| Admin |
書き忘れたが
2014年06月07日 (土) | 編集 |
ザッケローニの基本的な位置関係は10Mなんだが、攻撃時にサイドバックが追い越す動きをした場合にただでさえFWをうまく使えないMFはFWとほぼ同じラインまでくる。おそらくはボランチが2列目にくるのだろうが最終ラインはオフサイドが無くなるハーフウェイにとどまる形になるだろう。

この場合、前線とボランチ、もしくはボランチと最終ラインの間の間隔が広くなってしまう事もあるだろう。

肝心なのは前からファーストブレイクを止めることと、空いている隙間を誰が埋めるかをハッキリ指示を出してやることが必要なわけだ。
ゲームの最中はそれを選手の判断で行うのだが意識付けは監督の仕事だろう。

放送では吉田が語っていたわけだが、吉田が悩むってことは監督からの指示がないと言えると思うのだ。


それと攻撃的な選手が失点してもそれ以上の取るという姿勢も正直問題だろう。
DFは失点したくないんだよ。
だから攻撃的な選手の守備意識が必要であって 攻撃的にいくことと前からの守備意識は決して矛盾することではないともっと理解する必要があると思う。

ただね、代表の試合でもそういう意識を感じれる試合とそうでない試合があって結果的にそのことによって代表の出来にむらができてしまっていると思うんだよね。

例えば今代表は5連勝らしいのだが オランダ戦の後半やベルギー戦のような動きがその後の試合でできているかと言えば決してそうではないだろう。
展開の中で結果的に前でボールを奪えるチャンスがあればできているとは感じるが、良かった試合ほどの意識があるとは決して思えない。
キプロス戦はそこまでしなくてもいけたし、コスタリカ戦でもできた面はあったかもしれないが強く意識できていたかと言えば違うだろうし前半は出来ていなかっただろう。
ザンビア戦もできていなかったから3失点をしたのだろう。

おいらとしては本番で意識できているかどうかが勝敗の分かれ目になると思っている。
スポンサーサイト