| Admin |
代表関連の話は尽きないねぇw
2015年01月29日 (木) | 編集 |
おいらの話は完全に毎日重複しているがサッカー関連の話は面白いよねぇ。

オーストラリアの人たちの多くも日本のファンと同様でその場の雰囲気に流される人たちのようだ。
昨年行われた日本とオーストラリアの試合のことなど忘れて日本が過大評価されていると言いたい人たちもいるようだわ。
オーストラリアは決勝に進出しいまは嫁を持てているわけだから気持ちはわからなくもないが冷静に判断してほしいと思うわw。
日本の高年齢化を心配すればオーストラリアだって圧倒的な得点源であるケーヒルの年を心配するべきだわ。
ケーヒルなしでオーストラリアがここまで来れるのかとねw。

この記事のコメントで相変わらずアギーレ続投派に食いついてくる解任派の声があった。
全く議論にならないと思う。
シュートチャンスを作れることに体力的問題を見いだせない人たちに対しこういう人たちはチャンスを作るのに疲労は関係なく単にシュートには影響するとかんがえれる人たちなわけだ。

ココを見る人にはおいらがアギーレ続投派でアギーレの失点を見いだせない人間だという事はご存知だと思う。
アギーレ就任以来負けたのは(得失点で)ブラジルとウルグアイでしかなくザック時代もこの両者には勝っていない。
UAEの敗戦も同店でのPK戦でしかなくワールドカップ予選には引き分けが存在するのでただの引き分けでしかない。
ザック時代にはワールドカップ予選で北朝鮮やウズベキスタンという格下に負けていることを考えればまだ問題ないと言ってもいいと思う。ザック時代にはアジア以外の格下にも親善試合で負けていることも忘れてはいけない。
アギーレにはまだそういった汚点はないのである。
何度も書いているがアギーレの解任が八百長問題ならおいらも仕方がないと納得するが現状での解任派不適切だというしかないし、解任となればそもそもそういう人間を代表監督にした任命責任は追及されるべきだろう。

話を戻すが個人的に興味深いコメントがそこにあった。

森本がセリエAで活躍すれば代表のFWは当分安泰に思っただの宮市の話でウイングは当分安心できると思ったこともあったというのがあったのだ。
日本のファンらしいコメントである。
おいらがそう思ったことは一度もないw。
自分の目で見て安心できなければ信じないし例え今好調でも継続性を確認しないことには決してそういう判断はしない。

このコメントが日本人(だけではないかもしれんが)のらしさが表れていると思う。
メディアの報道に簡単に動かされてしまうという部分が良く見える。

そもそも代表戦に関して言えば普段サッカーを見ない人たちでさえ大きな関心を示すものでありサッカーを知っている人もそうでない人もいるのは皆が招致していると思う。
したがってこういう試合内容に一喜一憂し時にコメントが荒れるのは仕方がない。

おいらが今思うのはアギーレ続投派は代表の成長を考える人であり解任派よりも長いスパンで代表を見れる人のように感じる。
解りやすいのが先の敗戦で個人攻撃をしもう呼ぶなというのが解任派であり、負けたから問題視されるアギーレ批判をしている層である。選手を個人攻撃するのは選手の能力を否定していることで今後代表に呼ぶなということだが、一方でアギーレのターンオーバーをしないせいだと言っているのである。
これによって選手は疲労が抜けずシュートをミスったとしているのである。
面白いだろう?味方によってはこれほどおかしなことはない。
ある意味疲労のせいにするってことは疲労がなければ決めていたかもしれないと思っているのだ。
であるにもかかわらず選手は今後呼ぶなといっているのである。疲労が無ければ決めていたといっているのにであるw。
大抵のアギーレ解任派は選手の入れ替えも望んでいる。
訳が分からないw。
疲労が原因なら疲労がない状態でプレーさせれば決めれると自分で言っているのではないのか?
不思議だろ?

一方でアギーレの続投を望む声は敗因は選手がシュートを外したからだと言いながらこれと言って選手の入れ替えを望む声が少ないように思う。
解任派と全く違う結果ではないか?
アギーレの戦略や戦術でいいよ、選手が外しただけといいながら 外した選手の交代を望む声が少ないんだ。
おいらもその一人だがたまたまそういう日だったからと受け流しているんだな。
シュートチャンスを作ったことに価値を見出しシュートを次は決めてくれよというのがアギーレ続投派の声だとおいらは思っている。
また、続投派がこうなる理由の一つは今選ばれている代表選手が間違っていないという思いがあると思っている。
武藤や豊田はJでも得点王を争った選手で実績的に決定率も悪くはないのである。
こういう選手を選び使う事に問題を感じないのである。

一方で選手を入れ替えろという人たちは何を基準に選手をどう入れ替えれば納得するのか全く理解ができないのである。
ある時は日本は選手層が薄いと言いながら大幅な入れ替えを望むというのである。
選手層が薄いのに大幅に入れ替えれば彼らが言う下手くそばかりになってしまうように思えるのだが、矛盾を感じないようなのだ。

おいらなどは選手のお幅入れ替えにも別に抵抗はないが 反面でアギーレの解任には大いに問題を感じる。
理由はアギーレのやりたいサッカーに可能性を感じているからだ。
アギーレのやりたいサッカーってのは本来の日本人のプレースタイルに適していると考えれるのである。
日本の特色として海外の監督が良く言う言葉が日本は技術的にしっかりしていてプレーのスピードが速いというのがある。そして前からの早いプレスを評価してきているのである。
一方で身体面では日本の弱さも指摘しているのだが、そういう事を考えればゴール前で跳ね返すプレーよりは前からプレスをかけできるだけ前でボールを奪いに行く今の戦法は理に適っている。
また突破力がないという点や決定力がないという面でもカウンターで相手ゴール前に人数が揃う前にシュートに行こうとするシステムも日本に適していると思うのだ。
今大会でも得点面では実績は残せなかったが相手にチャンスを作らせない戦い方ってのはやれていたんじゃないかと思えるのである。
それは負けたUAE戦でも最初にミスは出たが試合を通してみればできていたように感じる。
結果がスタッツに表れていると言えるだろう。

ちなみに解任派の考え方にはおいらは合理性がないと思う。
上でも書いたようにアギーレのせいと言いながら まあ選手層が薄いと言いながら選手の大幅な入れ替えを望むなど意味不明である。
また次期監督への期待がよりによってザックが一番なのであるw。
先のワールドカップで惨敗した艦とをまだ使いたいというのである。
おいらの個人的な評価ではザックは人間的には素晴らしいのだろうが代表監督としての能力は期待できないと思っている。クラブチームなら違った評価はできると思うが・・・・。
ちなみにザックは不思議な人で就任直後は圧倒的に強かったが指導歴が長くなれば長くなるほど成績が落ちていった監督である。
何故評価されるのかまったく理解ができないw。
まぁ本田のトップ下を理想とする人たちにはザックは神様なのだろう。
しかし本田はFWのほうがよりふさわしいとおいらは思う。

アギーレがダメな場合は日本をよく知る外国人 とくにネルシーニョのような人を選ぶべきだとおいらは思う。
クラブチームで相手選手を良く知る機会を持ち日本人のメンタルも知っている。
そのうえでチームに合わせた戦い方を作れる存在として実績もあるからだ。

おいらの見方では次期監督候補にザックを挙げる層は基本的にアギーレが何をやってもアギーレが嫌いなのだと思うw。

おいらはアギーレがザック時代の選手を呼んだところでザックの遺産などという事を全く思わない。
なぜなら選手の使い方や試合の仕方が全く違うからだ。
ザックは日本で一番国際試合で点を取っている岡崎をサイドで使い本田をトップ下で使っていた。乾や清武はベンチにいることが多い選手だったがアギーレは試合で使っている。
これをザックの遺産などと思うは間違っている。
大事なのは選手の使い方であって同じ選手を使っていることではない。
モイーズ時代のマンチェスターユナイテッドを考えれば納得がいくはずだ。
選手は同じだが勝てなくなったではないか?

逆もありうるわけだ常に下位にいた千葉が躍進したなど選手は同じでも指導が違えばチームは変わるのである。

ちなみにザック時代に本田が途中交代したことがあったか?
いくら出来が悪くても替えなかったではないか?本田が疲れてようがそこをメディアが書き立てただろうか?
八百長問題で世間の関心を引いているアギーレだから書かれているんじゃないか?というしかない。
遠藤は毎試合途中交代をしていたし乾も代わっていた。
アギーレになってすべてに先発した選手は森重しかいないのだが?
公式戦ではずっと一緒だったってのは勝ちにこだわったからだろ?ってのは否定しない。
ただ、おいらは負けた試合でもやれていたと思うのだが 人によってはチャンスは作れても外しまくったのは薄い選手層だと言いながらターンオーバーをしなかったアギーレのせいだという。
おいらはチャンスが作れるほどの体力があればシュートは決めるべきだと思うし体力的な問題はなかったと思う。
まぁアギーレに更なる逆風になったのは後半終了間際に長友が故障したことで体力的なもののダメージがクローズアップされてしまったが、35本のうちのシュートを決めていれば90分で試合を決めれていたはずでしかない。
場合によっては長い時間ペースを落とせた可能性さえあるのである。
外した選手を入れ替えろと解任派も口にしているように選手の責任があることは間違えないが選手が決めて勝っていたら?今のような論調になっていなかったとおいらは断言する。
正直それ以上に圧倒出来た試合をした事実よりも負けた事実にとらわれ過ぎていると思う。
評価のたかかったUAEにああいう試合ができたことを何故評価できないのかが不思議でならない。

まぁ本当に言いたいことは上の方で書いた解任派の思考でいいのか?ということだわ。
疲れていたからシュートを外したのなら疲れていなければ決めれたってことだから選手を代える必要はないだろう?選手層が薄いと言いながら選手を代えろもおかしい。
おいらには彼らは自分の気に入らなかった試合をしたから監督を変えろ、選手を代えろと言っているだけでしかない。
日本代表が強くなっていくことよりも自分が気に入るかどうかが大事でしかないのであるという事である。
ある意味では勝ちさえすれば文句も抑え気味にできるが負ければこんなものでしかないってことだな。
おいらは代表は勝たなければいけないというのはこういう扱いになるからでもあるのだ。
だからある意味解任派がこういう意見を書くことにも全く問題を感じていない。
とはいえ、個人的にはそれは正しくはないと思っているだけである。
いい試合をして負けたときは負けても褒めてやればいいしどうしようもない試合で勝った時は厳しい批判をするべきだとおいらは思う。
スポンサーサイト