| Admin |
正直酷いよね・・・
2015年07月20日 (月) | 編集 |
いまフジテレビで安倍総理と安保法案について話をしている。

正直酷いよね。
何が酷いかっていえば まずはいまどき徴兵制度がおこなわれるのか?などという話が多く出ている。
もう一つ、パネラーの声にも安倍総理が戦争ができる国にしたがっていると懸念する各内外のメディア関係者がいるわけだが外交政策はどうか?と言っていた。

馬鹿ですか?
総理は中国、韓国、北朝鮮以外について理解を得賛同いただいていると言っている。
これが安倍総理がやってきた外交だろう?

そもそも国内外のメディアの偏見は正直あまりに酷いだろう。
戦後、世界で最も平和な国の一つである日本が戦争をする懸念など 日本人に対する敗戦国としての差別でしかない。

大東亜戦争について日本が戦争を起こした責任を問う声の表れかもしれないが過去において多くの欧米の国が奴隷制度などの間違いを起こしたわけだが 日本だけが今もって過去の行為を懸念され欧米が愚行を犯す危険性を全く感じていないことが不思議で差別的でしかないだろう。

ついでにフジの社員が憲法違反についてやたら攻め込んでいるし野党との合意の模索をさぐってみては?といっているが そもそもあなたがたメディアや野党は廃案にすること以外は考えてないだろ?

唯一、その通りだと思えたのは国会では合憲か違憲かの議論ばかりで中身を議論していないではないかというくだりだけである。

仮に議論で来たって前向きに議論ができるとも思えない。
ちなみに本来ならテレビや新聞などのメディアこそが正しく情報発信できていればいまどき徴兵制の導入の懸念などありえないだろう。

正にメディアは反対する意見をぶち上げることが優先であり法案について正しく説明することすらしていなかった現れじゃないか?
この状況で自民党や安倍政権への問題にするのは自分の責任を放棄したうえで単に反政府であり続けるというのに等しいと思うわ。


最後にでていた憲法改正の上で行うのが筋というのは正しいが 今のままのメディアでそれは無理だろう。
ネットで情報を正しくえれる人ばかりではない中 上で書いたように政策や法案の中身をメディアが正しく伝えることができない中では国民の拒否反応は仕方がないだろうね。
つまりは与党に反対するしか能がない野党とメディアしかいない今では理想論は無理でしかないということだ。

残念ながらさすがに本音はテレビでは言えないわな・・・・・。
スポンサーサイト