| Admin |
見当はずれでない?
2014年07月14日 (月) | 編集 |
ニッカンスポーツのコラムでブラジルの失敗は育成システムの失敗という記事がある。

育成システムについては成功とも失敗ともいえない気がする。

ジーコが今なら私は落ちていただろうと体格やパワー重視になっている現在を問題視した発言をのせているが実際にはユース世代などが強いのも相変わらずだろう?

それにネイマールやオスカルが果たしてこれに当てはまっているか?といえば決してそうではないと思う。

ヨーロッパに行っているブラジル人だけでも600人を超えるという話で そのうえ国内リーグなどの選手がいるわけだよね。
ACLも優勝チームもブラジル人の活躍なしでは優勝はありえなかったろう。

そう考えると普通に皆はブラジル全体の問題と捉えているかもしれないが おいらには集めた選手の問題(要はどういう考えで選手を集めたか)のほうが大きな要素だと思う。
特に点を取るべき選手の選考が大きな意味を持っていたとおもうわけでネイマールに頼ったチームを作った結果がネイマールを抜きにしたときに大きな問題を抱える結果になったと思う。
だってフレッジやジョーを見ても おいらにはもっと点が取れそうな選手がほかに大勢いるように思えるからね。

そして海外でプレーする有名な選手を集めたことでサボっても文句を言えない雰囲気ができていたことが今回の欠点になっていたと思う。
それこそ今回ドゥンガが監督ならもっと厳しくDFをするチームを作ったと思うし FWだって違う選手を読んだかもしれないわけだ。
さらに言えば母国開催と言う問題を抜きにして考えた場合に今の選手たちだってもっと違った結果を残せたかもしれないわけで今大会だけを見てブラジルをどうこう言うのは全く無理があると思う。
まぁ評論家たちは何にでも総括的な文章を載せたがるのは仕方がないのかもしれないけどね。



そういえば決勝のことを全く取り上げるのを忘れていた。

一言で言えばとりあえずドイツが勝ってよかったw。
おいらはずっと前からドイツを本命にしていたから延長でのギリギリの勝利だって構わないのだw。

そしてアルゼンチンの守備に関しては文句が言えない結果だったと思う。
攻撃陣もチャンスはしっかり作っていたわけで故障などの問題さえなければアルゼンチンにもチャンスはあったと思うしね。

ある意味今回はドイツが勝つための大会だったという事なんだと思う。

MVPのメッシは違うと思うw。
スポンサーサイト