| Admin |
ハリルホジッチ
2015年03月09日 (月) | 編集 |
日本は良いチームと評価しているという話を大仁会長が聞いたらしい。

このことは基本的にどうでもいいが、これに対しての日本人のコメントがある意味笑えると思ったわ。

若手を使えというのである。
ザック時代には若手が成長していないからこういうメンバーになるとか国内組は使えないだの散々言っていたのはだれなのか?と言いたくなる。

ついでに言えばおいらは強いチームなら選手の年齢などにこだわる必要はないと思っているのだが、コメントをする奴らはワールドカップで成績を出せなかったメンバーを見限るつもりのようである。
思い出してほしいのだが、他にいい選手がいないからと彼らを擁護していたのはほかならぬ彼らだったはず・・・。
そもそもJの選手を呼べという人に対しては代表ってのは若手を育てる場所じゃない!と言っていたのが彼らだったはずなのだ。

どの口で若手の起用を口にしているのだろうかと思うわ。

アギーレが解任されたのは協会的には八百長問題なわけだが、アギーレを気に食わなかった連中からすれば選手が育っていないというのも理由の一つにしているようだ。
重ねて言うが代表は選手を育てる場所ではなかったはずなんだが・・・。
そして結果が出なければ真っ先に叩く人たちがこういっているのが今の日本のファンなわけで・・・・。

ちなみにオーストラリア代表ってのは選手がある程度固定化されていてやっと若返りに成功したとみられているわけだ。
それまでは高齢化していた選手をずっと使い続けてみたわけで仮に日本が似たような状況になったとしても決して悪いことではないはずなのである。
それは日本の選手の最高齢が遠藤であったはずだがその他の選手だってせいぜい次の本番時に34歳にもなっていないんじゃないかな?(遠藤は除くだが)

おいらは個人的には代表ってのはワールドカップに向け選手を使い続けて育てる場所ではなく 常に一番強いチームを作っていってワールドカップを迎える際にはその時強気チームを作って戦うべきだと思っている。
したがって年寄りでもいい選手がいるのにあえて若手を使う必要などどこにもないと思っている。
これならば負けた際に言い訳はできないだろう?

敢えて若手を使って負ければ力不足だったと言えるかもしれないからね。
代表は負けてはいけないというのが持論だからな、おいらはw。

ちなみにアギーレを擁護しているように見えるかもしれないがUAE戦は負けではない。(公式には引き分けであるからね)
アギーレが負けたのはブラジルとウルグアイだけなのである。解任派八百長問題であって成績が理由ではないのである。

そうそう、開幕戦をいくつか見たけれど宇佐美はやっぱり微妙だわ。
シュートを外した後悔しいのはわかるがそこで余韻に浸りすぎだろう。
試合はその後にすぐに展開しあっという間にガンバのゴール付近にいっているのにようやくそろそろと戻っている姿を見るとこいつは悪い意味で変わらないだろうと思えて仕方がない。
同時に誤審が多く出ているわけだが、簡単に笛を吹く日本ではいい選手と評価されても笛がなかなか吹かれない海外ではこういう切り替えができない選手はやはり評価されないのも仕方がないと思うし 逆に言えば日本の審判が簡単に笛を吹くことが日本の成長を止める要因になっていると思うわ。

日本がACLで弱いのは審判の笛によって選手の判断力が海外の選手と違うためじゃないかとさえ思える。

Jリーグの審判団が反則を厳密に取るという姿勢はある意味悪くはないはずなんだが おいらには現実的にそういう姿勢が日本を弱くする原因にも思えて仕方がない。
選手はシミュレーションばかり上達するんじゃないかしら?

そうそう、ハリルホリッジw。
どういうサッカーを見せてくれるか楽しみで仕方がないが基本的に強いチームを作ることを期待するわ。
おいらはアギーレは間違っていないと思っているので同じように作ってほしいという思いがある。

ファンの中には選手の入れ替えを期待する声があるようだが アギーレは少なくてもベンチのメンバーを大きく入れ替えてきていた。
そのうえで試合に勝つために必要なメンバーを使っていたとおいらは評価している。
上でも書いたが、おいらは常にその当時一番強いメンバーで試合に臨むことが一番求められることであり そこには年齢や世間的な評価よりもその時期戦えるメンバーを選ぶことの方が大事だと思うからね。

大事なのはワールドカップに向け選手皆が精進し強くなることであってよりいい選手を押しのけて代表に選ばれ成長させてもらうというような消極的な姿勢ではいけないと思うのだ。
若手には代表の座ってのは実力でつかんでほしいと思うね。

上にも書いたがファンの声の多くは自己矛盾しているだけである。

この状態で日本人代表監督の招聘など夢のまた夢だろう。
日本は今の力では必ずある程度負けるのであり 負ければ騒ぐのがきゃつらである。
今現在、日本人で代表監督をやりたがる人はいないと断言しておく。
スポンサーサイト