| Admin |
次の日本代表への期待
2014年06月21日 (土) | 編集 |
結構微妙な発言や文章が多いと思う。

ハッキリものが言えているのはセルジオぐらいのものだろう。

他の人は結構テレビ局や協会に気を使って発言をしているように思う。

まぁ個人的には一番同意できる意見を言ったのは釜本氏のテレビでの発言である。
本田は足が遅くプレーも遅い、使うならワントップ。
日本のスタイルについても守備的でカウンターのサッカーという意見も個人的に全く賛成である。
ただ、守備的というのはドン引きという意味ではない。
失点をしないという意味での守備的であって個人的にはポゼッションをしてもかまわないとは思う。
ただし攻撃にはあまり多くの人数をかける方法は取らないというのがおいらの考え方だ。
今の日本を見ていてハッキリわかると思うが人数をかけたからと言って点が取れないってのがその理由である。
単純にリスクだけが増えていると思うからだ。

ちなみにおいらなら本田は代表には呼ばない。
理由は走行距離で言えば本田は少なくはないが基本的に遅いのが理由だ。
また、左足しか使えないのも大きな理由になる。
足が遅いのでサイドでプレーはきついし左しか使えないことでプレーの幅が狭い。
代表の攻撃が左に偏る原因のいったんは本田のスタイルにあるとおいらは思っている。
相手から遠い方にボールを持てば自然と左を向く姿勢になるのが理由だろう。
スピードがないので自分から縦に切り込むこともない。いけるとすれば相手と距離がる場合のみである。
個人もそうだがチームのスタイルも限定してしまうことになるからね。

おいらが今の代表が勝てなくても残念に思わない理由はザッケローニのやってきたことが否定されることが当然だと思うからだな。

選手選考から先発メンバー、選手交代で何度も違和感を感じたわけだから仕方がない。

メンバー23人が決まってからも日本らしく普段通りで行くなら先発メンバーは一番時間をかけて戦った着たメンバーをおいらなら使う。
相手が強いから、高いからという理由でそれを崩すのは逃げの姿勢の表れでしかないと思うからね。
だから初戦でFWに大迫を使い遠藤を外したのは おいらからすれば間違いなんだよね。

一番多く日本代表でプレーしてきた形に拘り交代を前提にしてもできるところまで引っ張るぐらいの気持ちで入ってほしいというのが理由である。
大迫が選ばれた最大の理由は高さだとおいらは思っている。
しかし、23人を選ぶ際に一度は捨てた考えをここにきて再び懸念した結果だといえるわけでメンバー発表からすでに逃げの姿勢を感じたのだ。
案の定、柿谷や大久保の時と比べて縦に入るボールの質が全く違っていると感じた。
前田の時にあったような囮であったりリターンを期待するようなパスになっていたと思う。
正直それでは大迫がもったいない。
優れた感覚の持ち主だし決定力も悪くない。

ギリシャ戦も同様だったが香川を外し大久保が先発したことで状況は多少変わった。
なぜなら長く代表にいる選手に比べ大久保がでたことで大迫にコートジボアール戦とは違う形でパスが出たことが違いだろう。
結果的に大迫はシュートを打てるようになった。
おいらはこれが大久保効果だと思っている。長く代表でプレーしているメンバーならFWはMFのために使われるが大久保は自分がFWだからFWを生かすボールも出せるのだ。ザンビア戦で見せた無駄無駄、簡単に!という声でもわかるようにしっかり主張していることで周りが意識をするのが大久保効果だと思う。

おいらが本田を選ばないという理由と同じような理由で遠藤も外す。
FKは魅力だがパスに関しては魅力を失っていると思う。
あくまでおいらの持論だがガンバの成績が悪くJ2に落ちる要因に遠藤がいまの代表に染まった結果が関係しているのではと思っているのだ。それ以前には前田が同様に代表にいたことで結果が出せなくなったというのがある。

遠藤もパスに思い切りが無くなったように感じられ大きな展開を見せなくなったように感じている。

長友にも気になることがある。
それは以前に見られていた守備での活躍をほぼ見なくなったということだ。
以前は圧倒的な走力を見せオーバーラップと同様に小さな体で大柄な相手とマッチアップしている姿を見たものだが、最近は守備での見せ場が減っていると思うのだ。
長友を一列前で使うという意見を言う人もいるが個人的にはMFで使うならもっと才能のある選手がいくらでもいると思う。
一番の長所である走力を生かすならサイドバックしかないとおいらは思う。

コートジボアール戦で左サイドをやられてるんだが、長友を批判する声は意外に少ない。香川の責任ばかりクローズアップされている。
内田は攻め上がりが少ないとはいえサイドの守備をしっかりこなしていることと比べればその差がわかるだろう。
以前は圧倒的に距離を走っていたが いまでもトップかもしれないが圧倒的ではなくなっていないだろうか?

DFにしても最近は森重も使われているがJでも森重が圧倒的かと考えれば同じクラスはいくらでもいる。
ザンビア戦の青山とサンフレッチェの青山を見れば青山と遠藤、長谷部の差など経験ぐらいしかないだろう。
で、青山も圧倒的に抜けた選手かと言えば決してそうではない。

おいらには良い監督がしっかりとしたコンセプトと指導力があれば日本代表はいまよりももっと強いチームを作ってくれると信じて疑わない。
解りやすいのがやっぱりメキシコなのだ。
海外の超有名クラブでプレーしているのはチチャリートだが試合には出てこれない。
選手のほとんどが自国のリーグの選手である。

メキシコはそういう選手でブラジルと互角に戦えるのだ。
そんなメキシコでさえ予選は苦労した。
日本がアジアで苦戦するのと同じでしかない。

おいらはザッケローニの後の代表監督にはメキシコを指揮した経験のある監督を持ってくるか、日本で監督の経験がある監督を持ってくるべきだと思っている。

日本ってのは不思議と世界基準などというのが好きな民族のようだが、日本人らしさが生きることを層にも軽視しているという気がしてならない。
WW2で死の行進などと言われるものも日本人は普通にこなした行進にアメリカ人が着いてこれなかったわけで日本人は我慢強く、規律正しく技術があるということを生かせるサッカーができるはずだと思っている。

日本人に足りないのは単に外国のチームとの戦いというものへの慣れぐらいだと思っている。
それさえ克服できればある意味誰が出てもそこそこには戦えるというのがおいらの持論だ。

アンダー世代で圧倒的なポゼッションサッカーをしたってのもつい最近の話でありA代表でもパスをつなぐことにおいては通用すると思っている。

間違えてはいけないのは今の代表選手がとびぬけているわけでもなく単に監督の望む選手だという事を知るべきってことだよね。

おいらならトップ下には香川を使うし相棒には清武や乾、または大久保のような選手を選ぶだろう。
本田以外の選手で実績がないという人もいるが香川を基本にチームを作ったことがないからでしかない。
香川のトップ下は試したかもしれないが香川を中心に考えたものではないだろう。
本田を中心にしたチーム構成に比べれば香川を中心に考えた場合に香川以外が入ってもおそらくは機能すると思う。
なぜなら香川に組み合わせやすい選手ってのはパスもだせ走れる選手が好ましいからだね。

本田がためを作るなんて言う人がいるが 個人が持つ危険性に比べればパスを一本多くつなぐ方がリスクも少ない。
香川が左サイドに入ったことでよくわかったのが香川が左足でも質の高いクロスを上げれているという事。
そんな人間が真ん中にいれば左右にパスを散らせるのは訳もないことだろう。

うん、おいらなら走れる選手でチームを作りたいw。

海外の監督を呼ぶのは結構だが、強豪国の監督を呼んでも それは外国人の基準にあったチーム作りがうまいだけで日本人にあったサッカーを作ってくれるわけではないのは近亜紀よくわかったと思う。

過去を遡っても結局一番戦術的にも良かったチームってことになるとトルシエのチームっていうのが おいらの結論である。
2006年ほどの中盤でもなければ今の代表ほどの選手もいないが、フラットスリーと呼ばれたDFシステムなど規律を重んじたサッカーをしていたし監督のメッセージもハッキリしていた。

今の時代にトルシエが相応しいとは思えないが日本人にあったサッカーを考えれる指導者にA代表だけでなくすべてにかかわって貰えたらと思わずにいられない。
スポンサーサイト