政府に対しもっと独立性を高める必要をしっかりと書いている。

しかし、おいらとすれば何が問題なのかが全く理解ができない。

そもそも加計学園を含めた愛媛県などが獣医学部を作るために動いたのははるか昔からである。
民主党政権時代も経たうえで国家戦力特区に指定され安倍政権で獣医学部ができることになった。
というのが流れだろう。

何が問題なのかといえばといえば 単純に総理の関与という点だろうが ちなみにいくら頑張ったって総理が指示したとしても意味が違うで終わってしまうことだろう。
一言でいえば邪推である。

総理が戦略特区をうまくやってくれといったものを加計学園限定と捉えることにする という野党の邪推(実態がそうであっても絶対にそうはならないからね)に終わることなわけですよ。
そのために長い時間をかけ戦略特区を勝ち取った愛媛県に対し獣医学部が作れるということになったら出てきた京産大を同じテーブルに乗せて議論しようとする野党の心理も理解できないし単純に相乗りするメディアの愚かさに辟易しているのが実態だ。

ちなみに官僚の文書に総理が出てきたところで出所が総理に結び付いたところで結果的には総理がいう意味と違っていれば本来は意味をなさないはずなのだが、野党はbそれでも追及をやめないのだろう。

ちなみにおいらはなぜ野党が追及するのか全く理解ができないでいる。

単純に総理側にダメージがないわけではないだろうが、調査などからはいくら追求したって自民党および安倍政権の支持率はほとんど影響を受けていないうえに時には野党の支持率が下がるという結果が出ているからだ。

つまりやるだけ無駄というのを重ねているとしか言えないからである。

なぜそうなるかといえば、ネットに流れている状況が追及する民進党にも痛い情報が流れているうえに獣医学部新設に対する獣医学学会?が既得権益を守るために反対していたのを打開する規制緩和を行ってきたのが安倍政権であり一部の民進党議員もそれに力を砕いていたということは支持されるべきことだという思いがあるのだと思う。
既得権益を守ろうとする側は普通に考えれば批判される側にあるわけで その中心で声を上げた議員の親族がまさに既得権益者の親族であることも共感できない部分だろう。

加えて民進をはじめ野党の目的な獣医学部云々ではなく(もはや本末転倒で戦略特区の廃止までいいだしているからね)あくまで力を持つ安倍政権の転覆に他ならないわけで そのためなら何でもやるという姿勢が共感できていないのだ。

森友学園でも結果的にほとんど有耶無耶になっているし、国庫に損害をなどと言っているが野党の議論引き延ばしで無駄に使ったお金は議論された内容よりも多いだろう。
そういうことが常について回るという見方も野党にとって支持につながらない大きな理由だとおいらは考えている。

もう一つ言えば、個人的にはメディアの姿勢も大いに問題だと思っている。

日刊スポーツウェブ版のK氏などもそのうちの一人だが、自分の主張が出すぎることに加え、読者などに必要な情報の隠蔽だったり正しく伝えないことが メディア自身また野党の正しさ?に大きな影響を与えているように思う。

例えば普通に考えて獣医学部の穿設が一校になったとして長く活動してきたところと作れるとなったとたんに立候補した学校とどっちを選びますか?と普通に聞いてみればほとんどの人が努力した学校を選ぶだろう。
そのための理由をつけてでもだ。
それが公正でないという批判はある意味正しいのかもしれないが理解されにくいだろう。
だから、この野党の主張を書く際にはそういう部分をわざと書かないでいたりするのが今のメディアであり野党なのである。

まえに森友学園の件でも書いたが、そもそも売却価格が適正化どうかというのがそもそもだったはずだが 今もってその件は決着していない。
理由はいくつかあるだろうが、大まかにいえば人の土地だという点と鑑定するには費用が掛かるということだろう。

維新の足立氏は維新が金を出すから鑑定をするといったがいまだに果たせていないが、籠池氏を引き入れた野党なら鑑定はできるはずだがいまだに鑑定結果を出さずにいる。
おいらが思うに安倍政権を打倒するためなら何でもやる野党ならすでに鑑定をしているんじゃないかと思っている。
なぜなら、鑑定結果で値引きがおかしいとなれば自分たちに追い風であるからだ。

もちろん、土地売却価格に関してはそれだけではない。
そこまで言って委員会では売りたい国は近隣の土地を100%と90%を超える価格で売却しているが森友学園に対しては80数%の値引きしかしていない事実があり鑑定価格以前に国は土地を売却したい思いが強いことが理解できるからである。

こういう見方さえできるかもしれない。あの土地は国にとって不良債権でしかなかったと・・・。

ちなみに、加計学園問題では官僚が政府を敵にする行為をしているように見えるが、それも官僚の既得権益を守るための抵抗だという見方さえある。
つまりは、それこそ過去に民主党が目指した官僚政治の打破に対する後ろ向きの行為に他ならないわけで そのことも安倍政権の支持率が変わらないことに加え民進党が支持を得られない大きな理由の一つだとおいらは考える。

つまりは自分たちの利益のためなら主義主張を変え国民のためという前提を覆すのが野党であると知らしめる行為だからだろう。

ちなみに今の状況は安倍政権にとって良いことではないが、それでもそれほどたいしたことはないとおいらは思っている。
確かにネットを見ない人には安倍政権が不正でもしているかのように見えるが、決してそういうことではなく決まったことを粛々とこなしているだけでありたまたま知人がそこにいた程度のことなんだと思うからだ。

政治家が有力者を知らないなんてことは絶対にないわけで 権力を握った人間には必ずどこかでこうした疑惑はついて回ると思う。
特に自民党政権が長いわけで そうしたことは自民党の総裁=総理にはついてまわるだろう。
そこに食い込んだかに見えて有力者だけに森友でもそうだし加計学園でも民進党関係者も同様に交流があることが分かっているわけだよな。
それでも、野党は追及する。

安倍政権打倒に加え、今回っている法案を簡単に問う佐内ということなのだろう。

どんな法案って?

野党のいう共謀罪、テロ等準備罪だろうね。

この成立は共産党をはじめ与党の政策に反対するデモ等を行う際に危険な存在になりかねないからだ。
つまりこうしたことをする市民団体は過去における過激派の予備軍ともいえると自覚しているからだろう。

まぁなんにしても個人的にはただの時間の無駄でしかない。
まぁ、ネットを見ない人たちには有効な工法かもしれないが、それでも支持率は変わらないことをもっと自覚するべきだと思うね。
ネットを見なくても野党にはうさん臭さはついて回る。
スポンサーサイト