| Admin |
アジア予選A組・・
2017年03月26日 (日) | 編集 |
ここは非常に難しい。

1位のイランは可能性が非常に高い。
理由は守備力にある。
これまで5戦を終えていまだに無失点である。

加えて現時点での勝ち点が2位に5差、3位には6差あるわけだから当然だろう。
残りの試合も韓国戦はアウェーだが韓国には近年負けていないというか勝っている。

さて2位争いでは韓国が最下位だった中国に敗れたがウズベキスタンもシリアに敗れ2位を保ってはいる。

しかし、相性が悪いイランともホームとはいえ試合を残しているし 何よりも韓国の試合はすべて1点差の接戦なのでありアウェーの試合もあるために安心はできないのだ。
最下位であるシリアに対しても韓国はホームで3-2と接戦だったわけで次での対戦はアウェーである。
一番のライバルになりそうなウズベキスタンもアウェーが残っている。

とはいえ、ウズベキスタンもシリアにホームでは勝ったが今回アウェーで負けたことで2位浮上のチャンスを逃している。

シリアにしてもホームでイランに分けるなどホームで強いところを見せるが韓国戦は韓国での試合を残しているのが気になるところ。

韓国は次戦のシリア戦をホームで迎えるがここで勝ち切らなければかなり厳しくなる。
最下位とはいえカタールのアウェーとホームでの無失点イラン戦、最終戦も一番のライバルになるウズベキスタンのアウェーである。ただ、カタールは出場の可能性が無くなった後になるかもしれないのが唯一のいい情報だろう。

ウズベキスタンは次戦のイラン戦と中国戦はアウェーであり、イランはホーム全勝と厳しく、監督が代わり韓国を下した中国とアウェーで戦うのも条件的には厳しいかもしれない。
残るカタール戦と大一番になりそうな韓国戦をホームで戦えるのはウズベキスタンにとってはいいことだろう。
そういう意味ではアウェーの中国戦に勝つことの重要度は高い。

シリアはアウェーの韓国戦、ホームの中国戦、ホームのカタール戦、アウェーのイラン戦が残っており、ある意味次戦の韓国戦の意味は大きい。
ライバルになるウズベキスタンに今回勝ったことで3位以内に入るチャンスが来ているわけで場合によっては韓国に対し引き分けも勝ちに等しくなるかもしれない。

また、シリア、ウズベクが直接のライバルとの試合を終えたのに対し、韓国は両チームとの試合を残している。

もうひとつイランはアウェーではシリアや中国と0-0の引き分けがあることを考えればホームで戦う韓国には勝ち点はほしいところだろう。この部分でイラン戦がアウェーになるウズベクとシリアは厳しい。

Aグループは次戦の韓国ーシリア戦が今後を左右する大一番になりそうだな。
2次予選で日本のグループにいたシリアだが韓国戦で引き分け以上なら大いにチャンスありだと思う。

逆にウズベキスタンが結構厳しくなるかもしれないからイラン戦であろうと勝ち点を積み上げるべく戦う必要があると思う。

なんにせよ、ライバル同士の戦いにくわえ監督が変わった中国がジョーカーになるかもしれないし目は離せない。

個人的には2次予選でけちょんけちょんにしたシリアが勝ち上がってくれれば嬉しいかもしれないが、かつて敗れたウズベキスタンや連続出場を続ける韓国にも頑張ってほしい気もする。

3月28日に韓国‐シリアの直接対決があるわけだが、日本がタイに勝つことは疑っていないしB組は上位が優位なわけでおそらくは順位は変わらないと思う一方、A組は試合の結果によって順位が変わるかもしれず注目だろうね。
韓国は引き分け以下でホームのウズベクがカタールに勝つと2位が入れ替わるのだ。
韓国はシリアに負ければシリアとも順位が入れ替わるのである。

まぁ韓国はこういう試合ではことごとく勝っている・・・・。(疑惑こみで・・だが)

とにかく注目である。

スポンサーサイト