| Admin |
ナダルは強かった!
2014年06月09日 (月) | 編集 |
全仏テニスの最終日。

おいらの見たかった決勝が始まった。

クレーコートの申し子のナダルと生涯グランドスラムに挑むジョコビッチの戦いだ。

ナダルは全仏においては過去9年で8回の優勝をしていて僅かに1敗という実績で今回も順当に決勝に進んできている。

ジョコビッチもその力を存分に発揮して決勝に出てきている。
4大大会は全仏以外を制しており全仏の優勝で生涯グランドスラムを達成することになるのだ。

1stセットの様子は緊張感がすごかったように思う。
あのナダルをして考えられないようなミスを連発しているのだから。
硬さという意味ではジョコビッチよりもナダルにあったように思う。

全仏の勝率などではナダルが圧倒しているがジョコビッチとは過去に壮絶な戦いが何度もあり 誰よりもその力を知っているのがナダルだからだろう。
全仏の申し子であるからこそここでは負けられないという思いが強かったんだと思う。

2ndセットの後半あたりからジョコビッチにも考えられないようなミスが出てきた。
彼は何度も陣営のいる席のほうを見上げつぶやく回数が増えナダルがセットを取ると二人ともドレスルームに消えたんだが、後の解説ではジョコビッチは吐いたと言っている。
一方のナダルも体を九の字に曲げる姿を見せだした。
どこか痛めたのかと思わせる行動だ。
ジョコビッチと何度も4大大会で名勝負をしてきたナダルだが過去には見せたことがない姿だろう。
全米での死闘や個人的には最高だと思っている全豪での6時間近い死闘でも見たことがない姿だったと思う。
3セット目の後半までジョコビッチの頑張りで競っていると腰を折る回数が増えたナダルに対しジョコビッチの顔色が良くなってきたようにも見え逆にナダルのピンチの予感の中ナダルが押し切り3rdセットも取った。
4セット目もお互いに苦しいセットを乗り越え進んだ先には4-4からナダルがセットを取りジョコビッチのサーブ。
1stポイントをあっさりジョコビッチが取ったのだがミスが続きついにナダルがチャンピオンシップポイントを迎えた。
過去にはそこからドラマが生まれたこともあったが なんとそこでジョコビッチのサーブがダブルフォルトであっけない幕切れが訪れたのだ。
1stサーブが外れた後、観客のざわつきが収まらずにジョコビッチは悪い状況の中で2ndを簡単に打ったと思った瞬間だった。

ナダルの体が崩れ落ち顔を覆いながら一瞬体が傾いた。
おいらには力尽きたかのように見えたがそこから歓喜の表情が生まれていた。

最後のサーブの際には観客の声はジョコビッチに不運に働いたかもしれないが試合中はどちらかと言えばジョコビッチに対する声援がジョコビッチを後押ししていたと思える。

ときに歓声やウェーブが収まらずテレビを見ているおいらなどはイラつくこともあったが選手へのメッセージを発する彼らにはそうせずにはいられないものがあったんじゃないかと想像はできる。

終わってみれば壮絶な試合だった。と言える試合を彼らがしたのだと思ったね。
過去の彼らを知っていれば好プレーの連続というのではないことはわかるがある意味彼らだからこその緊張の中での難しい試合の一つだという事は誰もが感じれる試合だったように思う。

試合が終わってナダルが陣営の陣取る席に行っている間にジョコビッチが何を思ったかを想像するとなんだか複雑な気持ちになってしまう。
ジョコビッチが残したタイトルがナダルという全仏の申し子がいるタイトルで今日挑戦をした結果が一つ出てしまったわけだ。ナダルが5連勝にして9回目のの勝利という結果が出たのだ。
ナダルという選手がいる以上全仏での優勝というものがいかに難しいかということを誰よりも理解ができるのがジョコビッチなのだろうと思うと もしかするとジョコビッチは自分には生涯グランドスラムは取れないかもしれないと一瞬でも疑ってしまったんじゃないかと思うんだよね。
それほどに全仏のナダルは強いのだ。

もっともデータには違う結果も残っていることも事実だろう。
腰に問題があったかもしれないが後半は9本以上続いたラリーではジョコビッチのほうが取っているというのが出ていたのだ。
まだまだジョコビッチには時間があり才能もあるのは誰でもが知っている。

そしてすぐにやってくるウインブルドンはナダルが得意ではないサーフェスの芝である。
ジョコビッチには雪辱のチャンスでもあるわけだ。
まぁ今一番欲しかったのは全仏のタイトルではあったんだろうけどね。

そう、ナダルとジョコビッチの関係は過去のどんな名勝負よりもふさわしい名勝負をする二人だとおいらは考えている。
4大大会でナダルに一番勝っている選手がジョコビッチなわけでナダルが勝った試合でも一番苦しめた選手の一人であることも間違いはないと思う。

とはいえ、何よりも忘れてはいけないのはナダルの強さなのだろうね。
おいらが好きな選手ではあるのだが10年で9回もの優勝、過去に1敗しかしていないというのは凄過ぎる。
これで17回目のグランドスラムのタイトル。

余談だが、先日ナダルを上回る試合をしていたと言われた錦織が初戦で負けてしまったのが悔やまれるね。
スポンサーサイト