| Admin |
新生日本代表
2014年09月06日 (土) | 編集 |
アギーレジャパンの発進はこんなものか?というのが素直な感想である。

新しいメンバーを積極的に使う姿勢と やっぱり相変わらずな代表の両方を見たし 結果についてもそれなりの結果だったと個人的に思う。

アギーレ氏がまだまだ日本の選手のことをよく知らないのがある意味浮き彫りになったと感じられる選手起用が見れたのがパスがつながらない大きな理由だったと思う。
だが、新メンバーを積極的に使うことについては個人的には大賛成である。
失敗しても一回こっきりの招集に終わらせずに繰り返し使ってもらいたいと思う。

内容も決して良くはなかったが結果だけを見ればワールドカップのまえの試合結果と比べても悪いものではないと思う。

おいらの持論である選手の能力の差なんてのは決して大きなものではないということがある意味結果になったと思う。
いいところがあまりなかったが 中盤にもう少しパスを配給できる選手を入れていれば少しは違った内容にはなったんじゃないかと思う。
まぁ少なくてもミスは別にしてアギーレ氏が得意といわれるショートカウンターの第一歩になりうる早いチェックはザックジャパンよりは機能していたんじゃないかと思う。
もっとも南米のチームは球際がうまいのでしばしば空回りもしていたわけだがw。

個人的には本田はザックジャパンに比べれば良く走っていて守備にもしばしば顔をだし状態は悪くはなかったんだろう。
ただし、相変わらずFKに期待が持てない感じはどうしようもないと思える。
なぜ本田が蹴るのか?というところを絶対に代えるべきである。
シュートでいけるという場面以外では本田が蹴るよりもほかの誰かが蹴ったほうが可能性が高いとおもうんだけどね。
ミランで決めたとしても日本だいひょのFKは全くの別物でしかない。
FKを貰っても全くドキドキしないのである。それでも本田が蹴るのならアギーレ氏のチームも期待薄に感じられる。

まぁおいらとしては前の選手をどんどん使うのはいいことで できればパスが出せる選手と一緒に上手くて買ってもらえばもっと期待できる内容になっていくと思う。

取りあえずの発進は選手起用からは守備に重点を置いた布陣が見て取れる。
森重と細貝がボランチに入り完全に守備の意識の高い起用だろう。

おいらには433の布陣が42121の形に見えた。
4バックの前に2ボランチ、そのまえの左寄りに田中がいて岡崎と本田のサイドに皆川の1トップである。
DFから縦に入るパスの受け手になる人っていうのが見当たらないことでパスの出しどころに困っていた感じがした。
また縦へ切り込める選手が長友だけの印象が強くアギーレ氏が日本の選手をもう少し見ていけば違った形ができてくるように思う。
まぁまだまだこれからでしょ。
少なくてもいいミドルが何本か打たれていたしFWがヘディングでシュートする場面もできたわけで明らかにこれまでとは違う面は見れたと思う。
同じだったのは本田のFKだけだねw。

次は芝崎などが使われるだろうから違う展開も見れると思う。
しばらくは選手がどう使われるか見るのが興味深い。
スポンサーサイト