| Admin |
これが現状です!
2017年03月27日 (月) | 編集 |
おいらのブックマークに日刊スポーツのウエブ版が入っていてニュースはまずここから見ます。
なぜ日刊?と言われればおいらの興味の一番がスポーツだからで正直ここに慣れているためにほかのだと見方がよく理解できないからです。

とはいえ、個々の社説的な記事は相当偏った見方をしていて反論したいのですが登録者しか書き込めないので無視します。
ちなみにここでは今日内閣支持率の結果をやってました。
ネットでは森友問題の中支持率アップという記事がある一方、日刊スポーツの記事では少しですが下がったそうで総理の説明に納得しないなど野党が喜びそうな内容になっています。

正直、個人的には理解できませんが こういう結果が出る理由はハッキリわかります。
マスコミが正しく働いていないからです。

証人喚問でハッキリしたことが結構あるんですが、マスコミの報道は水掛け論に焦点を当てたものが多く、報道しない自由なるものを使って情報操作をするからですね。
そもそも問題になった安すぎないかには隣接地が14億円の補助金で実質2000万円ほどで売却されたということが言われていますがマスコミはそのことを国民に知らせない自由を使ってますよね。
どうやら14億円の値引きには旧民主党も絡んでいるかもしれずその点も隠している。
野党とマスコミは疑惑を疑惑のままでいさせたほうが都合がいいのでしょう、分かったことをできるだけわかりにくく伝えているようです。
また松井知事の発言も野党に合わせ都合のいい部分だけを抜き出して報道するか、もしくは全く報道しないことを選ぶのが現在のマスコミですよ。

ネットを見る人には野党とマスコミこそが悪で確立されつつあります。
今はネットを使いこなせない人も多く、やれ支持率が下がったと喜んでますが、ネットを使う人は教育にも使われ確実に増えます。
マスコミはただでさえ既存のマスコミを使わない人が増えている中、マスコミを嫌う人を自分たちで増やしていると気が付かないんでしょうね。
ネットのニュースでは正しいことが行われてきているわけでそこには既得権で守られた大手の隠ぺい体質やご都合主義がない正しいニュースがあります。

籠池夫人のメールに出てくる辻元議員の疑惑を民進党がマスコミに口封じをしメディアが忖度して一斉に箝口令を敷いた結果がそこに見て取れます。
こういう野党とマスコミは徹底的に嫌う人が確実に増えることは間違いないでしょう。

おいらは自民党支持ではないとずっと言っておりますが それでも一番まともな政党を考えたら自民しかないし、同時に敵の敵は味方という意味においても自民党の味方といえるかもしれませんわ。

説明責任とか道義的責任って言葉は政治で特に使われる言葉だろう。
一般社会では法律違反は告発側に説明責任がある。

不思議なことに政治の世界で力のない野党は与党に対し悪魔の証明を求めることで正義面しているが、実際は単純に力不足でしかないのである。
取材力やジャーナリズムの衰退したマスコミも野党と同じようなものでかつての精神は存在しない。
スポンサーサイト