| Admin |
きょうもブラジル戦の記事があった。
2014年10月16日 (木) | 編集 |
今日の記事はアギーレの433システムはもうだめ?っていうやつw。

まーだ日本人はブラジルっていうチームを解っていないと思う。

彼らにとって日本っていうチームはカモなんだよ。
ロナウドがそう言ってるだろ。

日本は行儀が良く危険なプレーをそうそうしてこないわけだ。
日本のサッカーファンにはブラジル好きが大勢いてリスペクトしてくれるから試合をしてもブーイングもない。
むしろブラジルが点を取ったら喜んでくれるような国のチームなわけだわ。

韓国ではネイマールへの厳しいチェックが合ったりして1-0の試合をしたわけだ。
日本人はカンフーサッカーとして韓国を非難しているが本来ああいう事をしなければブラジルとは叩けないことを我々は知らなければいけないんだな。
2010年にはワールドカップでオランダはいくつカードが出てもおかしくないほどのファールでブラジルを止めた。
これがブラジルとの戦い方の一つなんだわ。
ちなみにおいらはこの戦い方でオランダを批判しブラジルびいきであるわけだが。
勝つつもりならこれほどの特別な戦い方を心掛ける必要があるという点では認めるしかない。
恐らくはドイツだってスペインだってブラジル戦となれば一点もやらない特別な覚悟をもって戦っていると個人的には思っている。

ところが日本はと言えばいつも通りに自分たちらしくと試合をしては大差で負けている。
それをメディアは何の不思議にも感じていないのだ。

だからシステムに問題があるんじゃないかとか あの選手ではダメだこいつなら行けたんじゃないかとかいうのだろう。

違う!根本的にブラジル戦用の戦い方をしなければ何度やっても同じだと知るべきなのだ。

日本がヨーロッパの強豪といい試合をすることはあるが おいらは基本的にはまだ大きな差があると思っている。
そこは技術云々もあるが強豪と言われる国の本番での負けない姿に違いがあると思っている。
彼らはそれこそ自分たちらしくなんてやっていたら日本同様にブラジル相手にけちょんけちょんにされるだろうが 本番ではしっかり対策をし勝てるところまで戦術を固めた戦いができるから強豪と言われる国になってきたんだと思うのだ。
仮に親善試合では日本といい勝負をする国であってもおそらくは本番で日本と戦えばほぼ間違いなく日本は勝てないと想像させるから強豪安打と思うんだな。
そして実際にそういう戦い方ができるんだ。
彼らをもってしてもブラジル戦ってのはおそらくは特別なわけだよ。

なんで日本が素で戦おうとするのか理解できないのが正常な感覚だとおいらは思う。
ブラジルにとって本番以外の試合のほとんどは興行でしかない。
勝つにしたって1-0でも4-0でもあまり関係がないとおいらは想像する。
層である中で日本戦ってのは身に危険を感じずに気持ちヨーク試合をさせてくれるから何点でも取りに行こうという気にさせてくれる相手なんだと思うわけですよ。
だからいつも以上に余裕もあるし結果もついてくるんだわ。

おいらは戦う姿勢と書いたが、仮にシステムでいうならブラジル戦は631でもいいぐらいであると思う。
勝つ気があるならだが・・・。
実力テストなら433でも構わんがね。

まぁ要は特別な相手だということを理解する必要があるという事だ。
そもそもブラジル最大の輸出品はサッカー選手と言っても過言ではないだろう。
どのリーグだってブラジル人なしにプロリーグが成り立たないと言っても大げさではないだろう。
ブラジルってのはそういう国なわけだ。

それでもブラジルはワールドカップで5回しか優勝していない。


点はブラジル人にサッカーセンスを与えたが同時にルーズな性格も与えている。

おいらが知る限りでは海外で活躍するブラジル人がオフでブラジルに帰り戻るのが送れることもしばしばだし 中にはその間にぶくぶく太る人もいるわけだ。
ブラジル人がドイツ人ほど真面目ならワールドカップで10回勝っててもおかしくないと思うね。

前の記事でも書いたが日本人はブラジル人と直接比較してはいけないと思う。
サッカー選手が重要な輸出品になる国なわけで比べても意味がないんだ。
日本人はブラジルに勝つこともできるかもしれない国の選手と自分たちを比較することが大事なんだと思うぞ。

例えばヨーロッパの競合が一番わかりやすく、ワールドカップ予選で戦う南米チームもどのチームであってもホームなら勝つ可能性がないわけではないだろう。
ある程度戦う機会も多く体に染みついている対策的なものもあるんだろうね。
結果的に南米のディフェンスはどの国であっても厳しものを身に着けている。

メキシコなんて国も格下相手に苦戦もするがブラジル相手でも堂々と戦える国だろう。
日本はこういう国からもっと学ばなければいけないのだ。
ちょっとヨーロッパの強豪といい試合をしたからと己惚れずに いい試合ができたのは単に日本が強豪国ではなく対策をして戦うほどの国ではなかった結果に過ぎないことを自覚する必要があると思うのだ。
まずは日本も少しは研究し対策をされる中でいい試合ができるようになる国になることが必要なことだろう。

そのためには少なくても相手に応じた戦い方ができる国になる必要があるとおいらは思う。
この事は同時にアジアにはアジアと戦うスタイルで戦い、強豪には強豪と戦うスタイルで戦える国になる必要があると思うのだ。まぁぶっちゃけスタイルに拘らずに勝ち続けれる国になることが大事で こういう戦い方とかに拘って戦うとか必要ないからとにかく勝ち続けることが求められるってことだわな。

これは先日ブラジル代表監督になったドゥンガが日本について語った記事でも書かれていたが日本人ってのは勝つことよりも戦った内容に満足してしまう国民性があるというのがある意味適格な気がする。
今回のブラジル戦も自分っ体のスタイルで戦ったことに満足し0-4という結果はらしく戦ったから仕方ないよねと思っているようじゃダメだという事だと思う。
強豪国ってのは例えば433とかのシステムとかに拘らずに点をやらないためには全員で守備をすることなども平気でやるし勝てばドン引きでも許されるという気概があるってことなんだと思うんだ。

ザックジャパンでも3バックをやりたかったが日本人は上手くできなかったなどがあるが おそらく日本人ってのはシステムが大事で気持ちが陰に隠れてしまうからなんだろうね。
外国人は点を取られないことが大事でシステムはあとから理論づけすればいいやぐらいだからこなせるんじゃないかと思うわ。
だから今回の敗戦でもすぐに433は崩壊しているんじゃ?なんて記事が出てくるのだろう。

おいらにはブラジルに本気で勝つつもりがあるなら真面目に631でもやるぐらいの気持ちを皆が理解しないと永遠に勝てないように思えるんだが・・・・。
そして631をアジア相手でも同じようにやるのか?などと言う馬鹿な質問がメディアからでないぐらいの基盤が必要だと思うわw。
臨機応変を理解するべしだw。
勝つんなら433でも4231でも343でもなんでもいいわけだよ。
目的は勝つことであって433をすることではないってことを普通に感じれることが大事だと思うわ。
基本が433であったとしても今の選手は基本的に何度もポジションチェンジをするわけで途中でいろいろな形に変化していることを忘れてはいけないんだわ。
4バックだって片側のサイドが上れば時にボランチが穴を埋め4人の形を保つかもしれないが時には3人で穴を埋めるかもしれないわけで押し込まれれば自然に5バックや6バックにちかくなることだってあるだろう。
日本がスルーパスを何度もとおされたことを考えればファールで止めることや初めから低いポジションで人数をかけスペースをつぶす戦術をとることも戦い方の一つだろう。

大事なのはやられまくってるのに次も同じようにやられ続けて平気でいることがダメだと知るべき。
そして最ものびのびやってるブラジル(日本はカモだからね)と自分を比べることなくブラジルと叩けるチームの選手と自分を比べることだと思う。
スポンサーサイト