| Admin |
いやいやw 少しかみ合ってきた?
2014年06月06日 (金) | 編集 |
いやぁ本田氏の意は話です。

きょうも記事がありました。

先制点の重要さを教えるだってw
言われなくても皆知っているwwwwwwww

サッカーは野球ほどに点が入る競技ではない。
ましてやワールドカップ。
先に点を取れば守りを固めて勝つなんてことはいつも以上にありうる話。
日本が初めてワールド香ぷで戦ったフランス大会の初戦のアルゼンチン戦でも0-1ですよ。
次のクロアチア戦も0-1この大会でクロアチアはベスト4までいったわけですね。

そういう強豪相手に日本はいい試合をしながら0-1で負けているわけです。
逆に考えてみれば先制点を取れば危険を冒すことなく勝ち切ればいいのがワールドカップなわけです。

ましてや今の日本は失点癖なんてものもあります。
先制されれば守り切られることもありうるわけですから失点癖のある日本には先制点はより大事なんですね。

こんなわかりきったことをわざわざ記事にするメディアってのはネタ切れなんでしょうかw。どうしても本田を上の立場に置きたいんでしょうかね。

まぁそれはいいです。

今日の本題はこちらです。

FKの話が出ましたねぇw。
確立が悪いので遠藤に蹴らせろと散々書いてきたおいらには興味津々です。
本田曰く確かに散々外してきたが肝心な場面で歯決めてきたという気持ちがある。批判する人は僕の試合を見ていないんじゃないかと。

あっはっは ロシアでの試合などはろくに見ていませんね。
だけど 関係ないもんね。
代表の試合で本田が蹴ることについて文句を言っているのであって所属チームなど関係がない。
代表にはFKを蹴れる存在がいるわけですから。
それもかなり確立のいい人がね。
代表の優勝を口にする人が確率論も知らないんでしょうか?
おいらの記憶では南アフリカ以降で決めたのは一本です。
遠藤は南アフリカでも決めているし、他にも決めている。
記憶に新しいところではコンフェデで岡崎にドンピシャのパスも蹴っている。イタリア戦ですね。

所属チームでいくら決めたって意味なんかありませんよ。
代表には蹴れる選手がいますからね。
ついでに本田はほとんどが直接で決めている数が少ない。
一方の遠藤はパスもすれば直接もあるわけです。
それでも確立が高いわけですよ。
どっちが優れているか一目瞭然でしょう。

本田の言葉を聞いているとよくわかると思うのですが 本田の基準はあくまで自分基準ってのが多いように聞こえますよね。そして それでの判断が当然のごとくでいます。
彼はよく人から批判は受けていることは知っていますから人の意見が違うという事はわかっているようですよね。
ただ、残念なことに耳を傾ける気は初めからないようなのもよくわかりますね。

FKの一種のコーナーキックも本田の場合がほとんどがショートコーナーにします。
確かにやみくもに蹴るよりは可能性はあるのかもしれませんが 個人的には決まったためしがないと思っています。
PKも同様で一時期皆が気が付いていたように真ん中が続いてこれは止められると思っていたでしょうw。
オーストラリアのシユウォーツァーも真ん中に蹴ると思いつつつい動いて真ん中で決められてしまい、さすがにそのつぎはサイドに蹴りましたが 本田のプレーは単調です。
ブレ球は武器なんでしょうが南アフリカだからこそより有効であったことをどうやら忘れているのでしょう。
あの大会限定でジャブラニが使われたわけですからね。
その後もブレ球に頼っているのは明白ですが今はジャブラニほどに変化はしません。有効ではありますがね。
にもかかわらずに、直接に拘っているのはハッキリ言って間違いです。
言っちゃなんですが、本田のキックにそれほどの精度も威力もありません。
あくまで日本人の中では多少マシって言う程度です。
精度に関してはある意味ほかの選手のほうがいいぐらいでしょう。

それでも本田が蹴っているのは彼が積極的だからでしかないわけです。
遠藤は自分の仕事に徹するタイプですから蹴るならば頑張るし蹴らなくても気にしないのでしょう。

しかし見ているおいらたちは確率が高い方が蹴るべきだと思うわけです。
たとえワールドカップのFKのような場所から蹴っても二度とあれと同じようなのはないと思いつつ宇宙開発や壁にぶつけるのを何度も見ているわけです。
いや、普通にパスつなげろよと思いながら見ているわけです、、、、、よ。

本田をわかりやすくいえば自己チューの塊です。
悪いことに時々結果が出ます。話自体は正論です。
ただずれてます。(おいら的には間違いなくずれてます)

本田主義でいけば勝つためにはどうすべきかを語るわけですよね。
本人の出来が悪ければ変わるべきとなるはずですが 決してそこにはいかないでしょう?
彼らには自分が出てる上での勝利ってのが重要なんですね。

おいらたちはと言えばある意味誰が出てでも勝つことが大事なわけです。
そこが選手との違いなわけですよ。

彼らには自分が出たうえでの勝利が大事ですから 自分の出来が悪くても替えろとはならにわけで いつぞやだったか帰りのバスで謝ったなんて話がでるようでも代わりませんよね。
調子が悪くても自分が出ることが大事ですから そこに否定的な話もするはずはありませんよね。

おいらたちはといえばだれが出ても勝つことが大事なわけですから選手よりもある意味公平な判断ができるわけですよ。
一方で内部事情は選手は知っているけれど我々は知りませんけどね。

ま、本田の発言が記事になることでおいらにはいいネタがやってくるってことですねw。

今回はおいらが日ごろ書いている内容の話なので余計にいいネタになりましたよ。
スポンサーサイト