| Admin |
だからダメなんじゃね?
2014年06月09日 (月) | 編集 |
やべっちFCやらで香川と名波の対談を見て感動した!なんて記事があったんだが おいらにはだからダメなんじゃね?という思いがある。

まぁ多くの人に叩かれるんだろうけどね。
おいらにはある意味世間の風潮やザッケローニの姿勢から早くからこの三人はブラジル行きを決められているという気持ちを持っていたんだろうね。

いつのインタビューなどでも自分が外れるという気持ちを持った発言が出たことがないだろう。
そして自分たちが引っ張るなどと言う声はいつでも出てきたと思う。

香川が自分を生かしてくれるというのは正しいとおもうが、果たしてベストかどうかなど検証のしようもないことだからね。
香川も本田もお互いを意識していることは間違いがない。
先日のザンビア戦で本田は香川に対し縦にパスを入れているがあれが出せたのも香川だったからだとおいらは思っている。言い換えればほかの選手の飛び出しなら出たかどうかの疑問があるという事なんだな。

これは本田と香川の関係性はいいと言えるだけでそれがチームのためになっているかと言えばなってはいるんだろうがおいらにはそういう体質がマイナス面をはらんでいると思えてならないのだ。

ある意味この関係があることでほかの選択肢を狭めてしまっているのではないかという事が懸念されるという事を言いたいわけだ。

おいらはコンフェデの前あたりからずっと言っていると思うが日本はFWの得点が極端に少ない傾向にあったわけだね。
今でも苦戦する試合で多く見られる傾向がFWがシュートを打てないというもの。
FWへの早い段階でのパスが少ないからだね。いや 確かに前に出すパスはあるのだがその場合の多くがFWが攻めるべきゴールに背を向けている状態になってしまっている。
結局当てた後に自分たちでボールを回し前へ行くためにFWの縦のスペースが消えてしまいFWとMFが重なった状態で決めに行くケースが多く結果的にMFの得点ばかりが増えてしまったのだ。
本田や香川が点を取るのは悪いことではないのだが、彼等ばかりが点を取るというのは決して健全なことではないとおいらは考えている。
速攻のような形が多ければそれどもいいのだが厚みを持たせる攻撃の結果がそうであるならば本田や香川が自分たちで点を取りに行っている結果がそうなっているわけで後ろのスペースという問題を常に抱えることにもなるからね。
長友の長所が駆け上がってチャンスを作れるところでもあるわけで香川がボールを失わなければ長友も上がっている状態が生まれより危険と隣り合わせになる。
所謂俺たちが頑張るってのは同時に日本代表の危機にもつながるともいえるんだよね。
俺たちが頑張ってほかの選手をうまく使うであればいいのだが、自分たちが頑張って自分たちで点を取りに行くでは今の代表では決していいことではないとおいらは考えるのだ。
攻めのサッカーで失点に危険が増えるのは仕方がないにしても最大限失点のリスクを減らすことができなければいけないとおいらは思うんだよね。
自分の役割は果たしていると言ったって失点して負けてしまえば何もいいことはないのが事実なわけだ。
長友が上るのはいいけれど正しく後ろがカヴァーできるシステムの構築ができなければむやみに上がることは決していいことではないと言えるだろう。
過去に失点しても自分たちがもっと点を取ればいいなどと本田は発言をしていたがワールドカップでは1点の失点の重みは全く違うのは2010年に経験をしているはずだと思うが学んでいないのかと思う。

攻撃的にいくのは結構だが失点のリスクを減らし攻撃のやり方ってのはあると思うわけでそういう攻撃を考えるべきで いきなり守備的にいくのか?などと言う話になっていることが信じられない。

前に書いたかもしれないが(最近はまた書いては消しが増えていて覚えていないのだが)攻撃陣でミーティングとかでフェンス人でミーティングなどと別れて話し合ってる時点でおいらはダメなことだと思っている。
失点を減らすには前からしっかり守備をするってのは頭では理解をしているだろうが大事なことは奪われた後どれだけは役にプレッシャーをかけられるかが大事なんだが そこが下ろさ子になっているように見えて仕方がない。
バルサもパスを回すが彼らがスゴイのは奪われた後の守備に入るのが早く国内リーグぐらいでは奪われても自軍のボールを運ばれる前に去らぬ奪い返したりできるほどに守備をしているのが見れるだろう。
そういうバルサでも相手に先制され負けるケースもあるわけで そういう時には意外と大量失点をしている。
おそらくはバルサと言えども早くにプレッシャーをかけることは容易なことではないからね。
ましてや守備をあまりしないメッシなどと言う存在も抱えているからね。

日本ならバルサ以上に早くプレッシャーをかけれるようでなければいけないと思うのだが、日本人でよく見香かけるのが取られて呆然とする姿である。。。。。
時に批判にさらされる中田などはそういうところで守備に行けるのが今のスター選手との違いじゃないかなとおいらは思うんだよね。

おいらは本田、香川、長友はいい選手だがどこかで頑張り方を勘違いしているように思えてならないんだな。
それは彼らはFWではないわけでもっとうまく人を使ってやるべきだという部分がすごく弱い気がするんだよね。
香川などは時に早いタイミングでクロスを上げているのだがそういうことをもっとやることが大事だと思う。

FWの選手や桑崎がいつも裏を取ろうと走っているわけでそういう選手を使ってやるべきだと思うのだ。
おいら的にはそういうパスが失敗しても大きなリスクにはならないと思っているからね。

だから先日のザンビア戦での大久保が簡単にやろうと声を荒げたのなどは非常にスッキリする言葉だったし、途中出場で出たばかりの青山があのロングパスを大久保に通したのなどはずっと代表に選ばれていた選手には絶対にできないことだと大いに嬉しい光景だったわけだ。

とはいえ、現実には登録選手しか出場できないし本田、香川、長友の三人が頑張らなければ日本が勝てないのも事実だろう。ただし、頑張り方をはき違えないでほしい。
自分たちが得点をすることが頑張るではなくFWを生かし勝てる試合を作ることが一番大事な仕事で 決して自分たちが点を取ることが大事な仕儀とではないとかんがえてプレーしてほしいと思う。
そういう意味ではもし日本が本田や香川が点を取らずに勝つような試合ができれば一番理想的ではないかとおいらは考えている。
是非そういう試合をして欲しいと思う。
スポンサーサイト