| Admin |
いつまでも叩かれてるMayJなわけだが
2014年08月19日 (火) | 編集 |
おいらも叩いている人間の一人かもしれないんだがw。

オリジナルも歌ってるんだろうけどやっぱり有名なのがカバーなんだろうね。

おいらの好きなGILLEも最初はYoutubeに日本語でカバーを歌ってたらしいんだけど その頃の評価は悪かったらしい。
美味いけど・・・みたいな。。。。

そこでGILLEの場合は得意の英語で歌う事にしたらしいんだがこれが当たってそれまで多くの人が見てくれることがなかったのが短い期間にすごい数の再生数を得て自分でもビックリしたってのをトーク番組で語っていたという。

また、おいらの好きなつるの剛士もカバーでやってる人なわけだけど 彼の場合は本家とは違うスタイルってのがあると思うし歌う曲も女性の曲をつるのの迫力ある声で感情的に歌っているのが魅力になってると思うんだよね。

MayJは関ジャニ∞の番組のカラオケで知られるようになったわけだけど、おいらはつるのか台湾?の男の子が出てる時ぐらいしか見ないんだよね。

機械の採点で勝敗が決まってるんだけど 観客は正直だと思うんだな。
たとえ負けても歌に涙する人がいるのが印象的である意味MayJが不敗の女王だとしても果たして観客が涙するかと思えばそうではない気がする。

そもそも歌手の曲が売れるかどうかってのは上手いとかだけじゃないでしょ。

声の特徴など結局響くかどうかってのが重要でしょ。

一発屋が出てくるのは声などが曲とマッチしているからでほかの曲を歌ったとたんに売れなくなるのが象徴的なわけだよね。
上手けりゃいいならもっと売れる歌手はいていいはずだし ある意味オリジナルの曲だって売れてるはずでしょ。

おいらは正直MayJが悪いっていうことではないと思ってはいるんだけど、アナ雪の曲も松の方が効きたいっていう気持ちがMayJ叩きになっちゃうんだと思う。
松がTVで歌わないからMayJが出てるっていう部分があると思うしカラオケ採点番組も結局おいらの場合は好きな歌手が出てなければ見ないもんねw。

とはいえ彼女の場合はオリジナルのヒット曲がでないことにはやっぱり誰かの代わりっていうイメージがついちゃうことになりそうだね。

GILLEの場合は彼女だけのオリジナルっていうイメージがあるし(アレンジもあるからね)つるの剛士は彼の雰囲気が自分の曲にしちゃってるわけで誰かの代わりではなくつるの剛士のあの曲が聞きたいと思わせるものがあるわけだね。

MayJは彼女のあの曲が聞きたいと思わせるものができないと結局誰かの代わりっていうイメージで終わっちゃうと思う。
いまはそういうことを長々いわずに叩くっていう雰囲気になってるんだと思うね。

レリゴーだってエンディングの歌手であって歌もうまいんだけど松の歌のほうがイメージが強い分やっぱり代わりって思えちゃうのが悲しいところだろうね。
スポンサーサイト