| Admin |
日本が最初にするべきこと
2014年06月25日 (水) | 編集 |
日本サッカー協会が総括をする必要を感じる。

おいらは基本的に代表ってのは面白い試合をするチームではなく勝つために戦うチームであるべきだと思っている。
少なくても他では感じることができない日の丸をつけたプレーをする場なわけで 勝てるチームを作ることが使命だと思う。

それには失点しても点を取るなんていうチーム作りが正しいとは絶対に思えない。
本田も本番を前にしたときに先取点の重さを訴えているわけで大事なのは失点をしないことはまず求められる。
そのうえで点を取るという事が大事だろう。

オランダがスペインを相手にする際に5バックの布陣を引いたが それもこれも失点をしないためにとった方法だろう。
日本が強化試合で戦ったコスタリカが同組のイタリアやウルグアイを破った戦法もカウンターでありその勢いはイングランドにも負けなかった。
イランがアルゼンチンから勝ち点を取りそうになったのも終了直前まで失点をしなかったからだろう。
 
もしワールドカップの本大会を視野に入れてチームを作るなら絶対に失点を少なくできることってのが必須条件だと思う。

何度も書いているが、攻撃的とか守備的ってのを語る際に簡易違いをしているように思うのだが、今のスタイルだけが攻撃的という意味ではないし守備的と言えば南アフリカのドン引きをイメージするのも全く間違っているということから始めなければいけない。
守備的に戦っても選手に力がついて来ればただクリアしていたのがボールを味方につなげるようになるはずだ。
そこでいい形でボールをつなげればチャンスだって作れるわけだ。

日本がするべきことってのは おいらは守備的でありながら攻撃につなげれる力をつけることだと思う。
いくら攻撃的なMFがいたってシュートを決める選手がいないなら攻撃的にやっても点が取れないうえに守備にかかる負担から失点が続くなんてのは全く意味がない。

話を戻すが これがおいらの考えるものであって 協会が今の代表のサッカーについて正式に見解を示し今後に向けた意見を言うべきだと思う。
そのことは次の代表監督の選考にも大きな意味を持つものだと思うからね。
スポンサーサイト