| Admin |
アジア・アフリカ会議とメディア
2015年04月23日 (木) | 編集 |
はい、安倍総理が過去の反省を口にしたが誤っていないという事について韓国が声を上げ、日本のメディアはその声を拾うわけだ。

ここで面白いのが日本のメディアの姿勢なんだな。

日本のメディアは常に中国と韓国の目線しか気にしていないのである。
中国と韓国以外のアジアの声は決して拾わないし まるでパククネ韓国大統領と同じようにいちいちアメリカの反応をうかがおうとするのである。

ネットではその少し前にニューヨークタイムスに反省をしない日本という内容で記事が出ていて それに対し外国人がいつまでこの話をするんだ?という批判が集まっているというのがあるのだが、いつものようにメディアは報道しない自由でこういった内容は日本国内には決して記事にはしないのである。

近年話題になっていることでも韓国に対する差別的なことをメディアは懸念しているが当のメディアは中韓以外のアジアの声を日本人に知らしめることは決してしないのもある意味充分差別的だとおいらは思うわ。

おそらくテレビなどで報道する際には韓国の話はするが ほかのアジアの声についてはニュースにすることもないだろうね。それが日本のメディアの姿勢だからね。

ちなみにメディアだって本来なら今の中国と韓国の日本批判が全くおかしな話だと分かるはずなんだが 基本的にわかりたくない気持ちが強すぎるんだろうね。
そもそも、韓国は70年前の戦争では日本と共に日本側で戦った国であるわけで戦争被害者面をしていることは全くナンセンスである。ついでに併合を快く思わないことに対しては日本は韓国と戦争をしていないわけだから戦後補償とは違う形で資金を拠出して日韓基本条約を結びすべてを解決している。
中国はと言えば日本が戦った相手は中国国民党で今現在中国を支配している共産党ではないわけだ。
中国は日本からの戦後賠償を受け取らなかったとはいえ、この戦争によって日本本土以上に新しい設備などを備えた満州という地域を得ている。
これを得ることは戦後賠償などを得るよりも利益になるものだという話は良く語られている。
本来なら満州の土地は中国のものになるんだが日本の場合そこにあった財産も放棄しているわけで 仮にこれらを請求していれば日本は戦後賠償をしてもプラスになると言われている。

そして、日本と国交を結んで事実上アジアのどの国よりも発展したのがこの二か国であり その二カ国だけが日本批判を続けているのが現状だろう。
ぜひメディアはそれ以外のアジアの声というものも報道してほしいものだ。

上で書いたNYTも同様だが、日本のメディアも本来の報道の在り方を間違っているとおいらは思う。
メディアってのはある意味 部分的には公正な立場が必要だが昨今のメディアはメディアの政治信条のために偏りすぎているとおいらは思う。
それを当然のように考える関係者がいることも今のメディアが信用されない大きな理由だとおいらは思うわ。

シッカリ精進して特定アジア以外の声も報道して頂戴w。
スポンサーサイト