| Admin |
チラシの裏ですが
2014年11月23日 (日) | 編集 |
フットブレインで西村審判員が自身のジャッジの正当性を訴えていたが個人的には異論がある。

文言の解釈で言えば彼は正しいのだろう、そのことはワールドカップの時にも書いたが それはあくまで解釈でしかない。
大事なことは世界基準でどうみられるかという点だろうとおいらは思っている。

勿論、見る目線で判断が違うのは当たり前だが 肝心なのは多くのサッカーファンが納得するかどうかが大事なことだとおいらは思うのだ。
彼の言うように相手を抱える動作があるかどうかなどと言う視点でいえば 本来ならほとんどのCKやFKはファールを取らなければいけないものになるだろう。
少なくても強い高校レベルにもなれば相手選手に対してユニフォームを引っ張ったり一瞬でも相手の動きを遅らせるための接触などは当たり前のようになっているはずだ。
当然、上のレベルではあって当然のものでキッカーが蹴る前に注意をするシーンを何度も見るわけだがそれでやめるような選手はあそこでプレーしていないだろう。

ある意味言い換えればどこまでファールに対し許容力があるかということといつでも同じレベルで笛が吹けているかが大事であって西村氏の言う点など全くいい審判の条件だとは言えないとおいらは思うのだ。

ちなみに、彼に関してはACLの決勝でも笛を吹いたらしいのだが当然のようにクレームがついている。

個人的には南アのブラジルとオランダの試合の時のレッドにしてもおいらとしては公平性という点で問題があったと思っている。
確かにファールでレッドを出した点にのみ言えば正しいことだと思うが、残念なことにブラジルの選手の奥にあそこまでストレスを与えたのは彼のオランダのファールに甘すぎるジャッジのためによるものだとおいらは思っているからだ。
おいらは彼が日本に帰ってきてからのイメージでのシミュレーションでああいう状況でのファールを想定していたという事に対し非常にムカついた記憶が今でも残っている。
シミュレーションをすることを批判したわけである。
そのことで審判がシミュレーションをすることは悪くないという声も頂戴したが おいらとしては彼がシミュレーションしたこと以外のこと(この場合ではオランダがファールでブラジルを止めるという選択だな)に対して甘いジャッジになったこととシミュレーションをしていたことが起こったこと(レッドカードが出せた)ことってのは無関係ではないと思うからである。
おいらとしては稀がオランダがファールで止めることを続けた事に対し西村氏が正しいジャッジを行えなかったために彼がシミュレーションしたことが起こってしまったと思えるからである。
言い換えればオランダのファールに甘くブラジルのファールの厳しい印象があったと思えるわけだ。。。。
結果的にシミュレーションをしていたことでこういう事態が起こってしまったと言ってもいいと思うのだ。
これがレッドを出したシミュレーションってのがブラジルに限らずオランダの選手に対しても同じだと言えるのなら悪くはないがオランダのファールに対しカードが出てもおかしくない場面が多数あったと思う人からすればブラジルのファールに対してのシミュレーションとしか思えないわけだよ。
だからこのシミュレーションが試合に対し悪い影響を与えたと思っているのである。

ちなみにだがメディアはワールドカップなどの国際大会で笛を吹く彼に対し決して悪くは書かないがJリーグを見ている人たちからは決していい印象は受けていないというのは彼らの彼への悪口がいくらでも見れることでよくわかることだと思よ。


話は少しズレルガアギーレが個の二試合でメンバーを替えザックジャパンの時のメンバーを多く使っていることでザックの遺産などとのたまう人が結構いるようだが全く意味が違っていることを知るべきだと思う。

まずは大事なのはメンバー云々ではなくどういうサッカーをしようとしているかが大事なわけでメンバーが同じとか違うとかっていうのは全く意味がないことだと知るべきだ。
ガンバがいつも優勝候補だったものが勝てなくてJ2に落ちたことや今季セレッソの評判が高かったがJ2落ちの危機に陥っているが そこでもわかると思うのだがメンバーが同じだろうが変わろうがどういうサッカーをするかが一番大事なのだと知るべきだ。

おいらは代表ってのはすべての試合を勝たなければいけないと思っている。
リーグ戦などでは優勝することが大事なわけでそこでは引き分けや負けるという結果がでても構わないと思うのだが代表戦ってのは基本的にはすべての試合を勝つ義務があるものだと思っているのだ。
まぁあくまでも表面上はであるが・・・・。

表面上でなければそもそも今の代表の環境で各上のウルグアイやブラジルと試合をすること自体が無謀でしかないからね。ただでさえ相性の悪い南米勢でありそのうえで特に個別に対応した戦い方をするでもないわけで勝てっていう方が全く無謀としか言いようがないということだわ。
日本らしくってのはおいらも必要なことだがバカみたいにどこに対しても同じように戦おうとするのはただのバカにしか見えないということも一応言っておく。
相手によって戦い方を変えれるぐらいには日本はなる必要があるという事だわ。
日本がポゼッションできるチームと相手にポゼッションされるチームを同じように戦うのもバカだと思うし同じように日本がポゼッションできるチームでもカウンターの精度があるチームとそうでないチームを同じように戦うのもバカだろう?

そういう柔軟性を持てるチーム作りができるかどうかが重要だとおいらは思っている。
ザックも当初は成績が良かったが夢を持つにしたがって弱くなっていったように感じる。
一つにはザックが来た時期がヤバかったかもしれない。
イタリアは当時南アで一勝もできずに帰ってきたわけで改革を望む声が多かったわけでアジアにおける日本ってのはポゼッションできるチームでありザックは嫁を見てしまったんじゃないだろうか?
おいらは本来日本っていうチームは失点しないことで戦うべきチームだと思っていてイタリア出身のザッケローニには守備の大事なことを日本に与えてほしかったのだが結果として失点癖だけは残していってくれたように思う。

ちなみに元代表の宮本氏はメンバーは同じでも早く攻撃をするという点がアギーレ氏とザックの違いだと書いているようだね。
その点は全く否定はしないがおいらとして最大の違いは守備の意識だと思っている。
アギーレジャパンの試合すべてがそうだったとは言えないが基本的に前からの早いプレスを意識していることは間違いがないとおいらは思っているのだ。
ちなみにだが2010年の南アに向かって岡田監督が掲げていたのも早いサッカーだったはずだよw。
少ないタッチで前につなぐ問い目標だったわけでそれがうまくいかずに本番で全く違うサッカーになってしまっただけである。

ついでにザックジャパンでもやっていたという人がいると思うし実際にできていた試合はあったと認める。
ただ、おいらは以前にも書いているが残念ながらそういう試合が連続してできないことが問題だと書いている。
そう、良くても当時は二試合しか続かなかったのだ。

おいらとしては宮本氏の指摘は間違いだとは思っていないが本当に大事なことは攻撃面よりも守備なのだという感想なんだな。
おいら個人の気持ちではショートカウンターが点を取る上で有効だというのも理解しているがアギーレへ一番期待するのは守備である。
前からの守備ができる副産物がショートカウンターだとおいらは思っているのだ。

日本のDFに人材がいないという声があるが ならばこそ余計に日本は前からの連動した守備をすることが求められるしそういうサッカーをやる分には 日本のDFは悪くないとおいらは思っている。
海外のDFをして日本の選手と比べたって体のでかさに関しては日本は元々不利なわけだが連携した守備を考えたときに不足があるとはおいらは思ってはいないのだw。

ブラジル戦でも日本は前からプレッシャーをかけようとはしたわけだが躱され続けるうちに踏み込みが弱くなりボールを持った選手が自由にプレーできたことが失敗だったと思う。
そのためにボールを出した選手がポジションを取り直し再びボールを受けるようなシーンが非常に多かったように思う。
もう一歩の踏み込みができていればボールを出した後に容易にポジションを取りなおすようなことが簡単にできずにいたのではないかと個人的には思うのだ。
これにしたってオランダでさえファールをしてでもそうやったということなんだと思うんだな。。。
ブラジルが韓国とやった時も同様でプレーが汚いという人もいるだろうが結果は0-1だったように思うんだな。
おいらは代表はすべて勝つべきという点では本来選手は新全試合でもガツガツいくべきものだと思うのだ。
親善試合だからといって相手チームに気持ちよくプレーしてもらっているようじゃ結果に拘らないという日本への問題点を指摘する外国人のいうままなんじゃないだろうかとおいらは考える。

代表は勝たなければならないという点では女子にもそういう気持ちがある中 男子の代表は物足りないというしかないだろうね。
おいらとしては勝つことへのこだわりという点でもJリーガーの奮起(監督が代表に呼んでこそだが)によってチームに競争が必要だと思うから調子のいい選手は呼ぶべきだと思うのである。
今また本田が使われ続けているが悪ければ、また体調管理の面でもほかの選手を使ったり途中交代をさせるべきだとも思うわ。
アギーレになり本田はフルで出続けているしおいらもプレーが悪いとは思わないが、そうであってもそのポジションにもほかの選手は使うべきだと思うね。
それは本田を使うのがベストだとしてもほかの選択肢も準備をする必要はあると思うからである。
怪我や出場停止も見据えれば試合で試すことは重要なことだと思うからね・・・・・。

もう一つ大事なのはザックの時のメンバーが多くなってもポジションが違うという点だな。
トップの真ん中に岡崎がいて本田が右にいるというのはザックと全く違っているだろ?
日本の代表で一番点を取ってきた岡崎をサイドで使っていたのがザッケローニだよ?
ワントップを何人も試してきたザッケローニが岡崎のワントップはほとんど試していないことを考えてもアギーレは全く違うという事がわかるはずだ。

システム変更を途中でしたというのも確かだが4231という人が多いわけだが本田が前に残っていたなら442ってのもありなんじゃね?とおいらは思うんだが・・・・。
武藤なり乾がMFに入り香川が本田よりの右サイドにいけば442というシステムにも簡単になりうるとおいらは思うわけだ。
システムの変更という点ではどっちでも価値はあると思うがザックがしていたイメージで4231という言葉を口にするようでは意味がないとおいらは思うわ。

いつも書くことだがあくまで個人の感想で 人が違う考えをしていたとしてもそれも有りだと思うけどね、100人いれば100通りの見方をするだろうのがサッカーだからね。
スポンサーサイト