| Admin |
韓国の次期大統領候補が・・・
2017年04月08日 (土) | 編集 |
全員 慰安婦合意に否定的だという・・・。

まぁかまわんけど。

おいらは基本的に韓国人個人が全員悪いとは思わないけど、進んでかかわろうとは思わない。
理由は単純でニュース等でみる韓国が自分の価値観とは大きく違っているからだ。

自分が感じている部分で嫌なことの一つが、日本の野党などと同じでいったん自分が嫌えばどういう事実と向き合おうが受け入れないという点だろう。
都合が悪ければ 自分で目も耳もふさぐことに何ら抵抗がないってところだな。

もう一つが、これも韓国の特徴的な部分だと思うんだけど 自己顕示欲の塊的なところである。

まず、韓国の日本嫌いな部分っていうのが、自分たちが日本より上という意識を持ちたいということが根底にあると感じている。
慰安婦問題なども含めて過去の日本統治時代を暗黒時代にしたいのもそういう意識の表れだと思う。
したがって、どんなことを突き付けられても都合が悪ければ単純に目をつぶり耳をふさぐのである。
そして自分に都合のいい情報をどこからともなく探し出してくる、たとえそれが突っ込みどころ満載でも自分が納得しさえすればいいのだ。

また、韓国人の主張の強さがおいらには歪んでいるようにしか見えないのも近寄りがたい理由の一つである。
例えば、期限の主張や呼び名へのこだわりに表れている。
日本海を東海というのも彼らの自由だが、韓国人はそれを他国にも強要したがるのだ。

日本人には日本人が理解している名称はあるけれどそれがどの国にも当てはまるものではないという意識はある。

竹島だって日本人の呼び名であり独島というのは韓国の名称なのだが、それを全く関係のない国にも使えというのが韓国なのだ。

まぁおそらくは自分に自信がないのか(もしくは国に力がないと卑下してか)日本に接する場面で海外のと殻を利用しようとする傾向にあるように見える。
アメリカやオーストラリアなどに慰安婦像を作るなんてのがわかりやすい部分だ。

まぁこう書いてきたが、基本的に韓国に限ったことではないが情緒主義な点は理解しがたいのだ。
昨日たまたまインドのパール判事の話が出ていたが彼は東京裁判を事後法だと批判した。
おいらはこれが正しいあり方だと思う。

ところが一般的に法治国家だといわれている国だって事後法が認められたりするのだ。

まぁ歴史的に見て仕方がない部分があるけれど・・・。

ちなみに韓国ではセウォール号事件のような話は全く理解できない。

なぜ民間企業の事故に対し国があそこまで関与するかはわからないし、船長などの犯罪に対しても事後法をもって不通に当たっている。ここまで露骨に情緒法が顕著な国もありません。

つまり価値観が全く違うのですよ。

法的な根拠に感情が勝つのが韓国なわけです。

したがって彼らには日本との間で絶対に分かり合えない部分がある上に国民性により自分たちだけで消化できずにや国に対しても日本が悪いと認めさせないと気が済まないわけですよ。

仲良くできますか?


スポンサーサイト