| Admin |
いまゼロを見たんだが・・
2017年03月25日 (土) | 編集 |
森友学園の国有地払い下げ価格が安すぎるんじゃないかというのが本来の問題で自民党はごみの撤去費用に8億強かかる計算で売却したといい野党はゴミの混入率が高すぎる計算をしたんじゃないかといっていると伝えていた。
8億強の根拠は同様の土地の費用を鑑みてていうことらしい。

更に昨日の午後の喚問に立った葉梨議員は隣接する公園もゴミの存在が確認され最終的な支払いは2000万円だったと言っていたわけだ。

たしかあの近辺の土地って3か所あったという話でそれぞれがいくらで売却されいくら支払われたかを確認すれば一応の結果はわかるだろうしごみの混入率を調査するにもそれなりの費用が掛かることを考えたうえでじゃあ費用はいくらかかりいくら値引きして売却するのが適正だったのかを野党は調べるべきなんじゃないのかと思う。

ところが実際は野党は政治家の口利きがあったとか総理の発言をもとに安倍おろしにしか興味がないかのようである。

ネットの保守層からは野党の国会の空転こそが一番罪深いと言っている次第だ。

実際に国会を行うのに1日数億円かかっているというから確かに国会の空転以上に無駄に税金を使っているところはないように思う。
安倍政権が強いがために安倍おろしをこれほど声高にいえる機会もそうそうないだろうから致し方ないようにも思えるが、実際に安倍政権がこのことで崩れることはないだろうね。
出てきた事柄からも違法性はないという判断のものばかりで野党が攻めれる部分は昭惠夫人が森友学園とかかわっていた一点しかないわけで、それにしたって違法性はないのである。
総理自身が言った国有地の売却問題や100万円の寄付などに関わっていない、まし関わっていたら総理もやめるし議員辞職しますといった言葉に対するものだけでしかない。
籠池氏の問題になっているメールにしても売却問題ではなくそもそもが定置借地権の問題であり本筋から離れているが野党からすればこれこそかかわった証拠という拡大解釈がもとになっているだけである。

時事通信の田崎氏も関門当日の午後の部が始まる前にはできる官僚は言われる前に動くといっていたが翌日にはほかの人が完了は言われなければやらないという言葉に何の反論もしなかった・・・。
テレにでは局の意向に沿うのがあり様なのかもしれないが現実的にどういう評価が出ているかによって意見が変わるのだろう。

ゼロの村井氏は与党はごみの撤去費用について納得のいく説明が必要だと言って話題は終わったが、少なくてもメディアは同様に払い下げられた土地が最終的にいくら支払われたかについて調べることはできると思うんだよな。
葉梨議員は公園について情報を出したわけだから、ほかの人でも調べられると思うね。

ちなみにTBSで証人喚問の印象的なものを田原氏に聞いていたんだが個人的にこの人は報道として面白いかどうかが大事で内容はどうでもいいんじゃないかとしか思えなかった。
自民の内部抗争こそが面白かったといい、森友問題も結局のところ視聴者がどれほど興味を持っているかが重要でそれこそ籠池氏のうさん臭さみたいなものはどうでもいいのだろうと思える。

本来の問題よりも注目度が大事なのだろう、それも一部の人がより強力に興味を引く話題が好きなんだろうと思ったわ。

ネットを見れば少なくても森友問題で疑問に感じる部分は結構詳しく説明されている。
大事な点はその情報が事実かどうかであること問題なんだな。

メディアや野党は本来ネット情報に従い問題点を確認していけばある程度迅速に結果がわかるのではないかと個人的には思うんだが、実に彼らの興味は問題の本質にはなく騒ぐことで出てくる枝葉、なにより安倍政権にダメージを与えること以外に興味がないから国会の空転が続くのだろう・・・。
スポンサーサイト