| Admin |
さすが○○テレビ!
2017年04月03日 (月) | 編集 |
ポケモンGOでカイリュー出現で飛んで行ったが、おいらタブレットにはピゴサーチ入ってないためにほぼ現地で探し回った挙句に消滅の憂き目に。

はい某駐車場で近くにいるまでは確認できたが、結局ロスト。
しかし、正直それほど悔しくもない。
個体値が60%ぐらいと微妙だったからだ、苦労して取れてもアメに変わる可能性が高かった。
それならばある意味CPの低いミニリュウのほうがよっぽど良い。
パイルを使えば一気にアメを稼げる。

まぁそんなこんなで結局ポケストップ巡りに変更し、さきほど家に帰ってきた。

タブレットでポケモンGOの整理をしながらテレビをつけたら某テレビ局で森友問題をやっていた。
相も変わらず真相がわからないと言っている。
最後には本質を見誤らないことが大事といったんだが、馬鹿かとw。

ずっと自民党はごみ処理費用の値引きと言っている。
なぜそこに様々な力が働いたという憶測でしか考えられないのか?
また、力が働こうが果たして価格が適正かどうかが重要なんだろう?
いっつも思うが枝葉を追い求めすぎ肝心な部分を一向に探ろうともしない姿勢がおかしいw。

ヒントなんかいくらでもあっただろ?と思わずにいられない。

豊中市に売った公園の場所の価格がそれだろう。14億2000万円あまりで落札されたが補助金漬けで結局2000万円余りしか払っていないという。
先日には維新が党の予算でごみ処理費用を算定してもらうとまで言った。

なのに相変わらず見当違いのことに焦点を当て、大本たるごみ処理費用が適正かどうかを探ろうとしないことが○○丸出しである。

政府に言われて業者がゴミを埋め戻したという話もある。(事実かどうかはまだわからないが)

しかも、ネットにはこれが真相だ!という話も出ていてその内容には大いに信憑性がある。

まずは定期借地権料が思いのほか高かったこと。
それを谷氏に対し手紙で書いていること。

そこには買い取りたいが何分資金がないから定期借地権の延長で賃料を安くした旨書かれていた。
共産党は安く買えたから満額回答だといい、それ以前に葉梨議員が果たして得をしたかわからないと証人喚問で口にしていた。
そこではごみ処理費用が正確に行えば10億を超えるという算出結果が出ていたということが匂っている。ほかの土地でごみが出てきて処理費用が高かったと発言しているのだ。

さらにおいらは詳しく知らないが鴻池メモなるものがあり籠池氏がどうやら財務省との接触の口利きを依頼し断られたということらしい。
ひるおび!の八代氏の話を聞いておいらはビビッときたのが、他省庁にやり口がばれることを隠すための安く売却というシナリオである。つつかれる前に安く売ろう!(ただ安くではなく財務省はここでもごみ処理費用は自分たちの計算では土地価格より高くつくのをマイナスでは売れないために8億の値引きと補助金で売ったようだ、つまりはマイナスは避けたといえる)

高橋氏はどうやら籠池氏は結局自分で財務省と話をし、安く買う手段を得たと言っているが確かにゴミがあることを隠して商売をした財務省にとって脅されればもっと深刻な問題になっていただろう案件が財務省も損をしない形で決着したかのような結論で合意したのだろう。
籠池氏は運動場のごみの撤去をしなければ完全にごみ処理をする前提で買い取った場合に比べ得をするというところに魅力を感じたのだろう。
一方で財務省は基本通りにごみを撤去して売れば10億前後の価格で後ろ指刺されずに済むものをごみの撤去もせずにマイナスにならずに売れたのはある意味得をした計算になったのだろう。

籠池氏の失敗は野党にやすいという指摘をされたときにごみ処理費用についてもっと政府寄りに話をしていればよかったものを
いつの間にか神が舞い降りたとかいうから野党は付け上がり、与党からは逆に目をつけられてしまった。
その挙句にこともあろうに最初に詐欺目的だかわからんが担ぎ上げていた総理夫婦を絡めて喧嘩まで売ったのだから与党の追及は当たり前だろう。

ついでに、籠池氏の喚問で突いた藪には維新の議員の名前もあったために今度は政府と違い自由に動ける維新が本気で民進党に喧嘩を吹っかけてきたのである。

近いうちにいろいろとわかると自分では思っているが、官僚の不祥事が出てきてその責任を政府に求めるのが野党の筋書きになるかもしれないが、一方で
維新による民進党の疑惑追及が進めば民進党もただではいられないだろう。


それにしてもメディアってのは自分たちの思惑もあるんだろうが、肝心なことにたどり着かないよう視聴率を稼ぐことばかりに集中してるんだろうな。
○○テレビ以外の局では すでに森友問題の話題がほとんどでなくなっているようですよ?

まぁメディアによる民進党への忖度があるんでしょうねw。
スポンサーサイト