| Admin |
ボランチ・・・
2017年03月30日 (木) | 編集 |
タイ戦でうまくいかなかった分、なぜかボランチがいないというようなのが記事になっていた。

おそらくメディアにつられてそういう記事が出たんだなぁと思う。

しかし、個人的にはいい選手がいないのではなく監督の趣味に合わないという理由で呼ばない、使わないだけどと思う。

今回は所属チームでやっているからということで酒井高徳選手が使われたわけだが、かみ合わなかった。

そりゃそうだ、酒井選手は所属チームでやるときはキャプテンという立場でやっている。
日本代表でやるのとは全く勝手が違うだろう。

ちなみに守備のやり方について本田選手が言いたいことがあるらしいが今の自分の立場で言いにくいらしく復活してからいうと言っているらしい。
まぁ漏れてきている分には再度が守備に走り低い位置になることを問題視しているようだ。

ちなみにこれについては原因の一員なのかもしれないが問題はそこではないと思う。


理由の一つは本田選手が今のように認められた大会である南アのワールドカップの際を思い出してもらうと当時の両サイドは大久保と松井、さらにはサイドで使われた岡崎と今回と同様に上下に激しく動いていてそのことを多くの人が褒めたたえている。
守備の体系として機能していたからだ。

前にも書いたが日本人に合ったプレーという意味でも攻守にわたり頑張るのはらしいことで悪いことではない。
何が悪いかといえば意思統一ができていないことこそ問題であって両サイドが守備で下がって頑張ることが問題ではないのである。
本田の思いは別にして下がりすぎているとハリルが感じたなら試合中でも修正するように声がかかるだろうしインタビューなどで問題視する発言が出るように思うがまずかったとは言っているが下がりすぎとは言っていない。
また、キーパーやディフェンスリーダーであろう吉田選手も後ろから指示は出しているだろうから問題はそこではないと思う。

ただ、タイがボールをつなげたのはボールを持った選手がパスを出す相手をすぎに見つけられるところにいたということとタイの選手がそういうポジションに行く際にマークを外した結果なのだろうし逆に日本がパスミスなどが多かったのは距離感だったりボールのないところの動きが悪かったということだろう。

長友なども試合に出ることが少なくなっていたりするし代表でのボランチ経験がない高徳なども勝手が違うという部分での戸惑いは少なからずあった結果だろう。
パスなんてものは出すタイミングで相手の選手と呼吸が合わなければ躊躇するわけでそこを詰められればミスの出る。

もう一ついえると思うのが本来サイドの選手が守備で頑張ればそこはボールの奪いどころになるべきであるが奪えていないことが問題なんだと思う。
いい試合はボールを奪う場所、だったり連動があるわけでそういうところが機能しなかったからタイはボールを回せてシュートも多く打てたのだろう。
ある意味タイを舐めていたわけでもないんだろうがどこか共通認識は取れないでいた部分があったのだろう。

まぁある種テレビで見ていて原口などが守備で戻りきつそうな顔をしているのを見ると長友はどうした?と思えてくるのである。
テレビで見ると全体の動きは見れないから・・・。

とはいえ、使われる選手が変わったせいもあるのだろうがUAE戦などを見てもそれまでものすごく目立ち得点をしていた原口がどちらかといえば守備で写るケースが多く感じたのはやはりどこか違う部分があったのだろう。

ちなみにおいらは基本的に本職のプレーヤーを使うことがいいと思っている。個人の乗る力が高いと選手を選びコンバートするのを好むケースが多い気がするが代表は一緒に練習する期間も短くなれないポジションでやることが選んだ選手の能力を出すことの妨げになるのがもったいないと思うし実際に選手も慣れた感覚というものがあると思うからだ。
さらにはおいらは海外組と国内組の選手で能力に大きな差はないと思っていて国内組でいい選手を呼ばないことに憤りすら覚えている。ましてや年齢で呼ばないなんていうのももってのほかだと思う。
調子がいいと思うなら中村憲剛を呼ぶべきだと思っている。
そういう選手をベンチに入れておけば使う使わないは別にしても調子が良ければ代表に呼ばれるという意識は持てるのは大事なことだと思う。
それと前にも書いたがプレースキッカー枠は絶対に取っておくべきである。
いいプレースキッカーはいるのだから使わない手はない。
アジアではセットプレーは重要な武器になる。オーストラリア相手だと厳しいが決して大きい選手が多いわけではないのでいざ店がほしい場面などでは絶対にあったほうがいい武器である。
ザック時代には遠藤というプレースキッカーがいたしそれ以前にも日本にはいいキッカーが代表で常にプレーしてきている。
ある意味、いいプレースキッカーがいる!というのも日本のスタイルだと思う。
それがザック以降、もしくはオシムの時もいない時期はあったかもだがw、いないケースが増えてきたことも確かだと思う。
しかしこれは正直もったいないことでしかない。

経験豊富なボランチができる選手でいえば中村憲剛もいれば青山だっているし柏木なんてのももはや経験豊富な部類だろう。
また井手元など若手もいるし代表には呼ばれないが各チームに経験豊富な結果を出している選手もいるのだが、海外選手枠とお気に入り選手をどうしても呼ぶためにそういった選手が代表に呼ばれないのも個人的にはマイナスだと思う。
スポンサーサイト