| Admin |
セルジオが・・・
2014年10月31日 (金) | 編集 |
育成年代での世界大会に出れない問題を書いていた。

個人的にはおいらも同様の心配をしている。

ただおいらは少し感覚が違っていて人がいないわけではなく協会の選出などに問題があったりしているんじゃないかという思いが強いのだ。
吉武監督がやったU16の戦いなどは実験としてはある意味非常に興味深いのだが、一方で負けている際にもシュートが出ない戦い方などは個人的には問題が多い気がするわけだ。
大事な試合でさえローテーションを重視しエースを控えに置くなどというのがそれにあたるし実際に負けているのにプレッシャーを受ければボールを下げ手^とを打たない姿勢などには大いに疑問を感じるよね。
嫌いではないんだが臨機応変っていう言葉を考えてほしいってのが個人的な見解なわけだ。

U16 が極端な例だが似たタイプの選手を集めて作ったわけだが 普通に考えれば違うタイプの選手もいただろうというのがおいらの考え方であり問題はセレクトと戦術に問題があるんじゃないかというのがおいらの考え方なわけだ。
実際にJリーグが発足してから地方に下部組織ができプロの予備軍的な組織ができ一貫した教育をしている部分と高校サッカーなどでも個性的なチームを作る監督などが現れかつてはどこの県の代表が優勝候補っていうレベルだったものが今やどこの県だって上位に来る可能性があるチームを作れるようになってきているわけだ。
そう考えると日本ってのは若い世代でJの下部組織にたとえ入れなくっても次の選択肢もある育成ができているんじゃないかとさえ思えるんじゃないだろうか。
ただ、実際にはそうであっても世界大会のアジア予選でさえ勝てていないのは個人的には協会によるセレクトとチーム作りがうまくいっていないように思えて仕方がない。
個人的にはもう一つ日本らしい負の面ってのがある気がしてならない。
それはほかの国などでは基本的に個人主義なわけで代表で集まっても自分のプレーってのを考えてプレーするんだろうけど日本の場合はあれこれ考えすぎちゃうことでいわゆるらしさを無くしてしまうんじゃないかと思うんだよね。
これが寄せ集めになった時の弱さにつながる気がするわけだ。

少し話が変わるがセルジオについて言いたいことを言うだけ、批判しているだけで責任を取らないなどという人がいるが基本的にそれは間違っていると思う。
ああいうジャーナリストってのは意見を言える場所を確保することが大事なわけであまりに見当はずれであれば意見を言う場面やそういった話自体がそもそも取り上げられなくなることが ここで言う責任になるんじゃないだろうか?
例え成功したって好きなタイプ嫌いなタイプってのは当然あるだろうし厳しい意見をいう事は決して間違っているというわけではないはずである。
現にある意味テレビの解説などで呼ばれ続けているわけで一定のニーズはあるってことだろう?
それにセルジオを批判する記事が出るってことでそこにコメントをする人たちは少なくても内容を読んでいるアンチという名のファンだろうw。

個人的には代表戦だって前にも書いたと思うがブラジル戦ではアギーレジャパンを批判していた人たちはいるが そもそもブラジル相手の最近の試合はザックジャパンだって同様にコテンパンだったわけである。

対ブラジルで考えれば過去の代表のほうが今よりいい試合をしていた時代があったわけで単純には比較できないがブラジルから見れば日本だ世界的に強くなっていようがお客さんでしかなくその気になれば楽に勝てる相手ぐらいにしか思っていないところにきて当の代表選手はいい試合ができる気になっていることが本当の問題なんだと思うけどね。

おいらの考えではかつての代表がいい試合ができたときってのはおそらくは今よりも球際が厳しく行けていたからだと思う。そのためには引いた試合になっていたかもしれないがサッカーってのは基本的に点が入りにくいスポーツで失点をしなければ負けないんだよね。

おいらが今の代表がやるブラジル戦が本気で勝つ試合をしていないと思うのは失点をしない覚悟が足りなく見えることと引いて守ることに否定的な姿勢にあると思っている。
例えヨーロッパの強豪といい試合をしようとブラジルは日本にとっては特別なチームだと気付くべきだと思う。
もっとも前にも書いたがヨーロッパの本当の強豪でさえ親善試合ではいい勝負をしたとしても大会でぶつかれば日本には勝ち目がないってのがおいらの評価である。
新全試合は力試しの場でしかなく大いに研究し対策をもって戦う試合ではないということだ。
強豪がなぜ特別化と言えば大事な試合では負けないから強豪なんだとおいらは思っている。
ワールドカップで常に上位に行くチームですらブラジル戦などはディフェンシブに戦うという事を日本はもっと真剣に考えるべきである。

話をユース世代に戻すと協会はもっと真剣に勝つための方法ってものを考えるべきだと思う。
年代によってはクラブの問題なども出てきて選手がそろって練習できることにも制限などがあるんだろうけどいろいろと模索しやってみるのは協会にしかできないことだと思うけどねぇ・・・。

代表よりクラブチームが強いと言われるスポーツなわけで選手をただうまいから集めるで勝てるわけではないってことをもう少し理解すべきな気がするなぁ・・・。


まぁ10人いれば皆考え方は違うんだろうけどねw。
スポンサーサイト