| Admin |
負けちゃったね
2015年01月23日 (金) | 編集 |
日本代表がUAEにPKで負けてしまいましたね。

まぁ仕方がないでしょう。

マジでこの大会の代表はおかしかったですから。

正直グループリーグから相手にチャンスらしいチャンスを作らせない反面、ゴールが奪えない傾向があったわけで この試合でもそれこそ唯一のチャンスをものにされてしまったことから苦戦が始まったと思いますよ。

決定機を決めていればこの試合だって4~5点とっていてもおかしくなかったわけで武藤のヘディングや豊田のヘディングしかり決めるべきときに決めていればということですわ。

FKのキッカーに関してもこの試合でも多くを本田が蹴っているわけですがこと代表に関して言えば本田は得点につながるキックをたった二本しか蹴っていません。
その上であのようなコーナーやPK戦でのキックのようなものはミランでもやっちゃってますしね。

香川にしても最後のキッカーになったわけですがドルトムントに戻ってからもそうですがかつての香川と今の香川の違いとしてどうにも人のいるところに蹴ってしまう傾向があるように思うのです。
んでもって人がいないところといえばゴールをはずすと・・・・。

おいらは代表は結果にこだわるべきだというのが主張ですから この結果ははっきりいって残念としか言いようがないわけですわ。
試合には負けましたがシュート数やポゼッションは圧倒しているわけですから延長になった瞬間は勝ちを確信したんですが不運というかそこで長友が故障しちゃうわけですから ある意味日本には完全に運が味方しなかったと思うしかないでしょうね。

アギーレの解任論なんてのが出ているわけですが 基本的に解任する理由がないと個人的には思っています。
なぜかといえばザック時代に比べて圧倒的に守備のリスクがない試合をしシュートまで持っていけているわけで これを弱くなったと感じる人は試合を見ているのか?と思うわけですよ。
ザック時代のいいときでさえシュート数が圧倒的に少なかったわけですから数が打てることが悪いはずはないでしょう。
いいときの華麗なパス回しなんていう人がいるかもしれませんが実際にはそれほど華麗なパス回しはなく単にシュートが打てなかったとおいらは思っています。

まぁアギーレの八百長問題に限っていえば大きなリスクにはなるかもしれませんがそれと監督としての手腕はまったくの別物です。

おいらは代表は勝たなければいけないという主張を変えるつもりはないですが、負け試合でも今日のようなシュートも打てていてピンチらしいピンチが少ない試合をしている分には 圧倒的に押しながら負けることも これがサッカーだ と思うしかないでしょう。
まぁ選手には決めるべきときに決めることが大事だと改めて感じられた試合と思うしかありません。

次のワールドカップ前のコンフェデの出場権がかかった大会という面では勝てなかった代償は小さくはないと思いますが、ある意味アジアカップでワールドカップ予選でも本大会でもないわけですから。

長友が故障したのも日程的な面があると思うし D組に入ったツケが出たんじゃないでしょうかね。

正直、今日に関してはこの試合の前に行われたイランVSイラクの試合でもイランの選手がいらないファールをやって前半で10人になり まぁそれでもがんばってPK戦までいったわけですが敗れてしまった流れのようなものがあったんじゃないかとさえ思いますよ。
アジアでトップを争うイランと日本がこの日に負けちゃったわけですからね。

一番残念なのは負けると次がないってことですかね・・・・。せっかくの代表の試合が見れるチャンスが減るのは一番残念なことですわ。
スポンサーサイト