| Admin |
アメリカってバカ?
2014年07月20日 (日) | 編集 |
喫煙が原因で夫が早死にしたのはタバコメーカーのせいとして訴えた判決で懲罰的賠償として2兆円の支払いを命じたらしい。
これとは別に訴えていた夫人にもかなりの賠償を命じたらしい。


面白いのがアメリカのこういった行き過ぎた判決。

全く起訴大国である。


こういっちゃなんだがおいらがタバコのメーカーなら販売を許可した国を相手に訴訟を起こしたくなるほどの問題だろう。
そもそもタバコを吸ったのは自分の意思によるもので別に強制されていたわけでもあるまい。
アメリカの場合はパッケージにたばこの有害性を載せる義務もあるわけでそうした表示もされていたわけだろう?
それでもなおこういった懲罰的な判決が出ることが全く理解ができないのだ。

アメリカのこういった起訴ってのはほかにも多くの問題があると思う。
以前にはマクドナルドだったかでホットコーヒーが熱すぎたせいで火傷したってのでさえ大きな賠償になっていたと思うんだが全く頭のおかしな人がいるのがアメリカだと思うよね。
自己責任という意識が乏しいのだろう。

ある意味喫煙を禁止しない国の責任だってこういった問題では問える可能性があるってことだと思うよね。
おいらは韓国の世論に流される裁判でさえも全くおかしな話だと思うがアメリカのこういった部分を見ると世の中にまともな考え方なんてものの存在を疑ってしまうほどである。

国が喫煙を禁止せずに そのうえで喫煙者に強制したわけでもないものに対し何の懲罰的な賠償ってのが可能なんだか全く理解ができないよね。
そもそも喫煙の危険性だって同様に喫煙していた人がそれぞれでリスクが違うわけだから喫煙のリスクを画一的に証明することだって基本的には無理なはずである。

このケースだって夫ってのは36歳で早死にしたというわけだが、おいらなどはこの年齢ほどには喫煙を続けていて成人病は抱えているがいまだにぴんぴんしている。

ちなみにだがアメリカのような国なら真面な小籠包などは食べれなくなってしまうのではないのだろうかとさえ思える。
あれなどは食べるたびに口の中を火傷するのが普通のことだと思うわけで 一旦訴訟がおもり賠償が命ぜられればアメリカの中華料理からは小籠包という食べ物は姿を消すことになるだろう。
まぁそうでなくったってアメリカには陪審員制度があり素人が判決に大きくかかわることが普通にあるわけでアメリカが法治国家ってのもどうにも怪しいものだと思うんだよね。

普通にはあり得ない使い方をしてさえそういう使い方をしてはいけないと明示されていないことが賠償の対象になることがある意味理不尽でありそれが通るのがアメリカだってだけで十分に理解不能であるからね。

おいらは日本が良い国だとは思わないがアメリカに比べれば十分に良い国だと感じれる話だと思うw。
スポンサーサイト