| Admin |
3位決定戦
2014年07月13日 (日) | 編集 |
ブラジルは呪いにでもかかったかのようですね。

それにしてもホームのブラジルが走れない。

ヨーロッパのチームは気候に苦しむかと思えば皆ちゃんと走れているのに驚いた。
事前の調整がうまくいったのだろう。
かつては南米の大会では結果が残せなかった大きな理由がそこにあったと思うのだが。
日本も今回はキャンプ地選びで失敗をしたと思う。
涼しいキャンプ地を選んだために相手より先に動けなくなったのが失敗を物語っていると思う。

それにしてもオランダ。
あまりにもったいない。
これをアルゼンチン戦でやるべきだったと思う。
この大会でアルゼンチンの得点力が決して高くないわけであれほど慎重に試合をやるより 攻撃的に行くべきだったと思うし そうしていれば決勝に行くチームはオランダだったとおいらは思っている。

まぁとりあえず試合を振り返るとこの試合も結構審判が影響をしたと言える試合だったと思う。
場合によっては勝敗さえも変えるほどに。

そしておそらくはそこに最初に試合のフレッジのPK判定が影響を与えた可能性もあると思う。

あれよりもオスカルが取られたダイブのほうがPKに相応しかったし審判は取らなかったがオランダのDFのハンドもあったと思う。
それにオランダのDFに対しカードが出るべき場面を見逃してもいると思う。

ただ、どちらがいい試合をしたかといえばオランダなのも明白だ。
そういう意味では結果は妥当だと思うが3-0の試合ではなかったと思う。

それにしてもブラジルはネイマールがいなくなっただけで点が取れる気がしないチームになったのは驚きだろう。


残るは決勝だけである。
ブラジルが勝てないと思っていたおいらにとってある意味順当すぎる決勝のカードかもしれない。
もっとも本来はチリやコロンビアというチームにもっと期待をしていたんだが優勝できるチームという意味ではドイツとアルゼンチンというカードは相応しいカードというほかはない。

まだ結果は出ていないが結局のところ かつての優勝チームが強いということになってしまったということだろうね。
スポンサーサイト