| Admin |
ふむふむ・・・・え?
2014年06月15日 (日) | 編集 |
コートジボアール戦に対する反応がいくつもスレが立って興味深く見ている。

まず、採点。

本田7?ありえん。

酷かった選手で内田を上げてる人? なんで?
具体例は一件あった。決めるべきところで決めないと(内田のところ)って。

内田はDFであって本来決めるべき選手という位置にいない。
むしろチャンスを作って褒められることはあっても責められるのは筋違いだろう。

まぁとにかく走れなかった、ミスが多い。
ついでに前が使えていないってのが理由だろうね。
香川や本田の所でボールが落ち着かないから岡崎や大迫が前に抜ける動きさえできなかった。
岡崎はパスの出しどころがないDFやボランチから受けるために前に飛び出したが 岡崎がゴールに向かうような動きができるほどではなかったよね。
せいぜいサイドで前に行く程度しかできなかった。

大迫に至ってはパスを受けることすらほぼない状態だろう。
コートジボアールがコンパクトであったことでボールを受けるところがつぶされキーパーの守備範囲まで考えれば後ろからはパスが出なかった。楔になろうとしてもズレが大きかったね。

大迫が先発をする機会が少なかったことなども影響しているのは間違いないと思うが、そもそもなぜ大迫だったかという事を考えれば大迫の高さを必要とザッケローニが考えたのだとおいらは考える。
それって実は23人を選ぶ際に本来捨てた選択をしたことだとも思うんだな。
大迫が期待されたとすればそれは悪いことではないが出てしまった結果で言えばうまくいかなかったというしかないだろう。おいらは大迫が悪いというよりは大迫をつかえなかったMFが悪いとしか思わないんだが。

それでも前半はリードして折り返せたわけだから うまく試合を運べば勝てたかもしれないが、試合で多くを試さなかったザッケローニはパターンで対応しようとした。
それが長谷部に代え遠藤を使ったことだ。
代わったことで左サイドは少しはマシになったが、遠藤は大きな展開ができなかった。
理由は相手のマークがきつく周りの選手へのパスコースが限られていたことだろう。
結果的に左サイドでしかパスを回せず範囲が狭いために効果が小さかったうえに守備の不安だけが増した格好になった。

後半の失点が日本の左サイドに偏ったのもそうした理由だろう。
パスを入れられた場面、長友の後ろが使われたのと長友が後ろにいる場面で使われたのとあり誰がカバーすればよかったかと考えれば  誰かは香川と言っていたが長友より前にいるだろう香川はないだろう?
ボランチが埋めるのが普通だろうから遠藤、もしくは長友が戻ることが必要だったと思う。
右サイドも危ない場面はあったが左に比べれば圧倒的にクロスを上げさせなかったり最終的に潰せたわけだから問題にすべきではない。

前半でボールを回され走らされたのと雨が日本の体力を奪ったのは本当に残念だ。
後半、本田に入ったボールをもう少し立てにパスが出せていれば良かったとおいらは考えている。
これはいつも書いていることだからねw。
FWをもっと早く使えと!
今日はこれがパスとして少しずつズレていてうまくつながらなかったのと圧倒的に数が少ないことがおいらの物足りなさだ。縦に入ればクリアやこぼれ球がシュートできる位置にこぼれることもありうるのだからね。

まぁ今更何を言っても無駄だが、走れなかったのがすべてだろう。
そして今後頑張れというのは簡単だが、正直次の試合のほうが若干だが移動距離が延びるしコロンビア戦は内陸に映り気候も厳しくなるんじゃないか?
ギリシャはコロンビアに1-3で負けたが日本にとっては苦手なタイプであることも事実だしコロンビアが強いことに変わりはない。

とりあえず90分走れることがいい試合をする絶対条件なわけだから そこだけは頑張ってほしい。
スポンサーサイト