| Admin |
べネズエラ戦
2014年09月10日 (水) | 編集 |
武藤と柴崎の代表初ゴールが出たことで前戦より明らかに良くなった印象になった。

結果は相変わらずのミスのために引き分けに終わった。

韓国が3-1で勝った相手だが韓国で試合をして日本に来たために時差問題がなく体調的には良い状態で試合に臨めたことだろう。

それにしてもある意味ウルグアイ戦とは違い柴崎が入ったことでとにかくパスがまわったことが大きな違いだろう。
実際は柴崎の効果というよりは単純に意識の差でしかないとは思うのだがウルグアイ戦が最終ラインから単純な縦パスを狙うしかない展開だったものがうまくその前にパスがつながり左右への展開がずっとうまくいっていたわけで大きな違いを見せた。

試合自体は後半に入って柿谷と大迫の前からいた代表FWから武藤と岡崎のコンビに変わったことで活性化したように見えるが おいらには武藤一人の効果という面が大きいように思えた。
理由は簡単だ前の代表の呪縛にとらわれていない選手だからだ。

思い出してほしい。
ヨーロッパ遠征で柿谷と大迫が得点をするまで前の代表はFWが点を取れないのが大きな特徴だったわけだ。
アギーレになって二試合目でFWがしっかりと点を入れたわけだから大きな違いだろう。
また、に得点とも相手のボールを奪った後にまっすぐ縦に突進しそのままゴールに結びつけたわけでこれもパスを繋げて相手の守備が整った中で点を狙うばかりだった代表のパターンからアギーレの得意と言われるショートカウンターでの得点であることも大きな違いだろう。
前の代表なら奪ったボールを本田に預け左右にボールを回して隙ができるのを待っていただろう。

アギーレになったことで早い攻撃への意識が強く奪った選手がとにかくゴールへ向かう姿勢が明らかに違うと思うね。
武藤の得点は自分で持ち込みそのままシュートに至ったわけだし柴崎のゴールは奪ったボールをそのまま前に運びクロスを上げボールを奪う動きに唾下駄柴崎が長い距離を走ってシュートを決めているのだ。その間にパスは2~3本である。
ザックジャパンで本田がタメを作ることが大事だといっていた人間は本田が絡まないでも点が取れることを思い知っただろう。
おいらは常々ゴールに結びつきやすいのは相手の守備が整う前にシュートを打つことだと言ってきたわけでまさにそういうシュートが打てたわけだ。
そしてこういうサッカーこそアギーレが得意とするショートカウンターである。

ただ手放しで喜ぶことはできない。
まだまだカウンターにならないボールのつなぎは上手くいっていないし、失点の場面にかかわるミスの多さは座性出来ていない。
もっともシステムに慣れてくれば多少は減ることも間違いはないと思うのだが・・・。

おいらは本田は好きではないが取りあえず今は上手く機能していると思う。
理由は簡単でミランと同様に右のFWとして使われているからだろう。

本田は中盤で多くボールにタッチすると遅くなるわけでシュートの意識が高いポジションでボールを持ちすぎないことを考えれば個の位置しかないだろう。
それはワントップではどこか違和感を残すが右という配置もいいのだろう。

おいらはこれまでのシステムに当てはめて考えればポジションがない、もしくは違和感を持ちつつやるならFWと思ってきたしボランチを一枚にすることも書いたと思う。
そういう意味ではアギーレのシステムはある意味理に適っていると思う。

もっともおいらは3バックということにも取り組んでほしいと思っている。
理由は失点癖を考えれば現状では3バックのほうが安定すると考えるからだ。
だが、攻撃面ではマイナス面もあるわけで中盤より前でのボール回しがうまくいくようなら3バックはありだと思っている。

おいらとしては本来は細貝などよりパスが出せる選手が好みなんだがアギーレはボールを奪う事に重きを置いているのだろう。所属チームでは細貝はパサーの役目もしているらしいので気持ちに余裕ができれば新たな面も見せてくれるかもしれない。
細貝以外でも田中順也などはもう少し前のポジションが見てみたいしいつだって調子のいい選手をどんどん呼んで使ってほしいと思うね。
武藤の得点などはそういった良い面が出た結果だと思える。

アギーレに関して言えば選手の好みがおいらとは違う印象を受けるのでおいらの好むような選手が呼ばれるか?といえば微妙だが今は期待してみたい。。。。

蛇足だが、ウルグアイ戦の結果で岡田ジャパンやザックジャパンで1-3、1-4で点を取って負けていることでアギーレジャパンを物足りなく言う人がいるが 逆に失点が減ったことも同時に語らなければフェアではないだろう。
確かに何も出来なかった感は別物だがザックジャパンはワールドカップ行きを決めた後の対戦で新チームの初戦と比較すること自体意味がないだろう。
そしてザックが呼ばなかった選手を能力が劣るかのように言った人たちがいるが そんあものはあくまで監督の好みの差でしかないと知るべきだ。
武藤も柴崎もしっかりそのことを証明してくれたと思う。

ミランで本田も得点をしているが それだってザックジャパンにほとんど見られなかったカウンターからの得点だろう?ポゼッションサッカーが悪いというわけではないがバルサの場合はボールを取られた後に奪い返すのが早くぽセッションしながらもカウンターのチャンスも作れるチームであるのに対し日本は相手のカウンターを許すのが大きな違いである。
何はともあれ相手の守備が整う前に攻撃をすることがサッカーでは得点の最大のチャンスであることは間違いなく、その機を生かせるようなサッカーをして欲しいと思うね。

更にもう一つ。
多くの解説者が本田のファーストシュートを褒める中セルジオは枠に打たなきゃ入らないという指摘においらも大賛成である。
シュートの意識を褒めた解説者と同じ打つなら枠にというセルジオの意識の差はあると思うしおいらとしては枠に行かないシュートは打っていないのと同じだという気持ちがあるんだよね。
枠にさえ行けば川島がミスって失点したようなことが起こりうるのだから。。。。。

最後に、解説者に疑問を呈したい。
プロフェッショナルファールだろうとファールを褒めないでほしい。
綺麗ごとかもしれないが子供たちにファールを褒める姿は見せるべきではないというのがおいらの持論である。
ファールをしなければ失点するかもしれないがファールをすればカードが出るかもしれず そのために退場になるかもしれないわけで失点は取り返すチャンスはあるが退場者がその試合で戻ることはないのだ。
カードと引き換えに相手のチャンスをつぶすことを現状では良しとされているわけだがアイスホッケーなど多くのスポーツではペナルティーはその試合中に退場処分が出るのだ。
こういうルールの採用しているスポーツは試合中になんども出はいりできるシステムであるがサッカーだってふりを受けたチームと違う試合にペナルティーが働く今のルールはやはり不公平であり今後にルールがかわるかのうせいだってあるわけだ。
おいらとしてはミスは仕方がないとしてその責任の果たし方をファールではなくいいプレーをすることで取り返すべきだと思うのだ。
マリーシアが日本には足りないという人がいるが個人的には日本人には必要ないと思っている。
マリーシアなどと言う人たちこそ自分たちがやられた時には文句を言う人たちだと感じているからね。
おいらとすれば子供たちに勧めれないことはするな!と思うばかりである。
少なくても日本人にはファールを褒める文化などなくてもいいと思うのだ。
スポンサーサイト