| Admin |
サッカーもビデオ判定が・・・
2016年12月17日 (土) | 編集 |
クラブワールドカップで試験的に行われています。

現状で是非は分かれていますが、FIFAはビデオ判定について2002年の韓国戦、まぁスペイン戦を例に 多少時間がかかろうがビデオ判定はあったほうがいいだろ?と多くの人を納得させる言葉で正当性を主張しています。

この試合はFIFAの10大誤審の一つとされるほか、この大会での韓国戦が10のうちの4つを占めているわけです。

おいら個人の感想ですが、それでもビデオについては大いに疑問です。
鹿島はオフサイドポジションにいたがプレーに関係のない人がエリア内で倒されたという理由(だろう)ということでPKを貰い結果的に3点を取って勝ったわけです。

それ自体は正しい判定のように感じる人も多いかもしれませんが、個人的にはセットプレーでエリア内で誰も反則をしないことなどほぼありえないと思っているんですよ。
皆相手より有利なポジションをとろうとしてユニフォームを引っ張るのは当たり前なわけで 見逃してもらえる理由ってのはそれがプレーに影響したかどうかの判定という曖昧なものによるのが現状だからです。

個人的にはこれがものすごく引っかかるわけですよ。

日本人の主審が下した判定で大いに議論されたのが2010年と2014年にあるわけですが、一方は度重なる反則に対しカードを出さずに試合が荒くなりより多くのファールを受けていたチーム(ブラジル)が報復行為をして退場者を出したものだし、無一つが初戦のPK判定なわけです。
このPK、確かに手がかかっているわけで裁いた本人曰くルールにのっとって判断すればファールだと言うんですが、確かにその通りでFIFAもそれを支持したわけです。
では、なぜ議論されるのかといえばある程度のファールは基本的に流されるのが当たり前なうえ、シミュレーション行為も普通に多いからですね。

おいらから言わせれば、セットプレーでポジション取りの際 誰もファールをしない(厳密にルールに抵触しないという意味)ゲームなど見たことないと言い切れるほどなわけで セットプレーをすべてビデオ判定すれば全部がPKを与えなければいけなくなるんじゃないかと心配なんですわ。

ちなみに厳密にルールに抵触しないってのは、シャツを引っ張らないほか、ベールが出る瞬間に相手を引っ張ることや押す行為がないという意味です。まぁこれらの行為ってのは少しでも有利なポジションをとるために普通にやるもんものなわけですよ。
ところが結局審判の判断という曖昧な形で判定が出てしまうことになります。

まぁビデオを使ったほうがより多数派の支持を得られる判定にはなるとは思えますがね。。。。

とはいえ、鹿島が貰ったPKはといえばPKをもらった選手がオフサイドポジションにいたわけでプレーに関与していなかったから貰えたなら、その他のセットプレーの際にファールが行われていないケースがないと思っているおいらなどはこの判定にはやっぱり不思議な感じがするというしかないわけですよ。

まぁ実際にはセットプレーだってしっかり審判に見られていてPKが与えられるケースがないわけではないし、程度問題になるからこそ最終的には主審が両チームからどれほど信頼されるジャッジをしているかということにしかならないわけです。

サッカーではこの程度ならやってもいいという認識でプレーすることがまかり通っているわけですから ある意味鹿島がもらったPkに対し相手チームがすべてのセットプレーをビデオで判定しろといった場合に大きな議論になるとおいらは思っているわけです。

まぁ日本チームはそうはいってもあからさまなファールは少ないほうだと思いますからまだいいんですが、南米同士とか中東同士
の試合だったらと思うと・・・・。

ついでに、こういった試合よりも八百長的なものに対する問題のほうが大きいように感じるわけです。
サッカーなんて上でも書いたように主審のジャッジ次第で大きく変わる面の影響が大きいわけでわいろをもらっていたなどに対する防衛策のほうがビデオ判定よりも大事な気がします。

ちなみに多くの競技などですでにビデオ判定が導入されているという声を聴きますが、おいらが思うにそれができるのは反則がそもそも少なかったりアウトインのようなものの判定に効果があるからであってファールが普通に行われている競技においての効果という点ではハッキリ言って微妙なのではないでしょうか?

ちなみにテニスでも八百長に関しては問題になっているわけですから、これこそより多くの対策が必要な気がします。

個人的にはボールがラインを割ったか同課の判定はビデオもありですが、それ以外に関しては微妙ですという立場ですね。
もし標準化されれば単純にいいプレーで点が入るよりもPKでの得点が増えるだけになってしまう気がするからですね。
スポンサーサイト