| Admin |
あくまで個人的な考えだが
2014年12月14日 (日) | 編集 |
選挙の日です。

そろそろチャンネルを変えますが池上さんの選挙速報を見ています。

応援したい候補がいないのですが・・・という質問に公約の位置内容だけを争点に選ぶとかこの人だけは嫌だという消去法で選ぶということを氏は言っておりました。

しかし個人的にはそれでいいはずがないと思うんだよね。

理由はいくつかあるがまずは政党政治である中で党議拘束などというものもあり必ずしも公約が実現できないという事実を考える必要があると思うんだよね。
更にいまの選挙では勝ってしまえばどういう思いで入れた票だろうと自分もしくは自分たちが信任されたと思う政治家がいかに多いかと思えば政策の一つ一つの議論を無駄にしかねない今の政治の在り方や投票システムはこれでいいとは思えないのだ。

アメリカのように二大政党のどっちかに票を入れるというものにしたって決して正しい状況などとは思えないが 日本のように与党に反対することを仕事に感じている日本の政党もろくなものではない。

第三極などといわれた政党の是是非非も場面場面では有効かもしれないが結局は自分たちの思惑の前には反与党でしかない場合が多いと感じる。

仮に選挙で勝つことで政治家が選ばれているなら 野党は自分たちへの支持が少ないという事実をもっと感じるべきだと思わずにいられない。
与党を批判することは構わないがじゃあそれを訴えている自分たちが前回の選挙でマイノリティーだったことを自覚してほしいと思うのだ。
少数政党が声を大きくして与党を批判するのが目につき自分たちが批判している政党の代表が自分たちよりも票を得ている事実に正面から向き合っていないとしか思えないのである。

まぁそういうおいらは自民党が中では一番まともっぽいとは思いつつも自民党が信頼に足る政党とは考えてはいない。

安倍総理はマシな総理だがそういう彼であっても約束を反故にすることもあれば自分の思いとは違う事を進める人物でしかないからね。
そこには総理だけの考えで物事が進まないという問題もあるかもしれないが、自民党とはある意味そういう政党だと思うんだな。
だから本来なら民主党が政権を取った際に違う政党になってほしかったっていうのが個人的な見解であり そうはならなかったことが自民党の限界であっておいらが自民党を支持しない理由である。

とはいえ、大枠の問題では決して自民党のすべてを不支持としているわけではない。
原発やTPPの問題では確かに反対だが 健保改正や今の中韓に媚びない姿勢などは評価している。

ただただ古い自民党の癒着などの体質改善ができない点が嫌いなわけですね。
安倍総理に対しても基本的に経済優先で大企業に甘いという点は決して支持できないんだけども 反面、そうはいっても今打てる手を考えたときに学者や官僚が打ち出す方法では仕方がないのかもしれないのだが・・・。

まぁそうはいっても日本の政治がおいらが生きているうちに変わるなんてことはおそらくはないのだろうけど・・・。

大事なことなんでもう一回言っとくと、少数政党さん 与党批判もいいけれど自分たちを支持してくれた人の数もしっかり認識するべきだと々言っておきたい。
スポンサーサイト