| Admin |
これぞ日本?
2014年06月26日 (木) | 編集 |
サッカーのライターでさえこうなのかな?と思ったのがある。

それはこれからの日本がどうするかということで 今の代表がやっている戦術を継続するのか守備的に行くのかを問うている記事があるのだ。

日本らしいと思う。

いつだって選択肢を極端な二択に考える傾向にあると言える気がする。

もう一つ、今更のことだが開幕戦での西村主審のPKの判定についてでわかることがあると思う。

それは日本人らしい考え方なんだが、クロアチアの選手が手を使っている場面を見て日本人の少なくない人が そら見ろ!手を使っているじゃないか PKで間違いがないと言うのだ。

だが世界では一部には間違いではないという声はあるが、多くがあの判定は間違いだという話が出ている。
写真や動画で同じものを見て尚違う感想を抱くことに日本人はもっと疑問を持つべきだと思う。

なぜ間違いだと思う人がいるかと言えば おそらくはああいう場面である程度手を使うことが海外では普通のこととして受け入れられておりPKに至るほどのファールではなかったという認識があるからだろう。
相手がボールを受けてなお手を使っていれば反則だがそういうファールが一瞬あってもファールを取るべきではないほどでしかなかったという印象を受けているから間違いだというのだろう。
フレッジのシミュレーションにしても自分たちがやるものとの比較でシミュレーションだと言いたくなる行為だったという判断をしているのだろう。

つまり、日本人の判断基準とミスジャッジだという人の判断基準が違うという事が問題なのだと思う。
すなわちサッカー感が違うのだということだね。

おいらも協会はまずは今の代表の総括はするべきだと主張しているが 戦術をすべて継続するとか否定するとかという見方にこだわる必要はないと思っている。
寧ろパスが回せることはどういうサッカーをするにせよ重要なことなわけで忘れる必要などあるはずもない。

言葉で言っても攻撃的な守備と考えれば守備も否定的にとらえなくて済むものだろう。
守備を意識した攻撃でも構わないのだが 攻撃と守備は全員でやっていくものというのがおいらの認識なので どちらかひとつで考えるものではないと思っている。


まぁ、日本人的なものの考え方をすればどっちにするんだ?ってのはありなのかもしれないが 考える基準は決して二択ではないという事やPKの判定などでわかるように判断基準が世界中で同じという事もないという事を知るべきだと思う。
スポンサーサイト