| Admin |
ザンビア戦 その後
2014年06月07日 (土) | 編集 |
それぞれブログなどでも取り上げられてきて人の書き込みを見ると やはり人によって見方が違うのがわかり面白いね。

まぁ目につくのが戦犯探しと本田や香川への見方の違いだね。

個人的には戦犯探してのは好きじゃない。
おいらは本田について批判的ではあるが決して批判をしているつもりはない。批判されるとすれば使い続けているザッケローニに対してだろう。
良かった、良くなかったというのも人によって違う感じ方をするのは何度も書いているし おいらが見た本田のわるいところは書いてきたつもりだが なぜ本田ばかりを追及するかといえば 出来の良しあしに関係なく本田は使われると思っているからだね。
ほかの人はわからないが彼にはほぼ確実に次があるからね。

おいらが個人批判が好きでない理由は今良く批判されるコメントを見ていると明らかに最終局面をとらえての批判が多いと思うのだ。
おいらはそこに至る問題のほうがより大きな問題だと思っているので最終局面でミスをした選手を批判する気にはなれないのだ。
攻撃的に行っているから仕方がないなんてのも完全な思い違いだろう。
強いチームは多くの得点を挙げながらも失点はしないものだ。
そしてそれが最終ラインの個人の力だけで保たれていると思うのも間違いだろう。
ザンビア戦では内田が叩かれていたがはたして彼の責任ってのはそれほど重かったのだろうか?
おいらには彼らへの負担が大きいからミスが多くなっているようにしか見えないのだ。
後半の途中で酒井に代わって攻撃参加は増えたかもしれないが守備の不安は増したとおいらは思っている。
そうでない人も大勢いるだろうけどね。
おいらは人が変われば戦術も代わり局面も代わると思っているから内田の場合と堺の場合を同じように考えること自体があまり意味がないとは思っている。
サイドの攻撃参加ってのは結構勇気がいる行為であり日本の場合は多くが左サイドを使って行われる。
おそらくは香川のキープ力(自分で保持するだけではなくボールの受け渡しなども含めてだが)でボールを失わずにサイドでキープ出来るからだろう。香川だけでなく本田や遠藤がサポートして左サイドのボールはキープ出来る安心感があるわけで長友も前に行きやすいわけだ。
理想でいえば左右が同じように攻撃できればいいのだが本田の効き足のせいか左が多くなる。
(対応する相手からボールを遠くに置けばいつも左サイドを向くことになるからね)
そう考えれば右の内田はハッキリ言って上がりづらいものですよ。

攻撃的になればボランチも少し前目になるわけでDFは長友の後ろも見なければいけなくなる。
内田は右サイドだが少し中央寄りまでケアしなければならなくなるしコスタリカ戦のように時には左サイドのコーナー付近までカヴァーしなければならなくなるわけだ。
ボールの奪われ方が悪ければその負担は大きい。
攻撃的な選手が奪われた後にすぐに守備に入ったりボランチなどが相手を抑え込めればいいのだが今の代表はそこが弱いことが失点癖の大きな原因だとおいらは思っている。
そこが改善されなければ誰が出たって同じように批判されることになると思う。例えその試合は美味くこなせたとしてもいずれはね。
西川も批判されているが川島ならなどと言うのは見当違い。
同じ状況はあり得ないから検証できないわけで川島ならなんてのは妄想でしかないからね。
3点目のシュート名などポジショニング云々言われているが ああいう形でシュートを打たせる方が問題で山口に当たったボールにむしろ良く触ったというべきだとおいらは思う。

おいらとしてはDFってのは失敗が失点につながる分ミスは見逃してあげるべきだと思うし反面攻撃は何度もやり直せる分批判するべきだと思っているw。

さてさて、本田と香川の評価についてもまさに人それぞれだったねw。

香川の出来は良くなかったという人もいればまぁまぁなんじゃないっていう人もいる。
でもPKを誘ったプレーも香川だし同点に追いついたパス?シュートも香川である。
前への試みなども考えれば本田よりも評価は高くてもおかしくはないと思う。

一方の本田はといえば前半は狙われていた感がありボールを失うきっかけにもなっていたし基本的に間へへの展開力がないことが一番の問題だろう。
上でも書いたが本田はボールを左でしか扱えないために左右が前に動き出したときにパスができない傾向が強い。
そのために結局後ろやサイド(真横かなw)にボールを出すケースが多くなっている。
後半はこねくり回さずにいたことで良くなったし前目にポジションを取ったことで3点目を彼が決めることができた。
とはいえ、得点に絡んだのは個の1点で、多くのチャンスが本田を経由しない形によって生まれたことを考えると決していい出来とは言えないだろう。
まぁ本田のパスを香川がうまく決めていればもう少し評価は上げられたかもしれないがw。
香川もいい出来だったわけではないので仕方がないだろうね。

おいらも本田の評価は決して高くはないがイタリア式に評価をするなら2点を取った本田はもう少し高く評価するべきなんだろうね。
同時にPkを取った香川は2点目も決めたわけだから香川も同様に評価されるべきなんだろうね。

そんなことよりおいらが一番不思議に思うのがザッケローニへの採点である。
ここのところかなり高いのだ。
確かに試合には勝っているので高くなりがちなのは理解はできるが ゲームでなすべきことなどを考えたときにあまりに高すぎると思えてならない。
大久保を入れ大久保が得点をした、直前に入れた青山からんのパスでだ!と考えれば名采配なのかもしれないが 失点癖が解消されないのはおいらからすればフォーメーションを変えないザッケローニの責任でしかないわけだ。
3失点を許したザッケローニに高い採点をつける気にはなれないのだ。。。。。
スポンサーサイト