| Admin |
UAE戦
2017年03月24日 (金) | 編集 |
とりあえずおいらの予想とは幾分違ったが無事勝利した。

今野はワンボランチ予想だったが山口蛍をそこに配置することで今野は少し前目でプレーしいい形でボールにプレッシャーをかけたし攻撃にも絡むことができていた。

また、久保をワントップにし大迫を少し後ろでとケルンでやるようなプレーをおいらは臨んだわけだが大迫を真ん中に前に試していた久保を右にという布陣だった。

それでも久保はゴールへの意識も高く先制点を挙げたし今野の2点目につながるアシストもしたわけで好調のままにプレーしたわけだ。
これはJリーグでいい働きをしている今野にもいえることでやっぱり今調子のいい選手を使うことの大事さが出ていたように思う。

一方で、ゴールキーパーの川島はまさにサプライズだった。

調子云々ではなく経験と度胸を重要視した結果なのだろう。
まぁ相手に大きなチャンスをほとんど作らせなかったわけで西川であったとしてもそうは変わらなかったように思うけどね。

少し残念だったのが、皆がボールやボール保持者に集中していたために引っ掛けたボールへの対応が遅れて多くが相手に渡ったことだろう。
ボールの近くにいた選手が皆ボールに言った多明けに軌道が変わったボールに対応できなかったようでセカンドボールがそのまま相手ボールになるケースが多かったのだ。

もう少しひっかけたボールをマイボールにできていれば楽になっていたかもしれないと思うな。

それにしても、アウェーでUAEに勝ったのは初めてらしいが、ほかの人も気が付いている人がいるようで実は日本はアウェーはそんなに苦にしていないのである。

FIFAランクなどで日本より上位に来たりする韓国やオーストラリアにはここ数年はアウェーでも負けていないわけで中東勢にだってセントラル方式の大会などでの敗戦はあってもアウェーでは負けていないんじゃないかな?
勝てないことはあっても引き分けることぐらいはできるんじゃないかと個人的には思っている。


それにしてもサウジアラビアは思ったより頑張っているなぁと思う。
オーストラリアは案の定というかイラクとアウェーで引き分け勝ち点でグッと差がついてしまった。
まぁホームでの戦いが多く残っているので今後はそうそう落としはしないだろうが日本戦は日本での戦いを残しているのは日本にとって悪くない。ワールドカップ予選に限れば勝てていないがそれ以外ではちゃんと勝てているし何より負けていない。

A組では中国が韓国に勝ったわけだが2位を争っていたウズベキスタンもシリアにしっかり負けたために韓国は順位を落とさずに済んだようだが2位争い事態はシリアも含めて熾烈になった模様である。


日本の今後だがタイ戦にいい形で点差をつけて勝てばアウェーのイラク戦に勝てばオーストラリア戦で引き分けた時点でワールドカップが決まる可能性もあると思う。

まぁ最終戦にもつれ込むとサウジ戦をアウエーで戦うわけで非常に厳しくなってしまう。

ついでに今日の勝利がハリルホリッジが年齢を選手選考の一つにしていたわけだが今野のようにまだ動けることが証明されたと思い今後の選手選考に年齢の枠がなくなったり緩んだりするきっかけになればいいと思うね。
スポンサーサイト