| Admin |
笑える韓国・・
2017年06月05日 (月) | 編集 |
先日の浦和対済州戦での暴挙に対し浦和がAFCに対し文書を提出したのに対応するためだろう、韓国も浦和の態度に抗議の文書を提出したらしい。

ちなみに

 まず済州は「(1)浦和に3点目入った直後にFWズラタンがMFクォン・スンヒョンに向かって指で3-0と示して嘲笑。(2)それに怒った控え選手のDFペク・ドンギュがピッチに乱入して、MF阿部勇樹に対して暴行を働いた」と経緯を説明した。

 そのあと今度は「(3)MF武藤雄樹が済州ベンチに向かって拳を突き上げて挑発。その行為は浦和のスタッフによって収められたが、(4)試合後にはそのスタッフも済州側に向かって水を撒く行為をして、ボトルを地面に叩きつけた」。

 そして「(5)済州を刺激するようなセレモニーを制止させようとDFキム・ウォニルとDFクォン・ハンジンがDF槙野智章に近づいたが、槙野が逃げたために酷い姿が演出された」と主張しているという。

という内容だ。

おいらは生放送でこの試合を見ていたが、主に韓国の選手は槙野選手を追いかけている。
これを見ていた人は確実に槙野が何かをしたと理解していた。

ところがだ、彼らの言い訳でAFCに提出されたという内容には槙野の名前は彼が逃げたために印象がより悪くなったというものにすぎないのである。
韓国人に聞きたいのだが、じゃあなぜ槙野を追いかけるようなことになったのかが全く説明されていないのだが・・・。

ちなみに、この試合の動画では3-0になった後に浦和がボールをキープしている際に韓国の選手が浦和の選手の後ろから何度も足を蹴っているのが確認できる。
また、ズラタンに対し韓国の選手が唾を吐いたという話も出ている。

おいらは先日この件で おそらく済州の監督は本当のことなど何も知らずに言い訳のコメントを出したと思うと書いたが、まさに証明されたようなものだわ。

だって、うえでも書いたが槙野が追いかけまわされる理由が全く触れられていないのだからな。

もめている最中はズラタンや武藤も関係していたかもしれないが終了後にズラタンや武藤が韓国の選手に追い掛け回されるようなことがありましたか?

槙野を追いかけ回したがあとから検証しても槙野に対しこれだと指摘できるようなことが見つからなかったためにほかの選手で言い訳をしただけのことだろう。

それにしても韓国の行いはハッキリ言って見苦しい。

まぁそれもこれもAFCが韓国の行いに対しずっと甘くしてきたツケだと思うわ。

オリンピックで日本に勝ってプラカードを出した時も結局おとがめなしといえるような裁定をくだし、イラン戦で負けた後にイランのスタッフの暴力をふるいペットボトルを投げつけたこともお咎めなしみたいなことだから、韓国は言い訳さえすればほとんど罪に問われないという変なことを学習してしまっているからだろう。

何度も書くが韓国が相手に対しマナーをいうのはそもそもおかしいわけだよ。
ハッキリ言って韓国にはその資格がない。

点を取っただけで猿真似をしたのはどこの選手だか忘れたのだろうか?
プラカードを掲げたのもどこの選手だったのか?

野球でいけばマウンドに旗を立てたのはどこの国の選手でしたか?

ほかにもスケートのショートトラックでも同様にアメリカを皮肉ったことをしたような記憶があるわ。

まぁ正直今回のことでAFCの対応には期待ができない。
これまでのことを考えると韓国に対し非常に甘い裁定しかできなかったところだからである。

だが、今回の映像が政界に流れ韓国に対し批判が出たこととともに2002年の蛮行が蒸し返されたことは非常にいいことだったとは思う。

それにしても、追いかけまわされた槙野の名前が追いかけまわされた理由もなしに逃げたことで韓国選手への印象が余計に悪くなったという一文しか出てこない言い訳にもならない文章を公的機関に出す神経は理解できないし ある意味恐れ入る。
一方で、こういう文章が正式に受け入れられるAFCの程度の低さにももう少し世界は目を向け改ざんされるようになれば幸いだ。

まぁ無理なんだろうけどな。
他者の目より韓国の利益ってのがAFCの基本姿勢だからな。
スポンサーサイト