| Admin |
もうね、何が何だか・・
2017年04月10日 (月) | 編集 |
いま、非常に楽しみにして待っているのが ネット番組の報道特注(右)の続きですね。

辻元疑惑のつづきが見たいわけです。

結構、この話が面白い。

足立議員、和田議員の両議員に加え評論家も加えて裏の情報が出てきている。
あとでも述べるが、これだけ情報があるのに、なぜ地上波では相も変わらず見当違いの番組しか放送されないのか不思議でたまらない。加えて、ネット番組とはいえまだまだ言えないことがあるという話がある意味恐ろしい。

和田議員が得意げに語ったところで沖縄の基地反対派に対する警察庁の公式見解で出させたという反対派の中には暴力組織の人間がいる という話など非常に興味深い。
辻元氏にかかわってるとされる関西生コンは沖縄にもかかわっているという発言もしているわけで、野党の言う共謀罪(テロ等防止法案)は(一般人は本当は関係がないのだが)暴力組織に対しては脅威の法案になることだろう。
沖縄には共産党もかかわっているという話はあるわけで、野党が絶対に阻止したい法案なのもよく理解できるというもの。
法案はテロ集団などの犯罪集団が二人以上で犯罪に関する話をし、下見をする、必要なものを買うなどの準備をした時点で逮捕できるというものだが、野党が本当に怖いのは法案の成立で可能になりうる監視行為や盗撮行為であろう。

いわゆる左翼が集まること自体は本来問題はないのだが往々にして左翼には暴力行為、反社会的行為をする人たちのかかわりは深く(赤軍などだな)沖縄に関して警察庁が出したという暴力組織がかかわっているなどの話が出たことは監視対象になりうるわけで左翼政党にとって不都合でしかないんだよな。

また不思議なことの一つなんだが、生コン業界が怖い?と思える中に北朝鮮とのつながりがネットでは出ているんだが、財務大臣の麻生さんってセメント業やってなかったっけ?
小沢氏など自民党にかかわっていた大物の関与も言われる中、麻生さんは白なんだろうか?とか、そもそも北とのつながりがある業界を安倍政権でつぶしたなんて記事がネットでも言われてるんだが、麻生さん大丈夫なんだろうか?と思わずにいられない。

 そこまで言って委員会は亡きたかじんの意志により東京地区では放送をしないというルールがある。
それは東京で放映されるようになると内容に自主規制がかかることで自由な発言ができなくなるということからだという。
正直これってなんなの?である。
加えて、地上波の報道規制(自主規制も含め)ってのが全く理解ができない。

衛星放送では評論家が語っている内容を地上波では全く聞かないのだ。
同じ評論家が出演しても内容が全く違うものになってしまうのが今のマスコミなんだよな。
衛星放送でもやれないものはネットでやる。

こういう流れが今の日本の報道なわけだ。

そしてネットでも言えないって何なの?であるw。

そもそもマスコミは野党になんでこんなに配慮するの?である。

そこで気になるのが報道特注(右)である。
森友問題で出てくる豊中市議の木村某氏の存在である。
空白の一日に木村氏のレクがありそこで今のマスコミの姿勢が決まったかのような前振りになっているから興味を引くのだ。

きょうの日刊スポーツではその木村氏が取り上げられている。
豊中市議に無所属で当選したことなど略歴も載せ、森友問題はまだ終わらせないという記事を載せているのだ。
爆弾はまだありますよと言っているらしい。

個人的にはどうせ爆弾が爆発しても野党に帰るだけだろうと高をくくっているから対して気にもならない。

むしろ、政界などに大きく波及するなら歓迎してもいいぐらいだ。
報道特注(右)ではまだ出してない情報があるという中で、これは明らかになればいろんな方面に波及するという言葉があったわけで、うがった見方をすれば正にそのことではないか?と推察できる。
おいらには安倍政権だけが被害が出るものなどあり得ないと思っていて、最終的にどこが一番被害を受けるかといえば結局野党ではないかという思いがある。

ただ、テレビ等の報道は現状の野党よりであろうことは野党の連中の勘違いを生んでいるし、そういうことだけが今の野党の与党に対する攻撃材料なのかなと思わずにいられない。
スポンサーサイト