| Admin |
ギリシャ戦
2014年06月21日 (土) | 編集 |
日本らしく、普段通り と言った言葉から全く違うものを感じた。

先発メンバーの発表からすでに悪い予感はしたわけだが、普段通りでない選手が悪くなかったことで余計に個人的に消化不良になった気がしている。

おいらはこれまでの日本らしくというならFWは柿谷で左サイドは香川で行くべきだと思っていた。
理由は簡単でしょ?

日本はこれしかやってきていないんだもの。
大迫が出る試合はあったが柿谷で臨んだ試合が圧倒的に多いし本田と香川の絡みで試合を作ってきたわけで それ以外の方法は練習はしていたかもしれないが試合ではほとんどやっていないだろう。

今回のワールドカップではザッケローニが一番普段と違う事をし始めたように思う。

これまでのスタイルをいじる覚悟があって選手を入れ替えているのなら違う選択肢をおいらは勧めるんだが 残念ながらスタイルを変えない中で錬度が劣るメンバーを使う事が良いことだとは思えないのだ。

左サイドに入った岡崎のサイドでゲームが作られる中、右サイドの大久保が中に入っていくことと、途中でギリシャのキャプテンが退場したことによって内田が自由に動けたことは良かったが 香川投入までにもっと使うべきだったと思う。
香川が入ったことで大久保は中に入りにくくなったように感じる。
香川の特徴が中に入ってくるものだからね。

本田は試合後にアイディアが足りなかったと言ったが、個人的にはギリシャに勝てると言っていた根拠があるんなら 守備を固められても崩せたはずなんだよね。

相手は大柄で高さに強いのは事前に皆が知っていて弱点はクイックネスだと思っていただろう。
そうであるならば それに拘った戦術をもっとするべきだとしかいいようがない。

裏を取る動きに合わせるパスや狭いエリアにドリブルで仕掛けるなどやれることはあったはずだがほとんどそういった仕掛けは見ることができなかった。

大久保のドリブルで何度もファールを貰っていたわけですからゴールに向かって仕掛ける動きをするべきだったと思う。
大久保にしてもミドルなどの仕掛けはあったがゴールに向かってドリブルする機会がなかったのは残念だ。

これは途中から出た香川や長友にも言える。
サイドから仕掛ける際に切り替えしてパスというパターンとパスで抜け出してクロスというパターンばかりだ。

相手DFとの駆け引きでタッチライン側に仕掛けることがなくそこでもらしさがなかったと思う。

もう一つ、縦パスは結構入っているんだが 個人的にはもう少しゴールに近い位置に入る縦パスが有ればよかったと思った。

今日の審判は接触プレーに辛い判定をしていたわけでファールをすれば危険なエリアでFKを貰える位置に早いパスを入れることがあっても良かったんじゃないかと思う。
大迫や柿谷、香川などはそういう場所での反転からのシュートがうまい選手が日本にいるのを使わない手はないと思う。
反転できずとも、また失敗しても何本かに一回でもファールを貰えれば大きなチャンスになっていただろう。
そしてそういうパスが出せるのが青山だったり選ばれなかった憲剛だったと思うんだよね。

個人的にはザッケローニが先発をいつもと違うメンバーを選んだのなら交代の選手にももっと大胆な起用があっても良かったように思う。
おいらいつも思うんだが、ザッケローニの選手を選ぶ基準が全く分からない。
まぁ基本は好きなタイプの選手を選んでいるのだろうが。
東アジアカップで実績を残し代表に呼ばれた工藤などは途中出場で点を取ったのが最後でその後の出場もない。
最近では青山が選ばれしあでも使われ結果も残したが使われる優先順位はどうやら一番低いように思える。
斎藤が選ばれたのはここぞという時に変化をつけるためだろうがギリシャ戦などは正にそういう試合だったと思う。
まぁザッケローニに少しだけフォローしておくと変える選手がいなかったってことなんだろうけど、あの場面ならシュートを打てていないおk裂きを変えることはできたように思う。

まぁそうはいってもすでに終わった試合でしかない。

次のコロンビア戦で勝つのは正直厳しいと思う。
ひとつには普通にとよいというのに加え日本は南米のスタイルに全く苦戦しているからだ。
選手に個人技があり強いプレッシャーにも慣れていることで相手のパスが乱れることが少ない。
ボールをつなぐのがうまいので日本の早いディフェンスをものともしない可能性が高い。

まぁグループ最後の戦いであるから頑張っていいプレーをしてもらいたいが、ザッケローニが誰を出すか 非常にわかりづらいねw。

個人的にはこれでザッケローニの延長はないと思えるのが非常にうれしいのが実情だ。

おいらは指導力に大きな疑問を抱いているし、戦術的にも全く信用していないからね。
ただ、テレビなどのインタビューなどを見ると極めて理性的な考えを持っていることだけは理解できる。
しかし、おいらからすれば彼が結局教えられなかった3バックを日本人ができないとも思わないし、パワープレーもできないわけでもないと思っている。
ザッケローニは単に本田をはじめとするMF陣のパスプレーに拘る姿勢を正せなかっただけだと思っている。
それはザッケローニの指導方法の一つがいくつかの約束事をまもれば選手の自主性を大事にするという面からきているのだと思うがケース対策などは監督がきっちり決めるべき仕事だと思うのだ。
2006年にドイツで日本が惨敗してのもジーコに状況判断を選手に任せる姿勢が攻撃陣と守備陣の意思疎通を欠いた結果だったと思うのだ。

コートジボアール戦でリードしていた場面の選手の気持ちを揃えたり、点が欲しい場面でのパワープレーなどについてはチーム戦術で従わせることが彼の仕事だったわけだが そういう練習をおろそかにしながら試合でやってしまうってのは全く愚かしいというしかないと思う。

おいらとしては外国人監督でやるという事に異論はないが、同じ外国人なら日本をよく知る監督が良いと思っている。
そういう意味ではドゥンガとかいいんじゃねw?
スポンサーサイト