| Admin |
おかしいっしょ!
2015年08月09日 (日) | 編集 |
なでしこの京川の話がウェブのスポーツニュースに出ていた。

そこには本来の左サイドで勝負できなかった悔しさを語っているわけだ。
ん?そういえば左サイドにも本来右サイドの人が使われてたような。。。

両サイドがチームで使われているのと逆で使われているようだわね。

佐々木監督はどうにもこういうおかしな使い方を好む傾向にあると思う。
選手交代の際にポジションチェンジも伴う交代を好んで使う傾向にあるのもワールドカップでもハッキリしている。

ついでにいえば毎度書いていることだがワールドカップとオリンピック以外の大会を軽視しているかのような選手起用も個人的には気に入っていない。

もう一つ チームの核になるような選手でさえ一つポジションに安定させないのもなでしこ自体が安定しない理由だとおいらは思っている。


そういう傾向がおいらに見て取れるわけだがサッカー協会の会長は続投を決めているようだ。
おいら的に見れば今回の東アジアカップの3位ってのは佐々木監督が長期政権でやっている弊害に思えている。

まぁ人によって見方は違うんだろうけど本来やっているポジションで選手を使ってやれれば代表の不安定さは軽減されるとおいらは思うんだよね。
急増のポジションでやる選手に対し適正ポジションのほかの選手が負けるってケースはおいらから見ればそう多くはないと思うんだよな。

男子でも今野あたりがチームで使われるボランチではなくセンターバックで使われていたりしていたが やはり本職が今野に劣っているという見方はおかしいように思うわな。
代表のセンターバックが給料をもらっているチームではボランチなわけだから 本来の適正はやはりボランチなんだと思うわ。

今の時代選手に複数のポジションをこなせるように求める傾向は理解できるが 本来は選手を揃えられないチームで求められるものであってより多くの選手の中から選べる代表では基本的には本来のポジションで選ぶべきだとおいらは思っている。
大きな大会に臨む際はあらかじめ選手登録をして長い期間戦わなければいけないから複数ポジションがこなせることがメリットになるだけで普通に普段やってるポジションで使えるときに敢えて変える必要をおいらは感じないのだ。

佐々木監督のインタビューで選手は成長したなどという話が出ていたが 選手に力がだしや水環境を与えていない監督が口にするべき言葉ではないとおいらは思っている。

女子に関しては佐々木監督を評価する声が確かにあるが 個人的にはけっしれ好ましいとは思えない。
スポンサーサイト