| Admin |
興味深い
2014年06月11日 (水) | 編集 |
記事でアメリカにおいてサッカーが女子供のスポーツなどと見られ人気がないスポーツと見られているという事に関しての記事があった。

ttp://www.watch2chan.com/archives/39297919.html

元記事をNHKBSでやっているクールジャパンなどでコメンテーターもしている冷泉氏が書いているのだが おいらは少し違う感想を持っている。
アメリカでは野球、バスケ、アメフト、アイスホッケーが最も人気のあるスポーツである。

おいらの見方では正直アイスホッケーだけは例外的なスポーツだとみている。
発祥はアメリカではないのだが、ヨーロッパなどで元になったようなものが確認されているのでほかの三つとは違う形なのだ。
アメリカで人気になっている要因としておいらが考えるのがカナダで人気になったスポーツがアメリカにも入ってきたと思うんだが、アメリカ人が好きな様子がたっぷり入っているスポーツだったんだろうねw。

ほかの三つに共通するのがアメリカ発祥だということだな。

サッカーが接触の少ない女子供のスポーツという見方は確かにあるのかもしれないが、実際には接触もあり怪我をする人も多いスポーツなわけだね。
アメリカ人にとって好きになれない理由をおいらなりに良い意味で考えればアメリカ人にはマリーシアと呼ばれるようなズルい行為は好きにはなれないんだろうね。シミュレーションなんてのはアメリカ人が好む行為ではないのだろうw。
とはいえ、それはあくまでアメリカ人に良いように考えた場合でしかない。
決してアメリカ人が反則が嫌いだと思っているわけではないw。
なにせアメリカ人はプロレスとかも好きだろう?カウント内なら反則も見逃すのがアメリカ流だろう。
アメリカが好きではないのがこそこそすることなのだろうw。

まぁアメリカ人は自分たちが好きなんだろうねw。
おいらが思うにアメリカ人ってのは役割のようなものに意味を持たせることが好きな気がするんだよね。
このこと自体は冷泉氏も書いている通りだろう。
ポジションに合った役割ってのを自分たちなりに考えるのが好きなんだな。
だが、そういう意味ではラグビーなんてのはそういう役割分担はしっかりできている協議の一つだと思う。
体が小さくても生きるポジションにスクラムハーフがあり司令塔のスタンドオフやパワーフォワード的なナンバー8なんて言うポジションもあるし、ウイングバックなんてのは走力がある選手に適任だ。
FWには多少足が遅くても体格が良く押しが強い選手に向いているポジションだな。
アメフトがラグビーを元に作られたスポーツとよくわかるものだろう。
ただ、前にパスが出せないことが不満だったことと よりぶつかり合いに特化したのがアメフトだろう。
つまりアメリカ人が自分たちで作ったスポーツだから人気があるという事だとおいらは考えている。
そして何よりそういうスポーツだから余計にメディアへのるしゅつがほかのスポーツより多いというのが理由なのだろう。

サッカーは一部には体の大きさなどで向いているポジションというのはあるが決して必ずしもそうである人ようがないスポーツなんだよね。
サッカーは極まれに起こることだがキーパーが得点をすることもできるスポーツなわけよ。
1974年のワールドカップで巻き起こったトータルフットボールという流れなどでも全員で守り全員で攻撃をするスポーツだし、ある意味ほかの競技などに比べ監督やコーチの役目が少ないスポーツとも考えられるだろう。
このこともアメリカが好きになれない要素なんじゃないかな。

タイムをとって選手にコーチが指示を出すこともできない。
試合が土万レバ選手交代や水分補給の際に短い支持ぐらいしか出せない体制がアメリカ人的にはダメなんなんだろうw。
そして何よりスター選手を作り出すことがアメリカ人の好きな行為なんだと思うんだよね。
そういう意味ではアメリカで流行る競技ではスター選手が生まれやすいのが特徴的なのだと思う。
野球ではホームランを打つ選手や無失点で抑える投手、バスケの得点力のある選手などはスター候補になるだろう。
もう一つがさっき挙げた監督やコーチのクローズアップされる場面の存在だね。
劣勢な場面での的確な指示などで逆転することへの興奮ってのだろうか そういうことが好きなんだろうね。

そういう意味では誰でも活躍するチャンスが多く、いったんゲームが始まれば選手がすべてを支配するサッカーなんて競技はアメリカ人にとってはスター選手が生まれにくいことが合わないんだろうね。
サッカーでもエース的な選手はいるんだがなんせ得点が入らないw。
引き分けなんて言うゲームの存在も好きになれない理由なのだろう。

一方で世界中でサッカーが人気な理由が試合で個人が考えプレーし皆がヒーローになれるチャンスがある競技だからなんじゃないだろうか?

DFだって得点のチャンスがありヒーローに慣れるんだからね。

サッカーは選手皆がヒーローになれる競技でアメリカで好まれているスポーツだって基本は同じなんだろうけど 基本的にポジションで役割が分けられていることでヒーロー候補がわかりやすいのが特徴なんじゃね?
そういう意味ではメデイアが取り上げやすいとも思えるんだよね。

あくまでおいらの考えなんだが 結局アメリカ人ってわかりやすいヒーローが好きなんだと思うし、そういったことでヒーローが生まれやすいスポーツが好きなんじゃないかと思う。

もうひとつは自分たちがルールを作れるスポーツが好きなだけじゃね?w

自由な発想と言えなくもないが、結局は自分たちが強いスポーツが好きなだけっしょw。

ほかの国ってのは何かにつけ一番ってのはあるかもしれないが 一番へのこだわりがアメリカほどないから一番でなくても好きでいられるのだけど、アメリカ人は一番でないと満足しないんじゃね?
まぁ国内では弱いチームを応援することができても それはアメリカ内だからこそっていう部分があるんじゃないかなぁ。

一番が多いアメリカだからこそ そういう事ってのがあるのかなってのがアメリカでサッカー人気が上らない理由だと思うねw。
スポンサーサイト