| Admin |
ハリルホリッジは日本人にあったサッカーなど関心がないと思う。
2015年12月06日 (日) | 編集 |
彼の言動から表題のことが言えるとおいらは考える。

Jのサッカーが遅いといったことからなんだが、これまでにアジアはもっと攻撃的なサッカーをしないといけないとかも含めて世界のサッカーは同じ基準で回らないといけないとでも思っている節がある。

同時にヨーロッパのサッカーでそのまま世界を考えているように思うわ。

そう考えれば日本のバックパスが多いサッカーは彼には理解ができないんだろう。


プレミアやセリエAの強くないチームでさえ縦に早いわけだが ヨーロッパではそれも当たり前なんだろう。
おいらなどから見ればそれらのサッカーって中盤も作れず縦ポンの個人の能力頼みのサッカーでしかないがヨーロッパではそれが当たり前なのだ。

体格などで劣る日本人が同じことをやって勝つのは難しいから協会も日本人に合ったサッカーというものを考えていたはずだがハリルホリッジは人種などを考えず自分が考えるサッカーというものに凝り固まっているように見えるんだな。
そうであればプレースキッカーを入れないメンバーをスタメンに使うなどというやり方もある意味納得がいく。
ヨーロッパのサッカーでは現在ファンタジスタ的な選手を入れないシステムが流行っているわけで日本でいうところのボールを収める選手が存在するサッカー自体彼は好んでいない気がする。

つまり、ある意味では南ア以降 日本人らしいサッカーを模索してきたことが全く意味おないものにしようとしているのがハリルホリッジのサッカーだとおいらは考えている。

おそらく日本代表はアジアでは結果は出せると思うのでそのことで解任ということはないだろうが、日本のサッカーはハリルホリッジのサッカーでは進歩しないだろうと思う。

アギーレは似ているが遠藤を使ったようにハリルホリッジよりも日本のサッカーという点で理解があったとおいらは考えている。

このまま彼に振り回されれば日本のサッカーは成長を止めるように思えてならない。
スポンサーサイト