| Admin |
ワクワクが止まらないw。
2017年01月14日 (土) | 編集 |
いあぁ、今この時期に日韓の合意である慰安婦問題に対し 韓国の市民団体が領事館の目の前に像を設置したことで大使、領事の一時帰国に加え、通貨スワップ協議の停止などが日本から発動されたわけだ。

そもそも論で、朴槿恵大統領の権限停止の時期に合わせて像は設置されたんだろうが、韓国の論調は概ね日本批判である。
まぁ韓国人なら仕方がない反応だろう。

彼らに日本人だけでなく多くの国の人に備わっている理性というものが存在しないのだから。。。。

像が設置された場所が領事館の目の前の公道でありウイーン条約に抵触している場所なことを韓国の人たちの理性では受け入れることのできないことでしかないから問題になってしまうのである。
彼らには民意のほうが法律より大事であり国際感覚などというものが理解できないのである。

まぁ日本国内でも一部の人はそういう国同士の約束ということよりも韓国人の感情のほうが大事だなどという人もコメントしていたりするが普通の日本人の感覚からはおよそ理解できない理屈で韓国を擁護しているのだ。

名前も知らない映画監督なる人はアメリカから10億もらえば原爆について文句を言わないでいられるのかという頓珍漢な表現をしている。
もちろん、本来の論点はそこではない。
上でも書いたが、肝心なことは国同士が合意したということでありもちろん日本はアメリカと原爆についての議論で合意などというものをしていない。
韓国人で慰安婦について意見がある人たちがいることは思想の自由などの観点からも止めることはできないが 日韓で合意した内容については守る義務があるということが理解できていないのだ。
そして合意もしていない突拍子もないことを例えにして勧告を擁護している人があいることは日本の中でも受け入れられず(一部の人は受け入れるんだろうがw)にいる。

また記事をさがせばワイドショー的なものでもコメンテイターが韓国が政治的にやったことではなく市民団体がやったことに対し日本が過剰反応したみたいに言った人がいたらしい。
それに対し日本は約束通りなのに対し韓国が行動を起こした結果でしかないという意見を言う人が多かった的なものがあったわけだ。

当然な話だろう。

大統領の権限停止の時期を狙って市民団体が領事館の目の前というウイーン条約を無視した場所に像を設置したことが発端なわけである。

これは明らかに日本がことを起こしたわけではない。

日本はウイーン条約という二国間だけの問題ではないことに対し、対抗措置をとっただけのことである。
加えて大使、領事の帰国以外のことについていえば、約束をしても守られないことが発覚したことによるだれとこうしょうすればいいのかわからない状態に対する措置でしかない。

本来なら韓国の代表は大統領なわけでその直接の責任者たる存在がない状況だから停止したにすぎない。
これも日本が望んだわけではなく権限停止期間中に像を設置した市民団体の行動による副産物でしかない。

まぁ個人的に言えば(というよりも一般的にだと思うが)国内の世論があってもそれを抑える力のないまま国同士の約束をしてしまう韓国という存在がそもそも日本及び世界の常識から外れているとしか言いようがないと思うんだわ。

これまでに韓国の理解できない政治というものを見知ってはいるがいつまでたっても進歩がないのである。
韓国では国民感情は法を超えるのである。
セウォル号事件では普通に企業が起こした事故に対し国が保証をすることになったり船長などの罪がある意味不当に重くなったりするのも国民感情法という法律にない秩序の影響だろう。

おそらくは反日無罪なる事柄も相手が日本なら許されるということだが、残念ながらウイーン条約は二国間のものではなく国際条約であり反日無罪は通用しないが韓国の国民感情法では通るという認識の人が多いのだろう。通りませんw。

ちなみにおいらはこの韓国に対する記事は決して嫌いではなくむしろ大好きなおかずであるが、できる限り無視したいという気持ちがある。
多くがこのことに関する記事を載せコメント数などを稼いでいるわけだ。
中には次期大統領候補の考え方などを書いている記事もあるわけだが、そういうものに対し脊髄反射したい気持ちは一杯なのだがあえて斜に構えていたいと思う。

あいつらが今どういう反応をしようが、韓国の大統領選挙は一般的に6月だという見方が多いのだ。
つまり、6月まではあいつらには公に勧告を代表する責任者がいない状態なわけで何を言おうが権限がないのである。
代行的な人はいるかもしれないが現状の死に体の政権では実行力は伴わないわけだよ。

韓国は経済的にも3月以降苦しくなるという話もあるようで、いま日本に暴言を吐いている人たちも果たしていつまで同じ姿勢でいられるかわからないと思えるのだ。

まぁこれはあくまでもだが日本政府が韓国に非常にやさしい態度をとらなければという前提でだし、アメリカが韓国にやさしくしろと日本に行ってこないとも限らないので安心はできないのだが。

ともあれ、韓国は次期大統領が6月ごろまでいない、という認識のもと(コクを代表する責任者不在で)日本に対し対応を迫れるるということになるのだ。
このことに気が付いている韓国人はおいらが考えるより少ないと思えて仕方がない。

生暖かく見守りたいと思う。
スポンサーサイト