| Admin |
日刊スポーツのK氏。。。
2017年01月18日 (水) | 編集 |
この間も書いた?(書いては消しを繰り返しているのでw)かもしれないが、日刊スポーツを毎日見ているおいらだが、そこに書かれているK氏なる人物のコラムで安倍総理のフィリピン訪問での話などにイチャモンをつけている。

安倍総理は金にものを言わせている、ミサイルを売ろうとして失敗 などという内容である。

意見がそれぞれ違うのはおいらは当然だと思うといつも書いているが、事メディアが公に発表するものに関してはジャーナリストたるもの裏も取らずに無責任は発言は良くないと思っている。

でだ、K氏に関しては裏取りをしているとは到底思えず単純に安部批判ありきで作文をしているようにしか見えないのである。

ちなみにおいらは安倍総理は嫌いではないが、安倍政権が大企業よりであることを感じており全面的には支持していない。
過去記事を見てもわかるがおいらは原発に大反対であることも一応書いておく。

K氏はおいらが感じるにどうも韓国よりの支持者のようである。
慰安婦についてもどうも韓国よりの意見が多いように感じるし、今回の記事でもミサイル話もあの朝日新聞デジタルでさえ真偽はわからないとあいまいな表現をしているわけだが ミサイルはいらない発言に関してミサイルの売り込みを失敗などと持ち出している。おいらの想像だが、軍事に詳しそうな右寄りな人の意見などには日本でも足りていないミサイルを売り込む?と疑問が出ていることを考えても軍事同盟的な話をミサイルにたとえたのではないか?と思っているんだな。

普通に考えたら武器輸出に関して国内でも反対意見が多いことはメディア関係者なら知らないはずはないだろう。

また、マネに任さた外交と(この部分こそ表題になっているんだが)言っているが、確かにそういうとらえ方はあってもおかしくはないが、普通に考えて相手が一番望んでいることに踏み込めばここはお金になるんじゃね?
南沙諸島に関して日本は関心も高く相手(フィリピン)が望むものに最高の敬意をもって対応すれば経済支援という結果がでたって何の問題でもあるまい。

安倍総理は民間のトップで言ってるわけではなく日本の外交として行ったわけでドゥテルテ大統領のようにハッキリものをいう人にはハッキリ欲しいものを与えることには何の問題もないんじゃないかと思う。

おそらくはほかの支援などのはなしもしているとおもうぞ?
だからこそミサイルの話がでたのではないか?と思うわけだ。
中国対策ではアメリカを含めた連携などの話をしたが故のミサイル話だろう。

まぁ、スポーツ新聞の政治記事なわけで 目くじら立てるほど真剣に読む人もいないだろうし 実際にこの記事にコメントはない。
(まぁおいらもそうだがウェブ版でコメントするにはIDを取って書き込まねばならずそこまでして反論する意味もないわけだ)

それにしても何度も書くかもしれないが、Kという署名だけど、ジャーナリストならしっかり本名で書けよwと思うw。
スポンサーサイト