| Admin |
アルゼンチンVSオランダ
2014年07月10日 (木) | 編集 |
期待とは違う試合になった感が大きい。

両者とも点を取ろうという意識の低さが出ていて守備力ばかりが目立つ試合になってしまった。

解説者が言っていたが、ブラジルでさえちょっとしたミスでドイツ相手に大量失点してしまう姿を見れば仕方がないのかもしれないがある意味最大の凡戦だったと思う。

おいらが思ったようなアルゼンチンの危うさも見えなかった分オランダは間ええの推進力にかけていたように思う。

アルゼンチンにしても人数をかけて攻めるという事をしなかったわけだしオランダも縦への推進力に欠け全く迫力のない展開だった。
こういう試合をみるとスペインが初戦でオランダに敗れた試合ってのは何だったんだろうというしかない。

結果はPK戦でアルゼンチンがおいらの希望に反し勝ち上がったわけだ。

おいらは過去のデータから基本的には南米のチームが上位に来るという予想をしていたがある意味ベスト16からの組み合わせでその望みは大きく崩れた。
ブラジルのいる組み合わせに南米勢が4チーム(トーナメントに進んだ南米勢5チームのうちの4チームである)が揃ってしまったからだ。
ある意味ブラジルは個の組み合わせで南米予選を戦い南米スタイルに慣れた分ドイツ戦で苦労をしてしまったのかもしれないとさえ思う。
唯一反対側にいったアルゼンチンが決勝に勝ち上がったのだからそういう面では興味深い。

もう一つ面白いのがユーロやワールドカップで勝ちまくっていたスペインが1-0など1点差の試合をして勝ってきたことを考えるとある意味大量得点で勝ち上がったドイツよりも優勝する雰囲気さえ感じれるのである。

とはいえ、個人的にはもっともバランスがいいチームがドイツだという気持ちに変わりはない。



余談だが、本番までの結果から見ればベスト8に入ったベルギーやコスタリカに日本は勝っていてベスト4に来たオランダにも引き分けているのだ。
そうそうフランスに勝ったのが2012年だったと思うがそれも含めればベスト16からベスト8まで行けるチャンスはいまでもあるんじゃないかと思う。
もっとも本番じゃないから勝てたり引き分けれるのであって強豪は本番ではなかなか負けないから強豪なのだろうね。

それにしても今回良く分かったのはやはり失点をしないことがいかに大事かだと思うね。
スポンサーサイト